アートコラム

あの有名ファッションデザイナーは画商だった?

2019/03/26

ルイ・ヴィトン、クリスチャン・ディオール、ジバンシー、フェンディ、ケンゾー、セリーヌ、ロエベ――
いずれもフランスを代表するファッションブランドですが、実は同一の企業グループに属することをご存じでしょうか?
LVMHと呼ばれるそのグループは、ファッションブランドのルイ・ヴィトン(LV)と、高級酒ブランドのモエ・ヘネシー(MH)が1987年に合併して誕生したもので、次々にブランド企業を買収して大きくなりました。
そのうちの一つは、美術の世界に憧れて画商になったものの、経営に失敗して転身したファッションデザイナーの立ち上げたブランドでした。
どのブランドだか、わかりますか?

 

 

画商だったクリスチャン・ディオール

 

クリスチャン・ディオールがフランスに生まれたのは1905年のことです。
経営者の父親のもとで裕福に育ったディオールは、幼い頃から美術に親しみ美術学校への進学を希望します。しかし、外交官になってほしいという両親の希望を受けて、やむなくパリ政治学院に入学します。ミッテラン大統領やシラク大統領も在籍したエリート養成校です。

 

とはいえ興味のない政治学の勉強に身が入るはずもありません。ディオールはパリで遊び暮らし、卒業が危うくなりました。
家族会議の末にディオールが提案したのは、両親の希望する実業の世界で、自らの趣味である芸術と触れ合える画商の仕事でした。
こうして1928年、23歳のディオールは父親の出資を受けてパリで画廊を始めます。ディオールの画廊では、ピカソやダリやミロやデュフィの絵が売られていたそうです。

ところが1929年、アメリカに端を発する世界恐慌でディオールの一家は破産し、画廊の継続が困難になりました。ディオール自身も結核に罹って、南仏での療養を余儀なくされます。
数年後、ようやくパリに戻ってきたディオールは就職活動をしますが、いまだ不景気が続く中、就職経験のない30歳目前のフリーターを雇う会社はありません。

 

どん底に落ちたディオールを救ってくれたのが、ファッションデザイナーの友人でした。彼はディオールを自分のアパルトマンに住まわせるとともにデザインの勉強を勧めました。ここで初めてディオールの才能が目覚めました。
フリーランスのデッサン画家として生計を立てるようになったディオールは、やがて一流メゾンに専属デザイナーとして雇われます。32歳での再スタートでした。


無料進呈中!
絵画購入で失敗しないための
「絵画の買い方・楽しみ方」テキスト

・絵を初めて買ってみようとお考えの方
・絵画コレクションをより充実させたい方

 

絵画購入の前に、疑問や不安を解決しませんか?

 

カタログ請求はこちら


しかし、再び不幸がディオールを襲います。
1939年、第二次世界大戦の勃発で軍隊に徴兵されたディオールは、メゾンをいったん去らねばならなくなります。
まもなくフランスはドイツと和睦しますが、休戦後もディオールは、ドイツに占領されたパリを嫌って田舎に引きこもっていました。
やむをえずメゾンは別のデザイナーを雇い、36歳のディオールは再び無職になります。

 

ファッション業界でそれなりの地位を築いていたディオールは、やがて別のメゾンに拾われますが、1945年に同僚のデザイナーが独立したのを見て、自分自身のメゾンを持ちたいとの夢が湧いてきます。
そうして1946年、41歳にしてようやくクリスチャン・ディオールのブランドが世に出ました。その後の成功は、皆さんもよく知るところです。

 

残念ながら11年後の1957年、パリのオートクチュール界の頂点に立っていたディオールは、イタリアで休暇中に突然の心臓発作でなくなります。まだ52歳の若さでした。

クリスチャン・ディオール

イヴ・サンローランとベルナール・ビュッフェの奇妙な関係

 

ディオール亡き後、ディオール・ブランドの主任デザイナーを受け継いだのは、わずか21歳のイヴ・サンローランです。
亡くなる数年前、ディオールはパリのデザイナー学校に通っていたサンローランを見出して、自分の弟子にしていたのです。

 

実は、ディオールの後継者となったサンローランは、私たちにも馴染み深いある画家と、浅からぬ縁があります。
1958年、ディオールの主任デザイナーとして、その力量を存分に発揮したサンローランは、社交界にひっぱり出されます。そこで出会ったのが、ベルナール・ビュッフェとピエール・ベルジェでした。

 

ビュッフェは最初の妻と離婚してから2人目の妻アナベルと再婚するまで10年の独身期間があります。その間ずっと公私にわたるパートナーとしてビュッフェの成功を手助けしたのが、マネージャのベルジェでした。
当時、ビュッフェは30歳、ベルジェは28歳、サンローランは22歳の若さでした。
お互いにゲイであったサンローランとベルジェはすぐに魅かれあい、恋人同士になります。ビュッフェもこの年にアナベルと結婚し、ベルジェとの関係を解消します。こうして、ベルジェは、ビュッフェからサンローランへと支える対象を変えたのです。
余談ですが、亡きディオールもまたゲイでした。2019年に没したシャネルのカール・ラガーフェルドも、村上隆とコラボレートしたルイ・ヴィトンのマーク・ジェイコブスもゲイだと言われています。ファッションデザイナーという職業には、ゲイを惹きつける何かがあるのでしょうか。



モンドリアンの絵をデザインに転用したサンローラン

 

若くしてスターになったサンローランでしたが、ディオール同様に戦禍に襲われます。
1960年、生まれ故郷のアルジェリアがフランスに対して独立戦争を起こし、サンローランもフランス軍に徴兵されることになったのです。
しかし、ゲイでデザイナーのサンローランが軍隊に馴染めるはずもなく、いじめられて精神に異常を来たし、精神病院に収容されます。ここで電気ショック療法や薬物療法を受けたことが、生涯サンローランを苦しめました。
しかも、この神経衰弱の発症を理由に、ディオール社から解雇されてしまうのです。

 

1962年、サンローランはベルジュに出資してもらい、自分自身のブランド、イヴ・サンローランを設立します。
それから2002年に引退するまでの40年間、サンローランは「モードの帝王」として、フランスのファッション業界に君臨しました。

モンドリアン・ルック

サンローランとベルジュは美術コレクターとしても知られ、美術業界の発展にも貢献しました。サンローランが、モンドリアンの絵を引用したモンドリアン・ルックに見られるように、ファッションと美術は親和性が高いです。
また、ビュッフェの描いたサンローランの肖像画は、現在、パリのイヴ・サンローラン美術館に所蔵されています。

 


芸術はよくわからない、アートは難しいなどと思っていませんか?

絵画の価格はどうやって決まるのか、画商の視点でわかりやすく解説。
読後はアートを身近に感じて美術館に行ってみたくなるはずです。

 

「値段」で読み解く 魅惑のフランス近代絵画

 

単行本:302ページ
出版社:幻冬舎
著者:髙橋芳郎

 

価格:1,400円(税別)
全国有名書店、amazonでもご購入いただけます

 

amazonページはこちら >>

 

翠波画廊でも発売中! ※通常配送料無料

新聞、雑誌でも紹介されました!

「サンデー毎日」

本とのふとした出会いで幼いころの自分を思い出す
幼いころ、絵画鑑賞が趣味だった母に連れられて、よく展覧会を訪れた。・・・

「週刊文春」

銀座で二十六年、近代絵画の作品を扱ってきた画廊オーナーが、「値段」を切り口に絵画の見方を提案。作品の価格は画家の人生の起伏をも表す。

「月間アートコレクターズ」

世に美術市場を扱った書は数あるが、印象的なタイトルと装丁家として日本を代表する鈴木成一の手になる雰囲気ある装丁の本書は、翠波画廊を構える髙橋氏の書き下ろし。・・・

「北日本新聞」

セザンヌ、モネ、ルノワールやゴッホ、ピカソ、シャガールら近代美術の巨匠たちの絵の値段について考えたことはあるだろうか。・・・

2作目が出版されました!

未来のビジネスに必要なアートの力、気になりませんか?
画廊経営歴30年だからこそ語れる、アートで学ぶビジネスのヒントをご紹介。

 

アートに学ぶ6つの「ビジネス法則」

 

単行本:251ページ
出版社:サンライズパブリッシング
著者:髙橋芳郎

 

価格:1,500円(税別)
全国有名書店、amazonでもご購入いただけます。

 

amazonページはこちら >>

 

翠波画廊でも発売中! ※通常配送料無料

 


無料進呈中!
絵画購入で失敗しないための
「絵画の買い方・楽しみ方」テキスト

・絵を初めて買ってみようとお考えの方
・絵画コレクションをより充実させたい方

 

絵画購入の前に、疑問や不安を解決しませんか?

 

カタログ請求はこちら

 

 

絵画購入をご検討でしたら、 翠波画廊にご相談ください。

~ 私たちにできること ~

1. 絵画購入のご相談

絵画購入について、ご質問やご不安なことはお気軽に翠波画廊にご相談ください。お支払いは、クレジットカード・お振込み・代引きなどからお選びいただけ、さらには10回分割無金利のサービスもございます。30日以内の返品保証があるので、初めての方も安心。作品はすべて額装でお届けし、配送時の保険・送料は私たちが負担させていただきます。

 

2. お部屋に合わせた絵画のご提案

「この部屋のこの場所にあう絵を探している」そんなご相談も承ります。サイズやお部屋の雰囲気、ご予算のご希望などお知らせください。1,000点以上の豊富な在庫作品から、あなたのお部屋にぴったりの1枚をご提案させていただきます。まずはお気軽にお問い合わせください。

 

3. 絵画を使った節税対策

2015年度から美術品に関する税制が変わり、取得価額が100万円未満の美術品が償却資産に出来るようになりました。経費での絵画購入をご検討の場合は、まずは翠波画廊にご相談ください。購入後の流れ、売却なども視野に入れた具体的な内容をアドバイスします。

 

 

お電話、メールでもお気軽にお問い合わせください。

TEL:03-3561-1152(平日土/10:00~18:00)

メール:info@suiha.co.jp

 

 

コラム一覧に戻る