アートコラム

最近の絵画ってちょっと高すぎ?

2018/04/17

いま、絵画の市場が急激に伸びています。
2017年のアート市場の売上高は、前年比12%増の約637億ドルになりました。
とはいえ、市場に参加する人が多くなったわけではありません。一つ一つの作品の価格が高くなっているのです。
なぜ、絵画の価格が上がっているのか?
それは、富裕層の間でアートへの投資がブームになりつつあるからです。

イギリスのコンサルティング会社ナイトフランクの調査によれば、2017年に最もリターンの高かった高級品投資はアート作品でした。そのリターン割合は21%にのぼります。
それだけ2017年のアート作品の価格上昇は急激だったのです。

といっても、過去10年間の指標で見ると、アート作品のリターン率は78%にすぎません。その10年の間、高級車は334%ものリターン率をあげていますから、常にアート作品が値上がりを続けていたわけではないのです。アート作品の価格上昇は近年に顕著なものです。
ですから、常にアートへの投資が最も効率が良いとはいえませんが、少なくともいまはアート市場に追い風が吹いています。
実際に、世界各地のオークションで次々と高額落札記録が更新されています。

まず、2017年11月に、ダ・ヴィンチ「救世主(サルバトール・ムンディ)」が、ニューヨークにて、約508億円で落札されました。それまでの記録は、ピカソの「アルジェの女たち(バージョンO)」で約215億円ですから、2倍以上の価格での更新になりました。


レオナルド・ダ・ヴィンチ「サルバトール・ムンディ」

 

続けて2017年12月には、アジアでのオークション・レコードが出ました。中国の画家、斉白石(チー・バイシー)の書画「山水十二屏」が、北京にて約161億円で落札されました。それまでのアジア記録は、同じく斉白石の書画「「松柏高立図 篆書四言聯」で、約54億円でした。こちらは3倍近い価格での更新になりました。


斉白石「山水十二屏」

 

さらに2018年2月には、ヨーロッパ・レコードが更新されました。ピカソ「市松模様の服とベレー帽を着用した女性」が、ロンドンにて約73億円(5000万ポンド)で落札されたのです。それまでの記録は、2008年に落札されたモネの「睡蓮」(4600万ポンド)でした。アメリカの記録と比べると金額が低いように見えますが、ヨーロッパでは落札金額がそこまで高額になることは珍しいので話題になりました。

実は、絵画の高額落札の多くはニューヨークを舞台としています。アメリカは世界最大のアート市場で、2017年の売上高は266億ドル。これは全体の41%を占めています。
ちなみに、世界第2位のアート市場は中国です。その売上高は132億ドルで全体の21%にあたります。3位のイギリスも129億ドルで全体の20%ですから、アメリカと中国とイギリスの三カ国だけで、世界全体の売上の83%を占めているのです。アートの市場は、強国による寡占化が進んでいます。

 

ひるがえって、わが日本はどうでしょうか。
2017年は5月に、ZOZOTOWNで有名なスタートトゥデイの前澤友作社長が、バスキアの作品「無題」を約123億円で落札して話題になりました。しかし、これもニューヨークのオークションでの話であり、アメリカ市場での売上にカウントされます。サザビーズとクリスティーズの二大オークション会社は、東京では定期的なオークションすら開催していません。ニューヨーク、ロンドン、香港が彼らの主戦場です。

草間彌生のように世界的なアーティストは日本にもいますが、その草間ですらオークション・レコードは8億4500万円です。絵画に限らなければ、村上隆の彫刻「マイ・ロンサム・カウボーイ」が17億円で落札された記録もありますが、それでも中国のアーティストにはかないません。
母国の市場での応援がなければ、なかなか世界的な人気も上がりづらいのです。
現在、中国の現代美術家の作品が軒並み高額になっているのは、中国のアート市場の分厚さと、中国人コレクターの支援が基盤になっているからです。

 

と、この原稿を書いていたところ、嬉しいニュースが入りました。
2018年4月1日のサザビーズ香港の現代アートデイセールで、落札金額上位10作品のうち9作品が日本人アーティストのものだったそうです。ちなみにその多くは草間彌生の作品でした。
この6日間の香港オークションでは、合計で4億6650万ドルの売上があり、サザビーズのアジアでの売り上げ記録を更新したそうです。

全世界的なアート市場の盛り上がりは、いずれ日本にもやってくるでしょう。日本でのアート振興のために、翠波画廊でも何ができるかを考えていきたいと思います。

 

参考文献:アレン琴子「富裕層の「高級品投資」ワイン以上に注目されている高リターン投資とは?」

 

翠波画廊 取り扱い作家一覧はこちら >>

 

 


アートをもっと身近に感じてみませんか?

知ってて得するアートコラム、新入荷作品情報、お買い得の特別価格作品情報など、お役立ち情報をお届けしています。

 

【配信コンテンツ】

 

1. アートコラム(月3~4回配信)

 読むだけで最新のアートシーンや絵画の知識が身につくコラム。
 アート初心者からコレクターの方まで必読です。

2. イベント情報

 画廊でのワークショップやセミナーのご案内をいち早くお知らせ!

3. 新入荷作品情報

 ホームページ公開前の作品をはじめ、入荷したばかりの注目作品をご紹介!

4. メルマガ会員限定-特別価格作品情報-

 メルマガ限定でのシークレットセールをご案内。
 気になる作品をお手頃で手にしていただけます。

5. 展示会のご案内

 翠波画廊で開催する展覧会や、全国百貨店での作家来日展情報などをお知らせいたします。

 

お得情報満載!
無料配信メルマガ! ぜひご登録ください ↓↓


配信希望のメールアドレスをご記入ください 

メールアドレス
※半角英数でご記入ください。

プライバシーポリシー >

※携帯、スマートフォンのメールアドレスに返信ご希望の方は、当画廊(info@suiha.co.jp)のメールアドレスからのメールを受信可能な状態にしていただきますようお願い致します。

 


 

 

翠波画廊代表・髙橋 2作目はアートで学ぶビジネス

未来のビジネスに必要なアートの力、気になりませんか?
画廊経営歴30年だからこそ語れる、アートで学ぶビジネスのヒントをご紹介。

 

アートに学ぶ6つの「ビジネス法則」

 

単行本:251ページ
出版社:サンライズパブリッシング
著者:髙橋芳郎

 

価格:1,500円(税別)
amazon等ネットでもご購入いただけます。

 

amazonページはこちら >>

 

翠波画廊でも発売中! ※通常配送料無料

 

 


芸術はよくわからない、アートは難しいなどと思っていませんか?

絵画の価格はどうやって決まるのか、画商の視点でわかりやすく解説。
読後はアートを身近に感じて美術館に行ってみたくなるはずです。

 

「値段」で読み解く 魅惑のフランス近代絵画

 

単行本:302ページ
出版社:幻冬舎
著者:髙橋芳郎

 

価格:1,400円(税別)
全国有名書店、amazonでもご購入いただけます

 

amazonページはこちら >>

 

翠波画廊でも発売中! ※通常配送料無料

新聞、雑誌でも紹介されました!

「サンデー毎日」

本とのふとした出会いで幼いころの自分を思い出す
幼いころ、絵画鑑賞が趣味だった母に連れられて、よく展覧会を訪れた。・・・

「週刊文春」

銀座で二十六年、近代絵画の作品を扱ってきた画廊オーナーが、「値段」を切り口に絵画の見方を提案。作品の価格は画家の人生の起伏をも表す。

「月間アートコレクターズ」

世に美術市場を扱った書は数あるが、印象的なタイトルと装丁家として日本を代表する鈴木成一の手になる雰囲気ある装丁の本書は、翠波画廊を構える髙橋氏の書き下ろし。・・・

「北日本新聞」

セザンヌ、モネ、ルノワールやゴッホ、ピカソ、シャガールら近代美術の巨匠たちの絵の値段について考えたことはあるだろうか。・・・

 

 

絵画購入をご検討でしたら、 翠波画廊にご相談ください。

~ 私たちにできること ~

1. 絵画購入のご相談

 

絵画購入について、ご質問やご不安なことはお気軽に翠波画廊にご相談ください。

 

ご購入の際には「購入に安心の3つの特典」をご用意しております。
30日以内の返品保証があるので、初めての方も安心。作品はすべて額装でお届けし、配送時の保険・送料は私たちが負担させていただきます。
購入後のアフターケアのご相談も承っております。

 

お支払いは、クレジットカード・お振込み・代引きなどからお選びいただけ、
さらには10回分割無金利のサービスもございます。

 

2. お部屋やご予算に合わせた絵画のご提案

 

「この部屋のこの場所にあう絵を探している」そんなご相談も承ります。
サイズやお部屋の雰囲気、ご予算のご希望などお知らせください。
1,500点以上の豊富な在庫作品から、あなたのお部屋にぴったりの1枚をご提案させていただきます。まずはお気軽にお問い合わせください。

 

3. 絵画を使った節税対策

 

2015年度から美術品に関する税制が変わり、取得価額が100万円未満の美術品が償却資産に出来るようになりました。
経費での絵画購入をご検討の場合は、まずは翠波画廊にご相談ください。
購入後の流れ、売却なども視野に入れた具体的な内容をアドバイスします。

 

お電話、メールでもお気軽にお問い合わせください。

TEL:03-3561-1152(平日土/10:00~18:00)

メール:info@suiha.co.jp

 

コラム一覧に戻る