fbpx
東京 アクセス 東京 アクセス 大阪 アクセス 大阪 アクセス お問い合わせ お問い合わせ

家族の絵は、残された者にどのような思い出をつくるのか
~映画『黄金のアデーレ 名画の帰還』で考える

『黄金のアデーレ 名画の帰還』は実話を基にした映画です。
タイトルにある「黄金のアデーレ」とは、ロートレックやシニャックと同世代のオーストリアの画家、グスタフ・クリムトの代表作です。
正式名称は「アデーレ・ブロッホ=バウアーの肖像Ⅰ」といい、実在の人物であるアデーレ夫人の肖像画です。しかし、1907年に描かれて、本人に送られたこの肖像画は、1938年にオーストリアを合併したドイツのナチス政権に没収されてしまいました。戦後、絵の相続人となったアデーレの姪のマリアは、伯母の肖像画を取り戻すための長い戦いを始めます。


20世紀初頭は、芸術家が個人の表現欲求を花開かせて、絵画の市場が立ちあがった時代です。しかし、時代の過渡期であったために、多くの芸術家は、まだ富裕層のパトロンを必要としました。パトロンは、ただ芸術を庇護するばかりでなく、自分のために肖像画を描かせました。手描きの肖像画は、富裕層が財力を誇示するための道具でもあったからです。

 

クリムトの熱心なパトロンの一人は、ウィーンのユダヤ系実業家であったフェルディナント・ブロッホ=バウアーでした。フェルディナントは、自分の妻であるアデーレの肖像画を2枚、クリムトに描かせました。そのうちの1枚が「アデーレ・ブロッホ=バウアーの肖像Ⅰ」です。キャンバスの大部分が金箔で覆われた、豪勢な肖像画は、脂の乗りきった45歳のクリムトによる大作で、「黄金のアデーレ」という通称で知られるようになります。

 

ade-re
▲クリムト「アデーレ・ブロッホ=バウアーの肖像Ⅰ」

 

1925年に亡くなったアデーレは、この絵を国立美術館に寄贈するよう遺言を残しました。しかし、夫のフェルディナントは妻の絵を手放すことを望まず、遺言を無視してそのまま持ち続けます。その気持ちはよくわかります。亡くなった妻の美貌をキャンバスにとどめる絵画があったとしたら、誰でも部屋に飾っておいて、思い出をよみがえらせる、よすがにしたいと思うでしょう。その後、1938年にナチスがオーストリアを併合したことで、ユダヤ系のフェルディナントはスイスへの亡命を余儀なくされました。突然の亡命劇であったため、「黄金のアデーレ」を含めた彼の資産は、ナチスに没収されてしまったのです。

 

第二次世界大戦後、「黄金のアデーレ」はフェルディナントの元に返却されることになりましたが、その手続きが終わる前に、彼は亡命先のスイスで亡くなります。

彼の遺言書には「アデーレの絵は姪のマリアに譲る」とありました。このマリアとは、アデーレの妹とフェルディナントの弟との間に生まれた子供です。アデーレ・バウアーの姉妹と、フェルディナント・ブロッホの兄弟は、兄と姉、弟と妹がそれぞれに結婚して、共にブロッホ=バウアーの複合性を名乗っていたのです。

 

戦争を避けて、夫のフリッツ・アルトマンとともにアメリカに移住していたマリアは、思いもかけず伯母の肖像画の相続人になりましたが、この絵はアメリカに住む彼女の元には届きませんでした。オーストリア政府は、フェルディナントの遺言よりも、アデーレの遺言のほうを重視し、国立美術館に絵を収蔵したのです。その気持ちもよくわかります。名画は公共財産でもありますから、ウィーンが生んだ大画家の代表作を、新興国であるアメリカに渡したいとは思わないでしょう。しかし、マリアは母のおもかげを残す伯母の肖像画をあきらめませんでした。こうして、オーストリア政府とマリアとの間に、長い法廷闘争が始まったのです。

 

seppun
▲クリムト「接吻」

 

映画の結末でもある裁判の結果は、ここでは記しません。気になる方はぜひ、2015年に日本でも公開された映画『黄金のアデーレ 名画の帰還』をご覧になってください。一つだけ言えるのは、2006年にこの絵が、当時の絵画史上最高価格である1億3500万ドル(約156億円)で売却されたという事実です。

 

肖像画は、モデルの家族にとっては、個人的な懐かしい思い出を呼び起こすものです。一方で、その絵がよく描けていればいるほど、モデルと個人的なつながりを持たない一般の観客にも、普遍的な感動を与えてくれます。美術史に残る絵画は、人類の宝物です。絵の所有者は、個人的にいつも眺めて暮らしたいとの気持ちもありますし、より多くの人に見てもらうことで社会貢献したいという気持ちもあります。価値のある絵を持っている方は、50年後、100年後に、その絵がどこでどのようになっていてほしいか、思いを巡らせてみてはいかがでしょうか。

 


アートをもっと身近に感じてみませんか?

知ってて得するアートコラム、新入荷作品情報、お買い得の特別価格作品情報など、お役立ち情報をお届けしています。

 

【配信コンテンツ】

 

1. アートコラム(月3~4回配信)

 読むだけで最新のアートシーンや絵画の知識が身につくコラム。  アート初心者からコレクターの方まで必読です。

2. イベント情報

 画廊でのワークショップやセミナーのご案内をいち早くお知らせ!

3. 新入荷作品情報

 ホームページ公開前の作品をはじめ、入荷したばかりの注目作品をご紹介!

4. メルマガ会員限定-特別価格作品情報-

 メルマガ限定でのシークレットセールをご案内。  気になる作品をお手頃で手にしていただけます。

5. 展示会のご案内

 翠波画廊で開催する展覧会や、全国百貨店での作家来日展情報などをお知らせいたします。

 

お得情報満載! 無料配信メルマガ! ぜひご登録ください ↓↓

※半角英数でご記入ください。

プライバシーポリシーはこちら

 

 

翠波画廊代表・髙橋 2作目はアートで学ぶビジネス

未来のビジネスに必要なアートの力、気になりませんか?
画廊経営歴30年だからこそ語れる、アートで学ぶビジネスのヒントをご紹介。

 

アートに学ぶ6つの「ビジネス法則」

 

単行本:251ページ
出版社:サンライズパブリッシング
著者:髙橋芳郎

 

価格:1,500円(税別)
amazon等ネットでもご購入いただけます。

 

amazonページはこちら >>

 

翠波画廊でも発売中! ※通常配送料無料

 

 


芸術はよくわからない、アートは難しいなどと思っていませんか?

絵画の価格はどうやって決まるのか、画商の視点でわかりやすく解説。
読後はアートを身近に感じて美術館に行ってみたくなるはずです。

 

「値段」で読み解く 魅惑のフランス近代絵画

 

単行本:302ページ
出版社:幻冬舎
著者:髙橋芳郎

 

価格:1,400円(税別)
全国有名書店、amazonでもご購入いただけます

 

amazonページはこちら >>

 

翠波画廊でも発売中! ※通常配送料無料

新聞、雑誌でも紹介されました!

「サンデー毎日」

本とのふとした出会いで幼いころの自分を思い出す
幼いころ、絵画鑑賞が趣味だった母に連れられて、よく展覧会を訪れた。・・・

「週刊文春」

銀座で二十六年、近代絵画の作品を扱ってきた画廊オーナーが、「値段」を切り口に絵画の見方を提案。作品の価格は画家の人生の起伏をも表す。

「月間アートコレクターズ」

世に美術市場を扱った書は数あるが、印象的なタイトルと装丁家として日本を代表する鈴木成一の手になる雰囲気ある装丁の本書は、翠波画廊を構える髙橋氏の書き下ろし。・・・

「北日本新聞」

セザンヌ、モネ、ルノワールやゴッホ、ピカソ、シャガールら近代美術の巨匠たちの絵の値段について考えたことはあるだろうか。・・・

 

 

絵画購入をご検討でしたら、 翠波画廊にご相談ください。

~ 私たちにできること ~

1. 絵画購入のご相談

 

絵画購入について、ご質問やご不安なことはお気軽に翠波画廊にご相談ください。

 

ご購入の際には「購入に安心の3つの特典」をご用意しております。 30日以内の返品保証があるので、初めての方も安心。作品はすべて額装でお届けし、配送時の保険・送料は私たちが負担させていただきます。 購入後のアフタケア―のご相談も承っております。

 

お支払いは、クレジットカード・お振込み・代引きなどからお選びいただけ、 さらには10回分割無金利のサービスもございます。

 

2. お部屋やご予算に合わせた絵画のご提案

 

「この部屋のこの場所にあう絵を探している」そんなご相談も承ります。 サイズやお部屋の雰囲気、ご予算のご希望などお知らせください。 1,500点以上の豊富な在庫作品から、あなたのお部屋にぴったりの1枚をご提案させていただきます。まずはお気軽にお問い合わせください。

 

3. 絵画を使った節税対策

 

2015年度から美術品に関する税制が変わり、取得価額が100万円未満の美術品が償却資産に出来るようになりました。 経費での絵画購入をご検討の場合は、まずは翠波画廊にご相談ください。 購入後の流れ、売却なども視野に入れた具体的な内容をアドバイスします。

 

お電話、メールでもお気軽にお問い合わせください。

TEL:03-3561-1152(平日土/10:00~18:00)

メール:info@suiha.co.jp

 

アートコラム一覧

私たちにできること

1

絵画購入のご相談

些細なこともお気軽にご相談ください。
30日以内の返品保証など
安心のサービスをご用意

2

お部屋やご予算に合わせた
絵画のご提案

お客様のご要望をお伺いし、
1,500点以上の豊富な作品から
最適な一枚をご提案いたします。

3

絵画を使った節税対策

経費で絵をご購入の方へ、
作品のご提案から購入の流れまで
ご案内いたします。

絵画を買って節税?