アートコラム

いちばん「ヘンタイ」な画家とは?

2019/06/11

東京・渋谷のBunkamuraザ・ミュージアムは、「印象派への旅 海運王の夢 バレル・コレクション」展を2019年6月30日まで開催しています。
同展はドガの傑作「リハーサル」を初めて日本で展示すると、話題になっています。
「リハーサル」は第一回印象派展が開かれた頃の作品で、新しい芸術運動の息吹を感じさせるものです。
モチーフはドガの好んだバレエダンサーで、対象を真中におかないドガの構図のユニークさが際立っています。
一方で、別の見方を提唱する人もいます。
コラムニスト・山田五郎さんの『ヘンタイ美術館』は、古今東西の名立たる画家をとりあげて「誰が一番ヘンタイか?」を決める不届き(?)な本です。
弟子の少年を愛人にしていたダ・ヴィンチから、カッとなって殺人を犯したカラヴァッジオ、タブーを破るようなヌード絵を描きまくったクールベなど錚々たるメンバーが12人並ぶ中で、山田さんからただ一人「本物のヘンタイ」と名指しされたのがエドガー・ドガです。
その理由は「リハーサル」の絵にも見られる「オヤジ」の存在にあります。

ドガ「リハーサル」1874頃(右上にオヤジ)

 

昔のバレエダンサーは金持ちの愛人だった?

ドガといえば、バレエの絵が有名です。
手足をのびやかに踊るドガのバレエダンサーの絵は、バレエに興味がない人をも惹きつけます。
ところで、当時のバレエダンサーは、今とは違って貧しい娘たちでした。給料も安く、多くの踊り子は、観客として来る裕福な男性の愛人となることで、貧困から抜け出していました。
貧富の差が激しい近代社会の残酷な現実を描くために、ドガは踊り子たちの絵に、たいてい「ハゲオヤジ」の姿を描き足しています。退屈そうにバレエを眺める黒づくめの男性像は、愛人を品定めする当時の「立派な紳士」でもあります。
ドガは美しい踊り子とオヤジを同時に描くことで、社会の現実を描写しました。

ドガ(写真)

 


無料進呈中!
絵画購入で失敗しないための
「絵画の買い方・楽しみ方」テキスト

・絵を初めて買ってみようとお考えの方
・絵画コレクションをより充実させたい方

絵画購入の前に、疑問や不安を解決しませんか?

 

カタログ請求はこちら


 

 

一度も結婚せずに趣味人をつらぬいたドガ

では、上流階級の生まれだったドガ自身も愛人を囲っていたのかといえば、その形跡はありません。それどころか、結婚も一度もせずに83年の人生を過ごしました。
2015年の国勢調査では、生涯未婚率は男性の23.4%、女性の14.1%にのぼり、いまでこそ独身で通す人は珍しくなくなりましたが、当時は結婚が当たり前でした。
ドガは非常に現代的な人物だったのです。

ドガ「自画像」1863

生涯独身の人であっても、そのときどきでパートナーはいるものです。上流階級出身で、学歴も高く、イケメンで才能もあるドガが、異性にもてなかったはずはありません。
しかし、ドガの人生をたどってみても、これといった恋人は見つかりません。
当時の印象派の仲間たちを見ると、隠し子のあったルノワールや、二度の結婚で子沢山だったモネ、タヒチで若い現地妻を二人ももらったゴーギャンなど、ゴシップには事欠かないのですが、ドガには浮いた噂がありませんでした。
それでは、ゲイだったのかといえば、そうでもなさそうです。ドガの絵を見れば、男性よりも女性に愛情を向けていることがわかります。
しかし、その愛情はどこか屈折していて、「ハゲオヤジ」にじっとりと眺められる少女の絵が多いのです。

ドガ「ダンス教室」1874頃(真中にオヤジ)

 

 

ドガは不器用なオタクだった?

ドガが独身だった理由は、おそらくドガの性格にありました。
現代でもそうですが、結婚生活に向いている人と向いていない人がいます。
ドガは人とぶつかることが多く「傲岸不遜」と評されることがありました。
とある印象派の画家は、ドガのことを「才能は素晴らしいが、人間性はひどい」、「自分以外の世界全体を恨んでいる」、「才能に見合った立場を得られない」と批判しています。
印象派展についても仲間と意見が対立することがしばしばあって、ドガは「気難し屋」だと言われていました。
手先は器用でも人付き合いは不器用で、社交が苦手だったのでしょう。
生涯を独身で通したのは、それが原因かもしれません。

ドガ「待合室」1881頃

ドガには、芸術至上主義とも言うべき潔癖な一面がありました。
パリの高級住宅地で裕福な銀行家の家に生まれたドガは、名門校を卒業しパリ大学の法律学部に現役合格します。なのに、画家に憧れて途中でエコール・デ・ボザール(国立美術学校)に再入学します。
山田さんはこれを「麹町育ちで都立日比谷高校から東大文Ⅰに進んだけど中退して東京藝大に入り直した」と形容しています。
頭が良くて才能もあったのに、あえて好きな芸術の道を選んだのです。

ドガ「レース直前」1883頃

 

体制に反抗して茨の道を歩んだヘンタイ

当時の画家の王道は、官展であるサロンに入選してアカデミーに認められることでした。
デッサン力のあるドガは、審査員好みの絵を描いてサロンの常連となることもできました。実際、他の印象派の画家たちと違って、ドガはサロンに落選したことがないのです。
しかし「本当の芸術はそんなものではない!」との気持ちに逆らうことができず、あえてサロンには認められない絵を描く、茨の道を歩みます。
そして友人のマネとともに、後に印象派と呼ばれる反主流派グループ(バティニョール派)の中核メンバーとなるのです。

ドガ「浴槽」1886

 

ところが、マネは自分の好きな絵を描いて「サロンに認められたい」人でした。
「サロンはアホの集まり」と断じるドガとは違ったのです。
後にドガがモネやルノワールらとともに印象派展を立ち上げたときも、マネは参加しませんでした。
ドガが「印象派展の参加者はサロンに出品してはならない」とのルールを作ったからです。
このルールは当初こそ団結力を高めるのに役立ちましたが、後に「やっぱりサロンにも出品して多くの人に見てもらいたい」と考える画家たちの反発の種になりました。
そうして印象派の画家たちは、ドガをはじめとする「現代生活のリアルを描く」派と、モネをはじめとする「自然の光をリアルに描く」派とに分裂してしまったのです。
最終的に、モネやルノワールらは狷介な先輩ドガのもとを離れ、サロンに戻ります。
それでもドガは自らの信念を曲げず、己の道を進みました。
変態というより、変人でしょうか?

ドガ「踊り子たち」1900

 

 


芸術はよくわからない、アートは難しいなどと思っていませんか?

絵画の価格はどうやって決まるのか、画商の視点でわかりやすく解説。
読後はアートを身近に感じて美術館に行ってみたくなるはずです。

 

「値段」で読み解く 魅惑のフランス近代絵画

 

単行本:302ページ
出版社:幻冬舎
著者:髙橋芳郎

 

価格:1,400円(税別)
全国有名書店、amazonでもご購入いただけます

 

amazonページはこちら >>

 

翠波画廊でも発売中! ※通常配送料無料

新聞、雑誌でも紹介されました!

「サンデー毎日」

本とのふとした出会いで幼いころの自分を思い出す
幼いころ、絵画鑑賞が趣味だった母に連れられて、よく展覧会を訪れた。・・・

「週刊文春」

銀座で二十六年、近代絵画の作品を扱ってきた画廊オーナーが、「値段」を切り口に絵画の見方を提案。作品の価格は画家の人生の起伏をも表す。

「月間アートコレクターズ」

世に美術市場を扱った書は数あるが、印象的なタイトルと装丁家として日本を代表する鈴木成一の手になる雰囲気ある装丁の本書は、翠波画廊を構える髙橋氏の書き下ろし。・・・

「北日本新聞」

セザンヌ、モネ、ルノワールやゴッホ、ピカソ、シャガールら近代美術の巨匠たちの絵の値段について考えたことはあるだろうか。・・・

2作目が出版されました!

未来のビジネスに必要なアートの力、気になりませんか?
画廊経営歴30年だからこそ語れる、アートで学ぶビジネスのヒントをご紹介。

 

アートに学ぶ6つの「ビジネス法則」

 

単行本:251ページ
出版社:サンライズパブリッシング
著者:髙橋芳郎

 

価格:1,500円(税別)
全国有名書店、amazonでもご購入いただけます。

 

amazonページはこちら >>

 

翠波画廊でも発売中! ※通常配送料無料

 


無料進呈中!
絵画購入で失敗しないための
「絵画の買い方・楽しみ方」テキスト

・絵を初めて買ってみようとお考えの方
・絵画コレクションをより充実させたい方

 

絵画購入の前に、疑問や不安を解決しませんか?

 

カタログ請求はこちら

 

 

絵画購入をご検討でしたら、 翠波画廊にご相談ください。

~ 私たちにできること ~

1. 絵画購入のご相談

絵画購入について、ご質問やご不安なことはお気軽に翠波画廊にご相談ください。お支払いは、クレジットカード・お振込み・代引きなどからお選びいただけ、さらには10回分割無金利のサービスもございます。30日以内の返品保証があるので、初めての方も安心。作品はすべて額装でお届けし、配送時の保険・送料は私たちが負担させていただきます。

 

2. お部屋に合わせた絵画のご提案

「この部屋のこの場所にあう絵を探している」そんなご相談も承ります。サイズやお部屋の雰囲気、ご予算のご希望などお知らせください。1,000点以上の豊富な在庫作品から、あなたのお部屋にぴったりの1枚をご提案させていただきます。まずはお気軽にお問い合わせください。

 

3. 絵画を使った節税対策

2015年度から美術品に関する税制が変わり、取得価額が100万円未満の美術品が償却資産に出来るようになりました。経費での絵画購入をご検討の場合は、まずは翠波画廊にご相談ください。購入後の流れ、売却なども視野に入れた具体的な内容をアドバイスします。

 

 

お電話、メールでもお気軽にお問い合わせください。

TEL:03-3561-1152(平日土/10:00~18:00)

メール:info@suiha.co.jp

 

 

コラム一覧に戻る