絵画買取MENU

アートコラム Column

メルマガ配信アートコラム

マリー・ローランサン美術館の復活

エコール・ド・パリの紅一点、マリー・ローランサンをご存じですか。
20世紀前半、パリに集った外国人画家に対して、エコール・ド・パリ(パリ派)という呼び名が生まれました。
流派も主義もばらばらな画家たちですが、芸術の都パリへの憧れと、自由を求める心だけは同じでした。
エコール・ド・パリの代表的な画家は、イタリアのモジリアーニとベラルーシのシャガール、それから日本の藤田嗣治といった外国人ですが、例外的にフランス人が数えられることがあります。
それが、同じ年に同じパリで生まれた、ユトリロとローランサンです。

 

1883年生まれのローランサンは、私生児として生まれ母子家庭に育ちました。
後に代議士になる実父の援助もあり、裕福に育ったローランサンは、1904年、21歳の頃から画塾アカデミー・アンベールで油絵を習いはじめます。
この学校で出会った1歳上のジョルジュ・ブラックを通じて、ローランサンは、ピカソらと交流を持つようになります。

ro-rannsann_1

▲マリー・ローランサン(レゾネより)

 

当時、ピカソのアトリエはモンマルトルの安アパート洗濯船(バトー・ラヴォワール)にあり、若き前衛画家のたまり場になっていました。
その中でも特に親しくなったのが、詩人のギヨーム・アポリネールです。
ともに私生児であったアポリネールとローランサンは1907年から1912年まで恋愛関係にありました。

 

後に、アポリネールの嫉妬に疲れたローランサンから別れを告げますが、二人の間の友情は終生続きました。
1913年にアポリネールが刊行した『キュビスムの画家たち』の中では、ローランサンはピカソやブラックに並ぶ画家として扱われています。
この頃にはローランサンはすでに新進画家として頭角を表していました。
二人はその後、別々の相手と結婚しますが、アポリネールの方は1918年にスペイン風邪(インフルエンザ)に罹って、32歳で亡くなりました。

 

一方、ドイツ人画家ヴェッチェンと結婚してドイツ国籍となったローランサンは、第一次大戦でドイツとフランスが開戦したのに伴って、フランスに留まれなくなってスペインに亡命します。
ローランサンの結婚生活は決して幸福なものではなく、1921年、38歳でようやく離婚が成立した後は再びパリに戻りました。

 

1920年代のパリは、狂乱の時代(レ・ザネ・フォル)と呼ばれた文化の爛熟期でした。
エコール・ド・パリの画家が活躍したのもこの時代です。
すでに名前の売れていたローランサンは、人気画家として独身生活を謳歌します。
ローランサンを支援したのは、ピカソなどと専属契約を結んでいたパリの画商ポール・ローザンベールでした。

 

▲「芝居の小さなプリンセスに扮したミシェール・マネ」油彩10号

当時、パリの上流階級の間では、ローランサンに肖像画を描いてもらうことが流行っていました。
「シャネル」の創業者であるファッションデザイナーのココ・シャネルもその一人でしたが、出来上がった絵が気に入らなくてローランサンに返却したという逸話が残っています。
同い年だったシャネルとローランサンですが、社交界の花形同士としてライバル意識があったのかもしれません。

 

生涯を通じて、さまざまな浮名を流したローランサンですが、一説では、女性を愛したバイ・セクシュアルだったとも言われています。
1925年、家事手伝いとしてローランサンの家に来た20歳のシュザンヌ・モローを、ローランサンは、まるで娘のように可愛がりました。
その一方で、だんだんと社交の場に顔を出さなくなり、自宅に引きこもりがちになります。

 

1937年には、53歳でレジオン・ド・ヌール勲章を授与されますが、その頃には人気もだいぶ落ち着いていました。
ローランサンが亡くなったのは1956年、72歳のことです。
発見者は、死の2年前に正式に養女となっていたシュザンヌ・モローでした。

 

実はローランサンは、日本では非常に人気の高い画家です。
1970年代から80年代にかけては、2,3年に一度のペースで展覧会が開催されていましたし、1985年に集英社が刊行した美術全集「現代世界の美術―アートギャラリー」シリーズでは21人の現代画家の一人に選ばれただけでなく、ルノワールと並んで初回配本の栄誉に浴しています。
90年代に集英社が刊行した「学習漫画 世界の伝記」シリーズでも、40人中わずか2人しかいない画家に、レオナルド・ダ・ヴィンチと一緒に選ばれるなど、もしかすると母国フランスよりも日本での評価のほうが高かったかもしれません。

▲「花と真珠」油彩3号

 

実際、ローランサンの生誕100周年にあたる1983年には、世界初のローランサン専門美術館が、長野県茅野市蓼科高原でオープンしました。
理事長は、大手タクシー会社グリーンキャブ創業者の高野将弘社長で、自らが経営するリゾートホテルの目玉として、500点余りの個人コレクションを公開することにしたのです。
しかし、この画期的な専門美術館は、リゾートホテルの売却に伴い、2011年9月に、惜しまれながらの閉館となりました。
展示されていた絵画は、再び高野家の収蔵品としてしまわれたのです。
余談ながら、この高野家の子供の一人は、元SMAPの稲垣吾郎さんの親友として話題になりました。

 

そんなマリー・ローランサン美術館が、2017年7月16日から、東京で再開されるとのニュースが入ってきました。
場所は、千代田区紀尾井町のホテルニューオータニのガーデンコート6階で、11月12日まで回顧展が開催されています。
日本が世界に誇るローランサンのコレクションが、再びいつでも見られるようになったのは、本当に喜ばしいことです。

 

ローランサンの作品一覧はこちらから>>

 

 



関連リンク

ご購入にお得な3つの特典

  • 特典1
    作品はすべて額装でお届け
    作品に相応しい額を付けていますがご希望があれば交換も可能です。
  • 特典2
    配送時の保険・送料は当画廊が負担
    お客様のもとへ作品が届くまでの費用は一切かかりません。
  • 特典3
    30日以内の返品受付、返品保証
    お部屋に飾って合わない場合は30日以内の返品を受け付けております。

  分割でのお支払いもご利用いただけます。
  ※10回までの分割金利は当社が負担いたします。

ご購入・絵画販売について >>

来店のご案内

ぜひ画廊にお越しいただき、現品をご覧ください。

展示会等に出品中で、作品等が店頭にない場合がございます。
ご希望の作家、作品がございましたら、事前に電話やメールにてお問い合わせください。

アクセス >>