モジリアーニ MODIGLIANI

 

モディリアーニの値段について『「値段」で読み解く 魅惑のフランス近代絵画』(幻冬舎刊)より一部抜粋

 

モディリアーニは、オークションにおける高額落札の常連で、その生涯が何度も映画化やドラマ化されている人気の高い画家です。
しかし、モディリアーニの人気は、その悲劇的な人生によるところが多く、作品が正当に評価されているとはいえないかもしれません。

 

さらに、生前にはあまり絵が売れなかったのに死後に作品が高値で売られるようになったことも、その悲劇性を際立たせています。

 

モディリアーニもまた、ゴッホと同じく、その悲劇的な人生が価格の高騰につながっている画家です。ウソかホントかわかりませんが、画商の中には、病気のモディリアーニが夭折すれば価格が高くなると考えて、彼が亡くなるまで作品を売らずに所蔵していた人もいたとの話を聞いたことがあります。

 

フランス語で「呪われた」を意味する「maudit」が、モディリアーニの愛称であるモディと発音が全く同じであるために「呪われた画家」などといわれることもありました。しかし、モディリアーニが亡くなってからもうすぐ100年になります。そろそろ彼を呪縛から解放して、作品を純粋に評価する時期ではないでしょうか-。

 

%e6%9c%ac%e3%81%ab%e9%bb%92%e7%b7%9a800

 

もっと詳しく知りたい方は・・・

 

『「値段」で読み解く 魅惑のフランス近代絵画』(幻冬舎刊)

全国書店、amazonで好評販売中
詳しくはこちら >>

 

 

toiawase_re

絵画選びは翠波画廊スタッフにご相談ください

 

お部屋に何か作品を飾りたいのだけど初めてで選び方がわからない方、贈り物にどのような絵を選んだら良いのだろうなど、お客様の疑問や不安などを懇切丁寧に解消し、安心してお買い求めいただけるよう経験豊富なスタッフが精一杯お手伝いさせていただきます。

まずはお気軽にお問い合わせください。

 

お問い合わせはこちら >>

 

モジリアーニ
MODIGLIANI

 

モディリアーニの値段について『「値段」で読み解く 魅惑のフランス近代絵画』(幻冬舎刊)より一部抜粋

 

モディリアーニは、オークションにおける高額落札の常連で、その生涯が何度も映画化やドラマ化されている人気の高い画家です。
しかし、モディリアーニの人気は、その悲劇的な人生によるところが多く、作品が正当に評価されているとはいえないかもしれません。

 

さらに、生前にはあまり絵が売れなかったのに死後に作品が高値で売られるようになったことも、その悲劇性を際立たせています。

 

モディリアーニもまた、ゴッホと同じく、その悲劇的な人生が価格の高騰につながっている画家です。ウソかホントかわかりませんが、画商の中には、病気のモディリアーニが夭折すれば価格が高くなると考えて、彼が亡くなるまで作品を売らずに所蔵していた人もいたとの話を聞いたことがあります。

 

フランス語で「呪われた」を意味する「maudit」が、モディリアーニの愛称であるモディと発音が全く同じであるために「呪われた画家」などといわれることもありました。しかし、モディリアーニが亡くなってからもうすぐ100年になります。そろそろ彼を呪縛から解放して、作品を純粋に評価する時期ではないでしょうか-。

 

%e6%9c%ac%e3%81%ab%e9%bb%92%e7%b7%9a800

 

もっと詳しく知りたい方は・・・

 

『「値段」で読み解く 魅惑のフランス近代絵画』(幻冬舎刊)

全国書店、amazonで好評販売中
詳しくはこちら >>

 

 

toiawase_re

絵画選びは翠波画廊スタッフにご相談ください

 

お部屋に何か作品を飾りたいのだけど初めてで選び方がわからない方、贈り物にどのような絵を選んだら良いのだろうなど、お客様の疑問や不安などを懇切丁寧に解消し、安心してお買い求めいただけるよう経験豊富なスタッフが精一杯お手伝いさせていただきます。

まずはお気軽にお問い合わせください。

 

お問い合わせはこちら >>

 

作品一覧Work List

モジリアーニ略歴Biography

  20世紀初頭に活動した画家・彫刻家。イタリア出身だが、おもにパリで制作活動を行った。エコール・ド・パリの画家の一人に数えられる。
1884年 イタリア・トスカーナ地方のリヴォルノに生まれる。ユダヤ系のイタリア人。
1906年 パリへ移住。
1907年 サロン・ドートンヌ出品
1912年 サロン・ドートンヌ出品
1908年 アンデパンダン展に出品。
1910年 アンデパンダン展に出品。
1911年 アンデパンダン展に出品。
1915年 アフリカの民族美術に影響を受けた彫刻作品を主に作っていた。
1914年 著名な画商ポール・ギヨームと知り合い、ギヨームや友人のマックス・ジャコブの勧めもあって1915年頃から絵画に専念し始める。
1917年 ベルト・ヴェイユ画廊にて、生前唯一の個展を開催。
同年、後に妻となり、裸婦像などのモデルを務めたジャンヌ・エビュテルヌと知り合う。
1920年 36歳の若さにしてその生涯を閉じる。

電話 : 03-3561-1152

平日・土曜 10:00〜18:00E-mail : info@suiha.co.jp