fbpx
東京 アクセス 東京 アクセス 大阪 アクセス 大阪 アクセス お問い合わせ お問い合わせ

シュルレアリスム作家で最も売れているのは誰か
~ダリか、ミロか、マグリットか?

20世紀前半のパリで起きたシュルレアリスム運動は、ダリやマグリットの幻想的な絵画を生み出しただけでなく、ピカソやミロといった先達にも大きな影響を与えて、写実的な絵画をさらに解体していきました。 フロイトの精神分析に強い影響を受けたシュルレアリスムは、夢や不条理の世界を不可思議に描き、現代でも根強いファンを持っています。
そのようなシュルレアリスム絵画で売れている作品はどのようなものか、価格データベース会社アートプライスのプレスリリースから、ひもといてみましょう。

 

 

圧倒的な人気を誇るシュルレアリスム画家とは

 

これまでにオークションで落札されたシュルレアリスム絵画のランキングを見ると、同じような作家ばかりが並んでいることに気づきます。
まずランキング1位作品は、ジョアン・ミロ(1893-1983)の『Peinture (Etoile Bleue)』(絵画・青い星)で、落札価格は約3700万ドル(手数料除く)です。そして驚くべきことに、トップ10作品のうちなんと7作品をミロが占めているのです。
残りの3作品は、ルネ・マグリットとサルバドール・ダリで分け合いました。

 

出典:Artprice「The Top10 of Surrealism」[30 Nov 2018]

 

特筆すべきは10作品中6作品が2017年以降の新しい落札となっていることです。残りの4作品も、すべて2010年代の競売となっており、アートマーケットが今世紀に入ってどんどん拡大していることがわかります。

 

なぜミロがオークションにおいてこれほどまでに高額落札されているのか。その秘密の一つは作品数の多さです。
ミロは生涯に2000点以上の絵画と、5000点以上の素描、500点以上の彫刻、そして数えきれないほど多くの版画を残しました。作品数が多いだけに、毎年オークションでは1000点以上のミロ作品が落札されています。母数が多ければ、自然と高額落札作品も生まれてくるものです。寡作のフェルメールなどは、ほとんどオークションには出品されませんから、落札されることもありません。
もちろん、ミロの魅力は作品数の多さだけにとどまりません。どんなに作品数が多くても、小品ばかりでは高額落札には結びつきません。実際、オークションで落札されるミロの作品の9割はリーズナブルな版画作品であり、それらの版画がランキングに載ることはありません。しかし、ミロの一点ものの絵画は、近年ぐんぐんと値を上げてきています。
トップ10ランキングに入ったミロ作品7点のうち5点は、2017~2018年にかけて落札されたものです。それだけミロの作品の市場価格が上昇しているのは、ミロ作品に対する需要が高まっているからです。2018年に落札されたミロ作品の総額は1億ドルを超えていて、総販売金額でいえば全アーティストのトップ15に入りました。シュルレアリスム絵画の枠を超えて、世界中で愛される画家といってよいでしょう。

 

 

 

いま人気が急上昇中のシュルレアリスムの画家

 

3位と10位に作品がランクインしたのは、ベルギーのルネ・マグリット(1898-1967)です。この2作品の記録もまた2017~2018年にかけて達成されたものです。絵画マーケットの価格が全体的に右肩上がりで推移しているとはいえ、それ以上にマグリットの人気が高まってきていることを感じさせます。
なにしろマグリット作品の価格推移は、代表的なところだけを取り上げても1996年時点では350万ドル、2002年で1260万ドル、2017 年で2056万ドル、2018年で2683万ドルと、うなぎのぼりです。この10年間でマグリット作品のオークションにおける落札記録は2倍になりました。
2018年に落札された『Le principe du plaisir』(快楽原則)は、競売の出品者が40年前に買ったときには7万4000ドルだったそうです。ということは、40年の間に作品価格が362倍に高騰したのです。
パリに馴染めずにすぐにベルギーに戻ってしまったこともあり、シュルレアリスムの画家の中ではいまひとつ知名度で劣るマグリットですが、現在、最も勢いのあるシュルレアリストといってよいでしょう。

 

 

シュルレアリスム絵画といえばこの人

 

もう一人のシュルレアリスム作家、サルバドール・ダリ(1904-1989)も負けてはいません。
9位にランクインした『Portrait de Paul Eluard』(ポール・エリュアールの肖像)は、33×25センチメートルの小品ですが、2167万ドルの値をつけました。この作品は1989年に競売に出品されたときは200万ドルにすぎませんでしたが、22年後の2011年には10倍以上の価格で落札されることになりました。この価格は、2019年現在、ダリ作品のオークションにおける最高落札記録になっています。
ちなみに作品の題材となった詩人のポール・エリュアールとは、ダリの愛妻ガラの前夫にあたります。この絵は、1929年にポールとガラのエリュアール夫妻が、スペインのダリの家を訪問したときに描かれたもので、このときからダリとガラの交際も始まったとされています。このように書くとダリが倫理観を逸脱した人物のようにも見えてしまいますが、実際のダリは真面目な人間で、性的に奔放な年上のガラがダリを誘惑したのではないかとの説もあります。
ベルギーのマグリットもスペインのダリも、どちらもその国が世界に誇る画家であり、今後も順調に人気が高まっていくと予想されます。

 

 


アートをもっと身近に感じてみませんか?

知ってて得するアートコラム、新入荷作品情報、お買い得の特別価格作品情報など、お役立ち情報をお届けしています。

 

【配信コンテンツ】

 

1. アートコラム(月3~4回配信)

 読むだけで最新のアートシーンや絵画の知識が身につくコラム。  アート初心者からコレクターの方まで必読です。

2. イベント情報

 画廊でのワークショップやセミナーのご案内をいち早くお知らせ!

3. 新入荷作品情報

 ホームページ公開前の作品をはじめ、入荷したばかりの注目作品をご紹介!

4. メルマガ会員限定-特別価格作品情報-

 メルマガ限定でのシークレットセールをご案内。  気になる作品をお手頃で手にしていただけます。

5. 展示会のご案内

 翠波画廊で開催する展覧会や、全国百貨店での作家来日展情報などをお知らせいたします。

 

お得情報満載! 無料配信メルマガ! ぜひご登録ください ↓↓

※半角英数でご記入ください。

プライバシーポリシーはこちら

 

 

翠波画廊代表・髙橋 2作目はアートで学ぶビジネス

未来のビジネスに必要なアートの力、気になりませんか?
画廊経営歴30年だからこそ語れる、アートで学ぶビジネスのヒントをご紹介。

 

アートに学ぶ6つの「ビジネス法則」

 

単行本:251ページ
出版社:サンライズパブリッシング
著者:髙橋芳郎

 

価格:1,500円(税別)
amazon等ネットでもご購入いただけます。

 

amazonページはこちら >>

 

翠波画廊でも発売中! ※通常配送料無料

 

 


芸術はよくわからない、アートは難しいなどと思っていませんか?

絵画の価格はどうやって決まるのか、画商の視点でわかりやすく解説。
読後はアートを身近に感じて美術館に行ってみたくなるはずです。

 

「値段」で読み解く 魅惑のフランス近代絵画

 

単行本:302ページ
出版社:幻冬舎
著者:髙橋芳郎

 

価格:1,400円(税別)
全国有名書店、amazonでもご購入いただけます

 

amazonページはこちら >>

 

翠波画廊でも発売中! ※通常配送料無料

新聞、雑誌でも紹介されました!

「サンデー毎日」

本とのふとした出会いで幼いころの自分を思い出す
幼いころ、絵画鑑賞が趣味だった母に連れられて、よく展覧会を訪れた。・・・

「週刊文春」

銀座で二十六年、近代絵画の作品を扱ってきた画廊オーナーが、「値段」を切り口に絵画の見方を提案。作品の価格は画家の人生の起伏をも表す。

「月間アートコレクターズ」

世に美術市場を扱った書は数あるが、印象的なタイトルと装丁家として日本を代表する鈴木成一の手になる雰囲気ある装丁の本書は、翠波画廊を構える髙橋氏の書き下ろし。・・・

「北日本新聞」

セザンヌ、モネ、ルノワールやゴッホ、ピカソ、シャガールら近代美術の巨匠たちの絵の値段について考えたことはあるだろうか。・・・

アートコラム一覧

私たちにできること

1

絵画購入のご相談

些細なこともお気軽にご相談ください。
30日以内の返品保証など
安心のサービスをご用意

2

お部屋やご予算に合わせた
絵画のご提案

お客様のご要望をお伺いし、
1,500点以上の豊富な作品から
最適な一枚をご提案いたします。

3

絵画を使った節税対策

経費で絵をご購入の方へ、
作品のご提案から購入の流れまで
ご案内いたします。

絵画を買って節税?