fbpx
画廊会員 募集中!! お問い合わせ

ZOZOTOWNの前澤友作社長が62億円で落札したジャン=ミシェル・バスキアって?

2016年5月10日、ニューヨーク・クリスティーズのオークションでバスキアの無題の作品が5728万5000ドル(円換算約62.4億円)の高額で落札され話題を集めました。
落札者が日本人、しかも若者に人気のショッピングサイト「ZOZO TOWN」社長でタレント紗栄子の交際相手としても知られる前澤友作氏ということでさらに大きなニュースとなりました。
バスキアといえば、約9年間に3,000枚程の落書きの様な絵を残し、ドラッグの過剰摂取によって27年の生涯を終えた破天荒な天才、あるいはその落書きのような作風から、キース・ヘリングと並ぶ現代のストリートカルチャーの申し子のような捉えられ方をされています。

 

たしかに地下鉄やスラム街へのスプレー落書きからスタートしていますが、ただ好きな絵を描いただけではありませんでした。
高校を卒業して家を出たバスキアは友人のアパートを転々としながら、ニューヨークのクラブに出入りするようになり、アーティストたちとの交流を深めていきます。
駆け出しのアーティストが、なんとか人脈を作ろうとしたわけです。Tシャツやポストカードを路上で売ったり、MoMAの前などで作品を売ったりして自分の作品を「発表」する一方で、1979年にバスキアはキース・へリングと出会い、さらに意欲的に業界人たちと出会うことで有名になるためのきっかけを求め続けました。
そうした努力が功を奏して、アーティスト兼映画監督のディエゴ・コルテスが、 バスキアの作品を気に入り、メトロポリタン美術館初の現代美術キュレーターのゲルツァーラーに紹介します。
ゲルツァーラーはバスキアを好意的に迎え、彼の作品のコレクターとなりました。
その結果、バスキアは「アート・イン・アメリカ」誌で論じられるアーティストになったのです。
晩年は、ポップアートの巨匠・ウォーホルにも認められて共同制作するようになり、1987年のウォーホルの死まで2人は互いに刺激を与え続けました。
彼の絵のテーマの多くは黒人差別への抗議です。
それを作品で訴えるために、いわば下積みの苦労を文字通り地を這うようにして行ったことで美術界の人たちの共感を呼んだのです。

 

オークションプレビュー会場にて(作品はジャン=ミシェル・バスキア「Untitled」)
           オークションプレビュー会場にて
 (作品はジャン=ミシェル・バスキア「Untitled」)画像: 現代芸術振興財団

 

その後、バスキアはアメリカとヨーロッパで個展を開くと、アーティスト、コレクター、批評家の誰もがバスキアを絶賛。
ドイツの国際的展覧会「ドクメンタ7」へ最年少で出品するなどスターダムへと駆け上がり、作品は飛ぶように売れていきました。
そして人気絶頂のなか、生き急ぐような生涯を27歳で閉じました。

今回62億円でバスキア作品を落札した前澤氏は、投資目的ではなく、「ストリート出身であるバスキアの最高傑作を、ストリートカルチャーにいろんな影響を受けた僕が、恩返しとして、日本のどこかで展示して日本のみなさんに思う存分近くで見てもらえたらなと思い、思い切って落札しました!」と、ツイッターを通じて落札の意図を説明しました。

前澤氏は生まれ故郷の千葉にプライベート美術館の設立を予定していて、そのための作品集めの一環だそうです。

ストリートから出発して当時のアートシーンで時代の寵児としてもてはやされたバスキアに、起業家としての自身の人生を重ねたところもあるでしょうが、それ以上に純粋にこのアートを多くの日本人に見てほしいと願っての落札であり、コレクションでしょう。

この落札のおよそ1ヶ月後の6月12日、またもやバスキア作品が話題になりました。
映画スターのジョニー・デップが25年かけて収集したバスキアの9点の絵画やドローイングを競売にかけるというニュースです。
出品される作品のほとんどは、バスキアが国際的スターへと開花した81年に制作したもので、なかでも「Pork」は250~350万ポンド(約 3.9~5.4億円)という落札予想額がつけられているとのことです。

かたや紗栄子さんと結婚秒読みの前澤氏に対して、女優アンバー・ハードと離婚問題でもめているジョニー・デップが、バスキア作品を挟んで対照的に見えてきてしまいます。
コレクターにとって収集した作品は財産であると同時に愛情をそそいだ対象ですから、手放すのも辛い判断だったと想像されます。

 

 

今、海外で話題の 若手黒人アーティストをご紹介しています

 

ドウツの作品詳細はこちら >>

 

 


アートをもっと身近に感じてみませんか?

知ってて得するアートコラム、新入荷作品情報、お買い得の特別価格作品情報など、お役立ち情報をお届けしています。

 

【配信コンテンツ】

 

1. アートコラム(月3~4回配信)

 読むだけで最新のアートシーンや絵画の知識が身につくコラム。  アート初心者からコレクターの方まで必読です。

2. イベント情報

 画廊でのワークショップやセミナーのご案内をいち早くお知らせ!

3. 新入荷作品情報

 ホームページ公開前の作品をはじめ、入荷したばかりの注目作品をご紹介!

4. メルマガ会員限定-特別価格作品情報-

 メルマガ限定でのシークレットセールをご案内。  気になる作品をお手頃で手にしていただけます。

5. 展示会のご案内

 翠波画廊で開催する展覧会や、全国百貨店での作家来日展情報などをお知らせいたします。

お得情報満載! 無料配信メルマガ! ぜひご登録ください ↓↓

※半角英数でご記入ください。

プライバシーポリシーはこちら

 

 

翠波画廊代表・髙橋 2作目はアートで学ぶビジネス

未来のビジネスに必要なアートの力、気になりませんか?
画廊経営歴30年だからこそ語れる、アートで学ぶビジネスのヒントをご紹介。

 

アートに学ぶ6つの「ビジネス法則」

 

単行本:251ページ
出版社:サンライズパブリッシング
著者:髙橋芳郎

 

価格:1,500円(税別)
amazon等ネットでもご購入いただけます。

 

amazonページはこちら >>

 

翠波画廊でも発売中! ※通常配送料無料

 

 


芸術はよくわからない、アートは難しいなどと思っていませんか?

絵画の価格はどうやって決まるのか、画商の視点でわかりやすく解説。
読後はアートを身近に感じて美術館に行ってみたくなるはずです。

 

「値段」で読み解く 魅惑のフランス近代絵画

 

単行本:302ページ
出版社:幻冬舎
著者:髙橋芳郎

 

価格:1,400円(税別)
全国有名書店、amazonでもご購入いただけます

 

amazonページはこちら >>

 

翠波画廊でも発売中! ※通常配送料無料

新聞、雑誌でも紹介されました!

「サンデー毎日」

本とのふとした出会いで幼いころの自分を思い出す
幼いころ、絵画鑑賞が趣味だった母に連れられて、よく展覧会を訪れた。・・・

「週刊文春」

銀座で二十六年、近代絵画の作品を扱ってきた画廊オーナーが、「値段」を切り口に絵画の見方を提案。作品の価格は画家の人生の起伏をも表す。

「月間アートコレクターズ」

世に美術市場を扱った書は数あるが、印象的なタイトルと装丁家として日本を代表する鈴木成一の手になる雰囲気ある装丁の本書は、翠波画廊を構える髙橋氏の書き下ろし。・・・

「北日本新聞」

セザンヌ、モネ、ルノワールやゴッホ、ピカソ、シャガールら近代美術の巨匠たちの絵の値段について考えたことはあるだろうか。・・・

アートコラム一覧

私たちにできること

1

絵画購入のご相談

些細なこともお気軽にご相談ください。
30日以内の返品保証など
安心のサービスをご用意

2

お部屋やご予算に合わせた
絵画のご提案

お客様のご要望をお伺いし、
1,500点以上の豊富な作品から
最適な一枚をご提案いたします。

3

絵画を使った節税対策

経費で絵をご購入の方へ、
作品のご提案から購入の流れまで
ご案内いたします。

絵画を買って節税?