fbpx
東京 アクセス 東京 アクセス 大阪 アクセス 大阪 アクセス お問い合わせ お問い合わせ

モディリアーニの描いた肖像画って本当に似ているの?
~キスリング、スーチンの自画像や顔写真と比較してみた

人物画を得意としたモディリアーニは、数多くの友人の肖像画を残しています。
貧乏でモデルを雇うお金がなかったのもありますが、よき仲間に恵まれていたのでしょう。
写真が登場するまで、肖像画はその人の姿を後世に残す唯一の方法でした。
しかしモディリアーニの生きた19世紀末はすでに写真が普及した時代です。そのため、ただ写実的に描くだけでは意味がないと、多くの画家が悩みました。
独創的な画風で知られるモディリアーニは、どのような肖像画を描いていたのか、写真と比較してみましょう。

 

モディリアーニの人物画は細長い

 

モディリアーニの写真

モディリアーニ「自画像」

まずは自画像から見てみましょう。
こちらがモディリアーニの肖像写真です。
プレイボーイで知られるイタリア人らしく、なかなか男前ですね。モディリアーニの描いた自画像と比較してみましょう。モディリアーニの人物画の特徴は顔の細長さです。実物よりも細面になっているのがわかります。また、写真の印象よりも優しそうでもありますね。肖像画は見たままではなく内面を描くものでありましたから、モディリアーニの自意識の表れかもしれません。

 

ジャンヌ・エビュテルヌの写真

モディリアーニ「ジャンヌ・エビュテルヌの肖像」

ジャンヌ・エビュテルヌはモディリアーニの妻です。
モディリアーニが35歳で病気で死んだ2日後、ジャンヌも後を追って飛び降り自殺しました。若干21歳で、お腹にはモディリアーニの子を宿していたそうです。
ジャンヌの肖像も、モディリアーニらしく細長い顔に描かれています。知っている人が見れば「モディリアーニだな」とすぐにわかる画風です。

 

ジャン・コクトーの写真

モディリアーニ「ジャン・コクトーの肖像」

では、もともと細長い顔の人物の場合は、どうなるのでしょうか。
エコール・ド・パリの仲間であるジャン・コクトーは細い顔で有名でした。モディリアーニの描いたコクトーは、細面と癖毛を忠実に再現していて、なかなかよく似ています。しかし、顎のあたりを見るとさらにデフォルメして細さを強調していることがわかります。

 


 

特徴をとらえてデフォルメしたモディリアーニ

 

モイズ・キスリングの写真

モディリアーニ「モイズ・キスリングの肖像」

モイズ・キスリング「自画像」

モディリアーニが描くと、どんな人でも細くなるのかといえば、そうでもありません。同じくエコール・ド・パリの仲間の画家キスリングの肖像画では、丸い顔の特徴を的確にとらえています。その一方で、鋭い眼光の方は実物以上に表現しています。キスリング自身が描いた自画像と比べてみると、肖像画の描き方にもいろいろあるものだと感心します。キスリング自身の自画像は、実物よりもイケメンですね。

 

 

シャイム・スーチンの写真

モディリアーニ「シャイム・スーチンの肖像」

シャイム・スーチン「自画像」

 

エコール・ド・パリの仲間の画家シャイム・スーチンの肖像画もまた、細くない顏です。モディリアーニが顏や身体を細く伸ばして描いたのはアフリカ彫刻の影響ですが、それにとどまらずにさまざまな描き方を試していました。スーチンの肖像画は細面でこそありませんが、モディリアーニらしい繊細さや優しさがよく出ています。スーチン自身の描いた自画像と比較すると、一見似ていないのに、口元などが同一人物であることを感じさせます。

 

ディエゴ・リベラの写真

モディリアーニ「ディエゴ・リベラの肖像」

ディエゴ・リベラ「自画像」

フリーダ・カーロの夫としても知られるメキシコの画家ディエゴ・リベラは、一般的にはエコール・ド・パリの画家と認識されていませんが、実は同時代にパリに修業に来ていて、モディリアーニをはじめとするエコール・ド・パリの作家と親しくしていました。
モディリアーニの描くリベラの肖像画は、その太った肉体を強調していて、モディリアーニらしい細やかさに欠けています。
リベラ自身はリアリズムの画家だったので、自画像も写実的です。

 

 

エコール・ド・パリの模様を伝える交友関係

 

ファン・グリスの写真

モディリアーニ「ファン・グリスの肖像」

ファン・グリス「自画像」

ファン・グリスはエコール・ド・パリというよりも、ピカソやブラックと同じキュビスムの画家として知られています。
実はキュビスムとエコール・ド・パリとは、ほぼ同時期にパリで起きています。そのため二つのグループの間には少なからず親交がありました。
モディリアーニの描くファン・グリスは、モディリアーニの特徴である長い顔と首を持ち、グリス自身の自画像は、キュビスムの特徴である分割されたキューブになっています。

 

 

ジャック・リプシッツの写真

モディリアーニ「ジャック・リプシッツ夫妻の肖像」

エコール・ド・パリの仲間は画家ばかりではありません。ジャック・リプシッツやアンリ・ローランスといった彫刻家も少なからずいました。モディリアーニ自身、若い頃は彫刻家を目指していて、ブランクーシに師事したこともあります。ジャック・リプシッツは、モディリアーニが亡くなったときに、そのデスマスクを作るほど親しい友人でした。リプシッツ夫妻の肖像画は、リプシッツがモディリアーニに金銭援助をしたくて頼んだものだと言われています。

 

アンリ・ローランスの写真

モディリアーニ「アンリ・ローランスの肖像」

アンリ・ローランスもフランスの彫刻家で、エコール・ド・パリというより、ピカソやブラックらキュビスムの一員として知られています。モディリアーニの描くアンリ・ローランスは、モディリアーニの画風の特徴である、黒く塗りつぶされた目と、白く塗り残された背景を持っています。頼まれて描く肖像画は、時間をかけて描きこむほうが高い価格で売れたのですが、モディリアーニは余白のあるほうがよいのだという自分の信念をまげませんでした。貧乏でも、志を高く持っていたのです。

 

 

周囲の人々に愛されたモディリアーニ

 

ポール・ギヨームの写真

モディリアーニ「ポール・ギヨームの肖像」

ポール・ギヨームは、モディリアーニの生前からその絵を愛した数少ないコレクターです。モディリアーニは、この貴重なパトロンのためにいくつかの肖像画を残しました。パトロンだからといって遠慮することなく、いつもの画風で描くモディリアーニですが、人物の特徴は確実にとらえています。

 

レオポルド・ズボロフスキーの写真

モディリアーニ「レオポルド・ズボロフスキーの肖像」

絵が売れずに困窮していたモディリアーニを助けたのが、友人である詩人のレオポルド・ズボロフスキーです。ズボロフスキーは生活費を稼ぐために本や版画を販売していて、やがてモディリアーニの絵も一緒に売るようになりました。
モディリアーニの生涯唯一の個展を企画したのもズボロフスキーですし、モディリアーニ夫妻の死後に残された一人娘を遺族のもとに連れて行ったのもズボロフスキーです。
肖像画も、その内面の優しさをよく表現しています。
モディリアーニ、スーチン、ユトリロ、シャガールなどの絵を最初に手掛けた画商として知られているズボロフスキーですが、実業家としては大成せず、1930年の世界恐慌で全財産を失ってしまいました。
以上、モディリアーニの残した11枚の肖像画でした。写真と比較することで、画家の表現の意図をよりよく理解することができたと思います。

 

 

モディリアーニ作品一覧はこちら >>

 

 

 


アートをもっと身近に感じてみませんか?

知ってて得するアートコラム、新入荷作品情報、お買い得の特別価格作品情報など、お役立ち情報をお届けしています。

 

【配信コンテンツ】

 

1. アートコラム(月3~4回配信)

 読むだけで最新のアートシーンや絵画の知識が身につくコラム。  アート初心者からコレクターの方まで必読です。

2. イベント情報

 画廊でのワークショップやセミナーのご案内をいち早くお知らせ!

3. 新入荷作品情報

 ホームページ公開前の作品をはじめ、入荷したばかりの注目作品をご紹介!

4. メルマガ会員限定-特別価格作品情報-

 メルマガ限定でのシークレットセールをご案内。  気になる作品をお手頃で手にしていただけます。

5. 展示会のご案内

 翠波画廊で開催する展覧会や、全国百貨店での作家来日展情報などをお知らせいたします。

 

お得情報満載! 無料配信メルマガ! ぜひご登録ください ↓↓

※半角英数でご記入ください。

プライバシーポリシーはこちら

 

 

翠波画廊代表・髙橋 2作目はアートで学ぶビジネス

未来のビジネスに必要なアートの力、気になりませんか?
画廊経営歴30年だからこそ語れる、アートで学ぶビジネスのヒントをご紹介。

 

アートに学ぶ6つの「ビジネス法則」

 

単行本:251ページ
出版社:サンライズパブリッシング
著者:髙橋芳郎

 

価格:1,500円(税別)
amazon等ネットでもご購入いただけます。

 

amazonページはこちら >>

 

翠波画廊でも発売中! ※通常配送料無料

 

 


芸術はよくわからない、アートは難しいなどと思っていませんか?

絵画の価格はどうやって決まるのか、画商の視点でわかりやすく解説。
読後はアートを身近に感じて美術館に行ってみたくなるはずです。

 

「値段」で読み解く 魅惑のフランス近代絵画

 

単行本:302ページ
出版社:幻冬舎
著者:髙橋芳郎

 

価格:1,400円(税別)
全国有名書店、amazonでもご購入いただけます

 

amazonページはこちら >>

 

翠波画廊でも発売中! ※通常配送料無料

新聞、雑誌でも紹介されました!

「サンデー毎日」

本とのふとした出会いで幼いころの自分を思い出す
幼いころ、絵画鑑賞が趣味だった母に連れられて、よく展覧会を訪れた。・・・

「週刊文春」

銀座で二十六年、近代絵画の作品を扱ってきた画廊オーナーが、「値段」を切り口に絵画の見方を提案。作品の価格は画家の人生の起伏をも表す。

「月間アートコレクターズ」

世に美術市場を扱った書は数あるが、印象的なタイトルと装丁家として日本を代表する鈴木成一の手になる雰囲気ある装丁の本書は、翠波画廊を構える髙橋氏の書き下ろし。・・・

「北日本新聞」

セザンヌ、モネ、ルノワールやゴッホ、ピカソ、シャガールら近代美術の巨匠たちの絵の値段について考えたことはあるだろうか。・・・

アートコラム一覧

私たちにできること

1

絵画購入のご相談

些細なこともお気軽にご相談ください。
30日以内の返品保証など
安心のサービスをご用意

2

お部屋やご予算に合わせた
絵画のご提案

お客様のご要望をお伺いし、
1,500点以上の豊富な作品から
最適な一枚をご提案いたします。

3

絵画を使った節税対策

経費で絵をご購入の方へ、
作品のご提案から購入の流れまで
ご案内いたします。

絵画を買って節税?