アクセス アクセス お問い合わせ お問い合わせ

絵画の取り付け方

絵の額裏には紐が付いており、これを壁のフックにかけることによって絵を固定しますが、フックを設置する方法として、壁に金具を取り付ける方法と壁の上部からワイヤー自在を取り付けて引っ掛ける方法があります。なお、額裏の紐の結び目が中央に来ると金具に引っかかるので結び目をずらしてください。

絵画を壁掛けするための道具

絵を取り付ける方法としては壁に金具を取り付ける方法と、壁の上部にワイヤー自在を取り付けて吊るす方法があります。

金具

額を壁に取り付ける道具として専用の金具があります。この金具は一般的に画材屋さんかホームセンターで買うことができます。 金具には額の重さに応じて、釘が1本のもの、2本のもの、3本のものがあります。 一般的な壁にはこの金具で問題ないのですが、壁が石膏ボードなどの場合は石膏ボード専用の釘をお使いください。

ワイヤー

高さの調節ができる金具のついた専用のワイヤーを、壁の上部に取り付けた金具からたらして額を吊す方法もあります。 最近の新築マンションでは壁の天井際にピクチャーレールがあらかじめ取り付けてあることも多いので、それにワイヤー自在を吊せば、高さはもちろんのこと、左右にも自在に動かすことができます。ワイヤー自在は壁に合わせて短いものから長いものまで、また額の重さに応じてワイヤーの太さもいろいろあります。 こちらも画材屋さんなどで購入できます。

金具を使って壁掛けする場合

1. 飾る壁に額を当ててみて、場所が決まれば額の上のセンターに付箋紙等で印を付けます。

2. 額裏の紐に金具を掛けた状態にして、額上部と、金具の間の長さを測ります。

3. 先に印を付けた所から、2 で測った長さ分だけ下の位置に、金具の紐をかける部分がくるよう取り付けます。

4. カナヅチで打ち込みます。釘は水平ではなく、金具の穴に合わせて、やや上から下に向けて打ち込みます。そうすると、 額の重さがかかっても抜け落ちにくくなります。

5. 取り付けた金具に、絵の裏面の紐を掛けて、絵を飾ります。

ワイヤー自在を使って壁掛けする場合

壁の上部に取り付けた金具からワイヤー自在をたらし、絵の裏面の紐をワイヤーの金具に引っ掛けて吊るします。 ※ワイヤー自在を使って取り付けた場合、絵を上下、左右に簡単に動かせます。

 

絵画を購入するとき、不安になることはございませんか?

 翠波画廊では 新入荷作品情報、 お買い得の特別価格作品情報、 知ってて得するアートコラム など、 メルマガ登録いただいたお客様にお届けしています。 ぜひ無料メルマガにご登録ください。
 

ご購入に安心の3つの特典

特典1

作品はすべて額装でお届け

作品は、全て額装してお届けいたします。 作品に相応しい額をお付けしておりますが、ご希望があれば違った額への変更も承ります。 経験豊富なスタッフが対応させていただきますので、お気軽にご相談ください。 ※税別30万円未満の作品は、一部ご負担をお願いする場合がございます。

特典2

配送時の保険・送料は当画廊が負担

保険、送料などお客様のもとに作品が届くまでの費用は一切かかりません。 丁寧に梱包してお届けいたしますのでご安心ください。 ※一部離島については送料が高額になることがあります。 そのため追加料金が発生する可能性がありますが、まずはご相談ください。

特典3

30日以内の返品受付、返品保証

絵画は決して安い買い物ではありません。 ・もし飾ってみて部屋の雰囲気に合わないな・・・、 ・サイズが思っていたより大き(小さ)過ぎたらどうしよう・・・、 そのようにお部屋に飾ってみて合わないな、と思われた場合は、 30日以内であれば、返品を受け付けております。 作品をご返却いただけましたら、ご購入代金は全額返金させていただきます。 ただし、ご返却の際の送料のみご負担をお願いします。

 

分割でのお支払いもご利用いただけます。 ※10回までの分割金利は当社が負担いたします。

 

私たちにできること

1

絵画購入のご相談

些細なこともお気軽にご相談ください。
30日以内の返品保証など
安心のサービスをご用意

2

お部屋やご予算に合わせた
絵画のご提案

お客様のご要望をお伺いし、
1,500点以上の豊富な作品から
最適な一枚をご提案いたします。

3

絵画を使った節税対策

経費で絵をご購入の方へ、
作品のご提案から購入の流れまで
ご案内いたします。

絵画を買って節税?

絵画購入をご検討でしたら、
翠波画廊にご相談ください。

お問い合わせ

TEL : 03-3561-1152

平日・土 10:00〜18:00(日祝休)