絵画買取MENU

モーリス・ド・ヴラマンク MAURICE DE VLAMINCK

モーリス・ド・ヴラマンクの生涯


 

buramannku_3

 

独学で絵の道へ

 

ヴラマンクは1876年にフランス・パリで音楽教師の両親のもとに生まれます。若い頃は、ヴァイオリン奏者や競輪選手として生計を立てながら、独学で美術を学んだという異色の経歴を持ち、20代中盤から本格的に画家としての活動を始めました。

 

1900年のアンドレ・ドランとの出会いや、ゴッホ回顧展などが画家としての活動の大きなきっかけとなったといわれています。ドランを介してアンリ・マチスとも出会い、フォーヴの画家として強烈な明るい色彩の作品を多く描きました。しかし、フォーヴィズムは長く続かず、ヴラマンクも、他の画家たちも、それぞれ異なった画風を確立していきます。

 

 

 

1876年 ヴラマンク、パリの音楽教師の家庭に生まれる。独学で絵を学ぶ。
1900年 アンドレ・ドランと出会う、昼は絵を描き、夜はヴァイオリンの演奏を行い生活
1901年 ファン・ゴッホの回顧展に感銘を受けて画家を志す
1904年 フォーヴのひとつのグループを形成
1905年 マチスがドランとヴラマンクの絵を見に来て、展覧会への出品をすすめる
1906年 前年より画壇の地位を確立したセザンヌの作品を見て強く刺激を受ける
1907年 画商ボラールにより、最初の個展を開催。ヴラマンクにとりフォーヴィズムの総決算となる

 

 

 

田園風景を愛した画家

 

その後のヴラマンクは、セザンヌの影響を受け、1908年頃からは渋い色合いと強固な構図に挑戦します。1920年頃からはスピード感ある筆の流れで、写実性の強い画風を確立していきます。年代を追って作品を観ると、その流れがよくあらわれています。

 

また、田舎道を描いた作品も多く、彼が田園風景を愛し、そしてその風景に自身の情念や孤独な感情を表現しているようにも見えます。
画風の変遷はあれど、ヴラマンクの力強い表現力は変わらずに絵の上にあらわれているように見てとれます。

 

 

 

1908年 セザンヌの影響を受け、強固な構成を試みる
1912年  画商ボラールと契約を結ぶ
1918年 ドランやマチスから離れ、フォーヴィズムからも遠ざかる
1920年 作家論が出版される。写実性の強い画風に変化
1925年 ベルネイム・ジュンで全傑作展開催
1933年 グループ展とパレ・デ・ポーザルで回顧展
1936年 NYカーネギー研究所での展覧会
1937年 パリ万博で個人展
1947年 シャトゥー派回顧展が成功。現代絵画創始者のひとりと認められる

 

『リヴ・ゴーシュ』(1951年)

アンドレ・サルモンの小説「リヴ・ゴーシュ」に、ヴラマンクがヘリオグラビュールの挿絵を手掛けた作品です。

『リヴ・ゴーシュ』作品一覧ページ >>

 


1954年 ヴェネツッア・ビエンナーレに出品
1956年 シャンパルティエ画廊で回顧展
1958年 逝去

 

『オートフォーリー』(1964年)

 

 

48枚のオリジナル・リトグラフとヴラマンク自身による文章からなる挿画本です。著述家としても知られるヴラマンクが1925年以降居を構え、こよなく愛したフランス・ボース地方の小村を舞台に、四季折々の情景が生き生きと描かれています。 ブラマンク存命中から制作されていましたが、挿画本として刊行されたのは、没後の1964年のことです。

『オートフォーリー』作品一覧ページ >>


 

 

翠波画廊では、ヴラマンクのレゾネに掲載されている作品を販売しています。

 

 

buramanku_rezone1ヴラマンク カタログレゾネ

f muranomiti_2「村の道」
油彩 15号
作品詳細 >>

「花瓶の花束(C・ギラール版)」
1958年 ヘリオグラビュール
作品詳細 >>

 

 

モーリス・ド・ヴラマンクの作品一覧ページ >>

 

 

翠波画廊では、ヴラマンク作品の買取も行っております。ヴラマンク作品の売却をお考えの方は、ご相談ください。
買取査定は無料です。メール、電話などお気軽にお問い合わせください。

絵画買取はこちら >>

 

toiawase_re

絵画選びは翠波画廊スタッフにご相談ください

 

お部屋に何か作品を飾りたいのだけど初めてで選び方がわからない方、贈り物にどのような絵を選んだら良いのだろうなど、お客様の疑問や不安などを懇切丁寧に解消し、安心してお買い求めいただけるよう経験豊富なスタッフが精一杯お手伝いさせていただきます。

まずはお気軽にお問い合わせください。

 

お問い合わせはこちら >>

 

 

 

モーリス・ド・ヴラマンク
MAURICE DE VLAMINCK

モーリス・ド・ヴラマンクの生涯


 

buramannku_3

 

独学で絵の道へ

 

ヴラマンクは1876年にフランス・パリで音楽教師の両親のもとに生まれます。若い頃は、ヴァイオリン奏者や競輪選手として生計を立てながら、独学で美術を学んだという異色の経歴を持ち、20代中盤から本格的に画家としての活動を始めました。

 

1900年のアンドレ・ドランとの出会いや、ゴッホ回顧展などが画家としての活動の大きなきっかけとなったといわれています。ドランを介してアンリ・マチスとも出会い、フォーヴの画家として強烈な明るい色彩の作品を多く描きました。しかし、フォーヴィズムは長く続かず、ヴラマンクも、他の画家たちも、それぞれ異なった画風を確立していきます。

 

 

 

1876年 ヴラマンク、パリの音楽教師の家庭に生まれる。独学で絵を学ぶ。
1900年 アンドレ・ドランと出会う、昼は絵を描き、夜はヴァイオリンの演奏を行い生活
1901年 ファン・ゴッホの回顧展に感銘を受けて画家を志す
1904年 フォーヴのひとつのグループを形成
1905年 マチスがドランとヴラマンクの絵を見に来て、展覧会への出品をすすめる
1906年 前年より画壇の地位を確立したセザンヌの作品を見て強く刺激を受ける
1907年 画商ボラールにより、最初の個展を開催。ヴラマンクにとりフォーヴィズムの総決算となる

 

 

 

田園風景を愛した画家

 

その後のヴラマンクは、セザンヌの影響を受け、1908年頃からは渋い色合いと強固な構図に挑戦します。1920年頃からはスピード感ある筆の流れで、写実性の強い画風を確立していきます。年代を追って作品を観ると、その流れがよくあらわれています。

 

また、田舎道を描いた作品も多く、彼が田園風景を愛し、そしてその風景に自身の情念や孤独な感情を表現しているようにも見えます。
画風の変遷はあれど、ヴラマンクの力強い表現力は変わらずに絵の上にあらわれているように見てとれます。

 

 

 

1908年 セザンヌの影響を受け、強固な構成を試みる
1912年  画商ボラールと契約を結ぶ
1918年 ドランやマチスから離れ、フォーヴィズムからも遠ざかる
1920年 作家論が出版される。写実性の強い画風に変化
1925年 ベルネイム・ジュンで全傑作展開催
1933年 グループ展とパレ・デ・ポーザルで回顧展
1936年 NYカーネギー研究所での展覧会
1937年 パリ万博で個人展
1947年 シャトゥー派回顧展が成功。現代絵画創始者のひとりと認められる

 

『リヴ・ゴーシュ』(1951年)

アンドレ・サルモンの小説「リヴ・ゴーシュ」に、ヴラマンクがヘリオグラビュールの挿絵を手掛けた作品です。

『リヴ・ゴーシュ』作品一覧ページ >>

 


1954年 ヴェネツッア・ビエンナーレに出品
1956年 シャンパルティエ画廊で回顧展
1958年 逝去

 

『オートフォーリー』(1964年)

 

 

48枚のオリジナル・リトグラフとヴラマンク自身による文章からなる挿画本です。著述家としても知られるヴラマンクが1925年以降居を構え、こよなく愛したフランス・ボース地方の小村を舞台に、四季折々の情景が生き生きと描かれています。 ブラマンク存命中から制作されていましたが、挿画本として刊行されたのは、没後の1964年のことです。

『オートフォーリー』作品一覧ページ >>


 

 

翠波画廊では、ヴラマンクのレゾネに掲載されている作品を販売しています。

 

 

buramanku_rezone1ヴラマンク カタログレゾネ

f muranomiti_2「村の道」
油彩 15号
作品詳細 >>

「花瓶の花束(C・ギラール版)」
1958年 ヘリオグラビュール
作品詳細 >>

 

 

モーリス・ド・ヴラマンクの作品一覧ページ >>

 

 

翠波画廊では、ヴラマンク作品の買取も行っております。ヴラマンク作品の売却をお考えの方は、ご相談ください。
買取査定は無料です。メール、電話などお気軽にお問い合わせください。

絵画買取はこちら >>

 

toiawase_re

絵画選びは翠波画廊スタッフにご相談ください

 

お部屋に何か作品を飾りたいのだけど初めてで選び方がわからない方、贈り物にどのような絵を選んだら良いのだろうなど、お客様の疑問や不安などを懇切丁寧に解消し、安心してお買い求めいただけるよう経験豊富なスタッフが精一杯お手伝いさせていただきます。

まずはお気軽にお問い合わせください。

 

お問い合わせはこちら >>

 

 

 

作品一覧Work List

モーリス・ド・ヴラマンク略歴Biography

1876年 フランスのパリの音楽教師の家庭に生まれる。独学で絵を学ぶ
1900年 アンドレ・ドランと出会う、昼は絵を描き、夜はヴァイオリンの演奏を行い生活
1901年 ファン・ゴッホの回顧展に感銘を受けて画家を志す
1902年 友人のセルナダとの共著「風に吹かれる種子」を発表
1904年 フォーヴのひとつのグループを形成
1905年 マティスがドランとヴラマンクの絵を見に来て、展覧会への出品をすすめる
1906年 前年より画壇の地位を確立したセザンヌの作品を見て強く刺激を受ける
1907年 画商ボラールにより、最初の個展を開催。ヴラマンクにとりフォーヴィズムの総決算となる
1908年 セザンヌの影響を受け、強固な構成を試みる
1912年 画商ボラールと契約を結ぶ
1918年 ランやマティスから離れ、フォービズムからも遠ざかる
1919年 二度目の個展
1920年 作家論が出版される。写実性の強い画風に変化
1925年 ベルネイム・ジュンで全傑作展開催
1933年 グループ展とパレ・デ・ポーザルで回顧展
1936年 NYカーネギー研究所での展覧会
1937年 パリ万博で個人展
1947年 シャトゥー派回顧展が成功。現代絵画創始者のひとりと認められる
1954年 ヴェネツッア・ビエンナーレに出品
1956年 シャンパルティエ画廊で回顧展
1958年 逝去

電話 : 03-3561-1152

平日・土曜 10:00〜18:00E-mail : info@suiha.co.jp