アートコラム

セレブとして大人気だったアーティストとは?

2019/04/08

SNSが大流行の現在、美術館やギャラリーでしばしば不幸な事件が起きています。
スマホで自撮りをしようとしてバランスを崩し、作品を倒して傷つけてしまうのです。2018年10月にもロシアの美術館で、観客が作品と額縁を損傷する事故が起きました。傷ついた作品は、ゴヤの版画「ロス・カプリチョス」にダリが彩色をしたもの。他人の版画に色を付けて自らの作品とするのは奇妙なことですが、サルヴァドール・ダリならばそれもありと思わせてしまうユニークな画家です。
ダリとはどんな画家だったのか、改めて振り返ってみましょう。

 

ダリとロルカとブニュエルは友人同士だった?

1904年に生まれて1989年に84歳で亡くなったダリは、二度の大戦を含む20世紀の大半を、その身で経験しています。日本で言うなら明治から平成までを生きた画家です。ダリが生まれたのはスペインのカタルーニャ州のフィゲラスです。富裕な地元の名士の家に生まれたダリは、後年のイメージとは異なり大人しい子どもでした。

 

少年の頃から絵画が好きだったダリは、1921年、17歳で家を出てマドリードの王立美術アカデミーに入学し、学生館で集団生活を始めます。この学生館で出会って友人になったのが、ガルシア・ロルカとルイス・ブニュエルです。後にロルカは詩人として、ブニュエルは映画監督として、画家ダリとともにスペインを代表する芸術家になります。
三人はただの同級生ではなく、親しい友人でした。特に同性愛の傾向があったロルカはダリに恋していたと言われています。その模様は、映画『天才画家ダリ 愛と激情の青春』に描かれました。

 


無料進呈中!
絵画購入で失敗しないための
「絵画の買い方・楽しみ方」テキスト

・絵を初めて買ってみようとお考えの方
・絵画コレクションをより充実させたい方

絵画購入の前に、疑問や不安を解決しませんか?

 

カタログ請求はこちら


 

ダリの奥さんのガラは人妻だった?

ダリとガラ

当時、芸術の中心地はパリだったので、ダリも1927年にパリに行き、一足先にパリに来ていたブニュエルと共に映画『アンダルシアの犬』を製作します。この映画は、当時のパリの前衛芸術運動であるシュルレアリスムのグループから高く評価され、ダリとブニュエルはシュルレアリストに迎え入れられました。

 

シュルレアリスム運動のリーダーは、1924年に「シュルレアリスム宣言」を書いた詩人のアンドレ・ブルトンです。運動に参加した画家には、ダリの他にマックス・エルンスト、ルネ・マグリットなどがいます。ダリと同じスペイン出身の先輩画家であるピカソやミロも、シュルレアリスムには傾倒しました。当時の最先端の芸術運動だったからです。

 

シュルレアリストとの出会いは、ダリの人生に生涯の伴侶をもたらしました。1929年、詩人のポール・エリュアール夫妻がスペインのダリを訪問します。ダリはポールの妻ガラと強く惹かれあい、1934年にガラと正式に結婚することになります。ダリとガラは終生のパートナーになりました。

 

とはいえ、自由奔放なガラはダリと結婚後もセックスのパートナーは別に持っていたようで、ダリもそれを認めていたそうです。そもそもポールと結婚していた時から浮気は多かったようで、ポールもガラの遊びは黙認していました。ロルカとの関係にも表れていますが、ダリは性的にこじれたところがあったようで、後に「大自慰者」という絵も描いています。ちなみに、ダリとガラとの間に子供はありませんでした。

 

ダリはシュルレアリストから除名されていた?

一般的にはシュルレアリスムの画家として知られるダリですが、実は1938年にシュルレアリスト・グループを除名されています。ナチスやヒトラーに対して寛容なダリの思想を、グループの首領ブルトンが嫌ったからです。思想的に保守的なブルトンはファシズムも共産主義も同性愛も嫌っていました。

 

しかし、技術力が高く、情報が詰まっていて、パズルのような楽しみがあるダリの絵は人気があり、ダリは社交界でも引っ張りだこになりました。映画や演劇やファッションといった分野でもコラボレーションを行い、1936年には「タイム」誌の表紙にもなりました。当時のダリはまだ32歳――世間は若き天才にほしいままの賞賛を与えました。現在も使われるあのチュッパチャップスのロゴマークもダリが手掛けたものです。

 

そんなダリに対して、犬猿の仲になったブルトンは、名前のSalvador Dalíのアナグラム(並び替え)でAvida Dollarsのあだ名を与えます。Avida Dollars の音は、フランス語で「avide à dollars」、つまり「ドルを貪る」の意味になります。ダリが売れていることを「商業主義」だと揶揄したのです。

 

かつての仲間に何と言われようと、ダリは気にせず、セレブの生活を楽しみました。ちなみに、ダリ作品のオークションにおける最高落札記録は、2011年にサザビーズで競売にかけられた『ポール・エリュアールの肖像』で、2167万ドルになります。一過性の人気ではなく、死後も高く評価されているダリは、「商業」と「芸術」を両立させることのできた稀有な画家でした。

 

生前、ダリは数多くの著作を残しましたが、自伝風の書き物の多くはフィクションだと見なされています。ダリは、芸術家が芸能人として人気者になる時代を生きた画家でした。徹底して自己を演出するその姿勢には批判もありますが、時代に適応したという意味では、極めて現代的な芸術家だったと言えるでしょう。

 

サルバドール・ダリ作品一覧はこちら >>

 

 


芸術はよくわからない、アートは難しいなどと思っていませんか?

絵画の価格はどうやって決まるのか、画商の視点でわかりやすく解説。
読後はアートを身近に感じて美術館に行ってみたくなるはずです。

 

「値段」で読み解く 魅惑のフランス近代絵画

 

単行本:302ページ
出版社:幻冬舎
著者:髙橋芳郎

 

価格:1,400円(税別)
全国有名書店、amazonでもご購入いただけます

 

amazonページはこちら >>

 

翠波画廊でも発売中! ※通常配送料無料

新聞、雑誌でも紹介されました!

「サンデー毎日」

本とのふとした出会いで幼いころの自分を思い出す
幼いころ、絵画鑑賞が趣味だった母に連れられて、よく展覧会を訪れた。・・・

「週刊文春」

銀座で二十六年、近代絵画の作品を扱ってきた画廊オーナーが、「値段」を切り口に絵画の見方を提案。作品の価格は画家の人生の起伏をも表す。

「月間アートコレクターズ」

世に美術市場を扱った書は数あるが、印象的なタイトルと装丁家として日本を代表する鈴木成一の手になる雰囲気ある装丁の本書は、翠波画廊を構える髙橋氏の書き下ろし。・・・

「北日本新聞」

セザンヌ、モネ、ルノワールやゴッホ、ピカソ、シャガールら近代美術の巨匠たちの絵の値段について考えたことはあるだろうか。・・・

 


無料進呈中!
絵画購入で失敗しないための
「絵画の買い方・楽しみ方」テキスト

・絵を初めて買ってみようとお考えの方
・絵画コレクションをより充実させたい方

 

絵画購入の前に、疑問や不安を解決しませんか?

 

カタログ請求はこちら

 

 

絵画購入をご検討でしたら、 翠波画廊にご相談ください。

~ 私たちにできること ~

1. 絵画購入のご相談

絵画購入について、ご質問やご不安なことはお気軽に翠波画廊にご相談ください。お支払いは、クレジットカード・お振込み・代引きなどからお選びいただけ、さらには10回分割無金利のサービスもございます。30日以内の返品保証があるので、初めての方も安心。作品はすべて額装でお届けし、配送時の保険・送料は私たちが負担させていただきます。

 

2. お部屋に合わせた絵画のご提案

「この部屋のこの場所にあう絵を探している」そんなご相談も承ります。サイズやお部屋の雰囲気、ご予算のご希望などお知らせください。1,000点以上の豊富な在庫作品から、あなたのお部屋にぴったりの1枚をご提案させていただきます。まずはお気軽にお問い合わせください。

 

3. 絵画を使った節税対策

2015年度から美術品に関する税制が変わり、取得価額が100万円未満の美術品が償却資産に出来るようになりました。経費での絵画購入をご検討の場合は、まずは翠波画廊にご相談ください。購入後の流れ、売却なども視野に入れた具体的な内容をアドバイスします。

 

 

お電話、メールでもお気軽にお問い合わせください。

TEL:03-3561-1152(平日土/10:00~18:00)

メール:info@suiha.co.jp

 

コラム一覧に戻る