fbpx
東京 アクセス 東京 アクセス 大阪 アクセス 大阪 アクセス お問い合わせ お問い合わせ

よくあるご質問

エディションもサインも入っていない版画がありますが本物ですか?

近年では画面下にエディションとサインをするというのは世界的なコンセンサスになっていますが、サインとエディションがオリジナル版画の必須条件となったのは、1960年にウイーンで開催された国際造形美術会議でサインとエディションの表記が取り決められて以降です。
それ以前に作られた版画には、サインだけしかないもの、サインさえ無いものがありますので、それだけで真贋を見極める材料にはなりません。
また、有名な文学作品に画家が版画の挿絵を挿入して販売された挿画本に挿入されていた版画の場合は、セットにまとめてサインとエディション番号が振られることが多いため、一枚ずつの版画にサインやエディション番号はありません。そのような版画はサインやエディションが無くても本物ですし、美術品としての価値を持っています。

作品全般