アンヌ・フランソワ・クルミィ
作品一覧

 

 

「不在」の空間が持つ物語を描く国際的実力派
アンヌ・フランソワ・クルミィ

1961年~

アンヌ・フランソワ・クルミィ作品を数多く取り揃え、展示販売しています

 

日本で翠波画廊が初めてご紹介する、フランスの実力派人気女流画家アンヌ・フランソワ・クルミィ。
彼女は子供の時からデッサンに関する強い興味と才能を発達させ、高等学校終了後には、パリ国立装飾美術学校へ入学して油彩画を専門に学び、1987年に卒業資格者となりました。

 

90年代からはパリ、イギリス、ドイツ、アメリカのギャラリーで定期的に作品を発表し、ヨーロッパやアメリカで開催される権威ある国際アートフェアにも参加。国際的な活躍とともに、人気、知名度を確実なものとしていきました。

 

そして2007年には芸術・文学シュヴァリエ章(勲章)をフランス国より受章。2009年には映画のための絵画を制作し活動の幅を広げ、2010年にはロンドン、2015年にはチューリヒのアートフェアにも参加するなど、なぜ日本でまだ紹介されていないのか不思議なほど世界的な実力派です。

 

現在は毎年、フランスはもちろん、ドイツ、イギリス、アメリカ等で個展を開催し、高い評価と人気を集めている今注目の作家、アンヌ・フランソワ・クルミィ作品を、ぜひご覧ください。

感じてほしい本物の絵画の感覚

質の高い油彩作品をご覧いただけるのは翠波画廊だけです。ぜひ現品をご覧ください。

油彩8号

「小さな部屋へ 2」

開かれた扉、射し込む光。迎え入れられているかのように部屋の奥へと視線が向く作品。

油彩8号

「弁護士の家」

特定の職業人の家として描かれた本作。規律正しく飾られた絵、正面に開かれた扉に、物語を夢想させる作品。

アンヌ・フランソワ・クルミィ作品は他にもございます。ぜひ作品一覧をご覧ください。

作品一覧

その場所の持つ物語と魂に生の感覚を与える筆

 

開かれた扉、射し込む光、隙間から見える部屋の向こうにはまた開かれた扉が描かれています。どの部屋にも共通して言えるのは、「不在」の感覚。クルミィの描く室内風景には、一見したところ何もなく、何者もいないように見えます。しかし、観た人は立ち止まらずにはいられません。ただの静寂が広がる室内画ではないからです。

 

アンヌ・フランソワ・クルミィ

 

「私の絵は(実際には目に見えない)人物の存在がある室内空間に、光によって視覚の道筋を作り、構成していきます。目には見えない人物の存在は、触れられそうな感覚で、人物が通りすぎた痕跡のようなものを残すのです。私はその人物が通過する直前、あるいはすぐ後の瞬間を丁寧に筆で追いながら、『不在』に見える空間の持つ物語と魂に、生の感覚や痕跡を与えていくのです」

 

このようにクルミィは、物と物との間に存在する空気の密度や存在を結びつけるように描くことで、観ている人に、何もない空間に思えるのにも関わらず、そこから生の姿そのものを感じさせ、惹きつけるのです。そのため、「不在」に思える空間には静寂ではなく、沈黙が潜んでいるのです。確かにある生の存在、その息遣いを感じることのできる彼女の作品は、世界的に高い評価を得ています。

 

同時代を生きている私たちだからこそ味わえる、今という確かな存在感、生の感覚をアンヌ・フランソワ・クルミィの作品から感じてみませんか。

 

 

安心の返品保証

ご購入時の安心材料として、30日以内の返品受付、返品保証を行っており、
もしお部屋に飾って合わない場合は30日以内の返品を受け付けております。

 

アンヌ・フランソワ・クルミィ作品のご購入をご検討の方

ご不明なことがありましたらスタッフが解決いたします。

お電話でもお気軽にご相談ください。

 

TEL:03-3561-1152
(平日土/10:00~18:00)

 

お問い合わせお待ちしております。

アンヌ・フランソワ・クルミィ 略歴 ANNE FRANCOISE COULOUMY

1961年 パリで生まれる。
1987年 パリ国立装飾美術学校を卒業。
1990年 サロン・ド・シャロントンで金メダル。
1992年 サロン ドートンヌ友の会、絵画賞《マーク・プティ賞》/サロン ドートンヌ会員に選出される
1993年 サンジェルマン・アン・レーのデ・コッシュ画廊で初の個展。
1994年 パリのエティエンヌ・ド・コザン画廊で初の個展。サロン・ドュ・メスニル・ル・ロワ絵画部門一等賞
1995年 サロン・ド・サンモーリスの青年の部一等賞
1996年 サロン・ド・メゾン アルフォーに特別招待
2000,01年 サロン・ド・サンモーリスに特別招待
2002,09年 インターナショナル サロン・ド・パリ- 絵画との出逢い- に特別招待
2003年 ニューヨーク(ソーホー)のアクセル・ファインアート画廊で初の個展。
2004年 ルクセンブルクのショーゲン画廊で初の個展。
2007年 芸術・文学シュヴァリエ章(勲章)をフランス国より受章。
2007,09年 ロンドン アートフェア参加。
2008年 ロンドンのギャラリー27 で初の個展。
2009年 映画『ELEGANCE DU HERISSON』(監督:モナ アシャシュ)のための絵画制作。
2009,11年 パリのエティエンヌ・ド・コザン画廊で個展。
2010年 ロンドン アートフェア、アート シカゴ、アート マイアミ、アート ハンプトン参加。
2013年 ドイツのメイヤー画廊で初の個展(2年ごとに個展開催)。
2013-17年 パリのSpArts 画廊で2年ごとに個展。
2015年 チューリヒ コンテンポラリー アートフェア参加。