fbpx
東京 アクセス 東京 アクセス 大阪 アクセス 大阪 アクセス お問い合わせ お問い合わせ

バンクシーのネズミの絵が東京に出現!
その背景と意味に迫る

バンクシーとは、イギリス出身の匿名のストリートアーティストです。
1990年代から世界中の壁や橋などにスプレーとステンシル(型枠)を使って作品を描いています。
その作品には、反戦争、反権力、反資本主義などのメッセージが込められており、社会的な問題に対する風刺や批判が見られます。
バンクシーは自らの正体を明かさず、神出鬼没に活動しているため、「アート・テロリスト」とも呼ばれています。


5分で読めるアートの教養を無料配信!

知ってて得するアートコラム、イベント・展覧会情報など、お役立ち情報をお届けしています。

無料配信メルマガへのご登録はこちら>>


バンクシーのネズミ

バンクシーの作品には、ネズミがよく登場します。
ネズミは、ホームレスや移民、難民など、都市から排斥された人々の象徴です。
人目を忍んで夜の街でグラフィティを描くバンクシー自身でもあるかもしれません。
バンクシーはネズミをストリートアートの象徴として多用しており、傘を持ったネズミ、風船を持ったネズミ、ミッキーっぽいネズミなど、様々なバリエーションがあります。

東京に現れたバンクシーのネズミ

2019年1月、東京都港区の防潮堤に、傘を持ったネズミが描かれていると話題になりました。
小池都知事がツイッター(当時)で投稿して有名になったこの絵は、バンクシー本人の作品集に写真が掲載されていることがわかり、本物であると噂されています。
いったい、いつ描かれたものでしょうか?

この絵は、2002年9月にバンクシーが来日した際に描かれたと考えられています。
バンクシーの公式作品集『Wall and Piece』に、反転したかたちではありますが、「TOKYO 2003」のキャプションとともに掲載されています。
つまり16年近く話題にならずにただ存在していたのです。

バンクシーは街中に残したストリートアートについて、自分の作品であるとかないとかを公言しません。
建築物の所有者に無断で絵を描いたことで、他人の所有物を勝手に棄損したとの違法性を追求されて、訴追されるリスクがあるからです。
そのため東京都のネズミについても当初は真偽論争が活発でした。

この絵はなぜ16年もの間気づかれなかったのでしょうか?
実は現場を所轄する港湾局の職員には15年くらい前から知られていました。
しかし、バンクシーがまだ有名ではなかったため、一般人による落書きだと思われて放っておかれたのです。
この絵があまり目立たない場所に描かれていたことや、防潮堤が工事中だったことなどから、多くの人の目に触れることもありませんでした。

ですが、2019年1月に小池百合子都知事がSNSで紹介すると、すぐに話題になりました。
あまりにも騒ぎが大きくなったため、東京都はこの絵を撤去して保存・鑑定を行い、都庁で一般公開しました。
現在はもともとあった場所に近い、日の出ふ頭の2号船客待合所(シンフォニー乗り場)に展示されているので、誰でも見に行くことができます。

バンクシー展が日本で開催

偶然かどうかは分かりませんが、ちょうどこの頃、日本で大々的なバンクシー展が開催されることが発表され、さらにバンクシーに注目が集まりました。
2020年3月に横浜から始まった「バンクシー展 天才か反逆者か」は、大阪、名古屋、福岡、広島、東京、札幌の7会場を2年かけて巡回し、100万人以上を集めて2022年5月に終了しました。
会場で行われた投票では、天才が65.6%、反逆者が34.4%という結果でした。

2021年8月からは、「バンクシーって誰? 展」も東京の寺田倉庫で開催されました。
この展覧会では、世界各地に散らばるバンクシーのストリートアートをテレビ局の美術チームがリアルサイズで再現しました。
展示数は「バンクシー展 天才か反逆者か」よりも少なかったのですが、質の評価が高い展覧会となりました。
1年半かけて名古屋、大阪、郡山、高岡、福岡を巡回し、50万人以上を動員して2023年3月に終了しました。

バンクシーはあるとき「世界中で開催されているバンクシー展はほとんどニセモノだ」と公式サイトで述べたことがあります。
匿名アーティストであるバンクシーが権利を主張しないため、その作品を使って世界中で勝手に展覧会が開催されているというのです。売られているグッズも非公認です。
つまり、展覧会の入場料もグッズの販売金もバンクシーのもとにはいかないのです。
しかしバンクシーの作品を正式に入手した人がそれをどう使うかは自由なので、展覧会が違法とまでは言えません。

バンクシー以前のネズミ・アート

フランスのストリートアーティストのブレック・ル・ラットは、名前のとおりネズミ(ラット)の絵を、ステンシルの技法でパリの街中に残したことで知られています。
「ステンシルの父」と呼ばれたブレック・ル・ラットと同じく、ステンシルの技法でネズミの絵を描くバンクシーは、彼の影響を受けたことをおおやけに認めています。
実はブレック・ル・ラットのラット(rat)は、アート(art)のアナグラムです。ですから、バンクシーのネズミにもアートの血が流れているといえます。
ブレック・ル・ラットは、ネズミを「街中に自由に現れてペストのように増殖する」ものと考えて、ストリートアートの象徴としています。
バンクシーにもその考えは受け継がれていることでしょう。

翠波画廊では、バンクシーの作品を取り扱っています。
ぜひご覧になってください。

バンクシー作品一覧はこちら >>

バンクシーおすすめ作品

お問い合わせ >>

 


Amazonランキング1位!最新刊が好評発売中!!

アートの価値転換はどのように起こったのか
美術商の視点から読み解いた翠波画廊・髙橋の最新刊!

 

 

画商が読み解く 西洋アートのビジネス史

 

単行本:350ページ
出版社:ディスカヴァー・トゥエンティワン
著者:髙橋芳郎

 

価格:2,200円(税込)

全国書店、amazon等ネットでもご購入いただけます。

 

amazonページはこちら >>

 

翠波画廊でも発売中!
※翠波画廊にて本書をお求めいただいたお客様は、配送料無料、著者のサイン入り本をお届け!

 

 


翠波画廊代表・髙橋 2作目はアートで学ぶビジネス

未来のビジネスに必要なアートの力、気になりませんか?
画廊経営歴30年だからこそ語れる、アートで学ぶビジネスのヒントをご紹介。

 

アートに学ぶ6つの「ビジネス法則」

 

単行本:251ページ
出版社:サンライズパブリッシング
著者:髙橋芳郎

 

価格:1,500円(税別)
amazon等ネットでもご購入いただけます。

 

amazonページはこちら >>

 

翠波画廊でも発売中! ※通常配送料無料

 

 


芸術はよくわからない、アートは難しいなどと思っていませんか?

絵画の価格はどうやって決まるのか、画商の視点でわかりやすく解説。
読後はアートを身近に感じて美術館に行ってみたくなるはずです。

 

「値段」で読み解く 魅惑のフランス近代絵画

 

単行本:302ページ
出版社:幻冬舎
著者:髙橋芳郎

 

価格:1,400円(税別)
全国有名書店、amazonでもご購入いただけます

 

amazonページはこちら >>

 

翠波画廊でも発売中! ※通常配送料無料

新聞、雑誌でも紹介されました!

「サンデー毎日」

本とのふとした出会いで幼いころの自分を思い出す
幼いころ、絵画鑑賞が趣味だった母に連れられて、よく展覧会を訪れた。・・・

「週刊文春」

銀座で二十六年、近代絵画の作品を扱ってきた画廊オーナーが、「値段」を切り口に絵画の見方を提案。作品の価格は画家の人生の起伏をも表す。

「月間アートコレクターズ」

世に美術市場を扱った書は数あるが、印象的なタイトルと装丁家として日本を代表する鈴木成一の手になる雰囲気ある装丁の本書は、翠波画廊を構える髙橋氏の書き下ろし。・・・

「北日本新聞」

セザンヌ、モネ、ルノワールやゴッホ、ピカソ、シャガールら近代美術の巨匠たちの絵の値段について考えたことはあるだろうか。・・・

アートコラム一覧

私たちにできること

1

絵画購入のご相談

些細なこともお気軽にご相談ください。
30日以内の返品保証など
安心のサービスをご用意

2

お部屋やご予算に合わせた
絵画のご提案

お客様のご要望をお伺いし、
1,500点以上の豊富な作品から
最適な一枚をご提案いたします。

3

絵画を使った節税対策

経費で絵をご購入の方へ、
作品のご提案から購入の流れまで
ご案内いたします。

絵画を買って節税?