アクセス アクセス お問い合わせ お問い合わせ

クリスト

クリスト 絵画販売

翠波画廊では人気の作品を取り揃えております。

作品一覧よりご興味のある作品がございましたら価格などお気軽にお問い合わせください。

クリストの魅力

大規模プロジェクトでアートをつくる

クリスト

CHRISTO

年〜

版画やコラージュ作品を中心に

クリスト絵画販売サイトでは、コラージュやオリジナル版画まで幅広く取り揃え販売しております。絵画販売サイトに掲載されている絵画は、翠波画廊にご来廊いただければ、現品をご覧いただけます。

クリスト作品を数多く取り揃え、展示販売しています

セーヌ川にかかるパリ最古の橋「ポン・ヌフ」や、スイスのベルン市美術館など、大きな建造物に布をかぶせて「梱包」した作品で知られる、クリストと妻のジャンヌ・クロード(1935~2008年)。
1991年には、茨城県の田園地帯とカリフォルニア州の砂漠にそれぞれ千本以上の傘を点在させる「アンブレラ・プロジェクト」を実現させ、日本でも話題となりました。誰も真似できない独自のコンセプトで、大がかりなアートプロジェクトを実行するクリストは、現在も世界中で注目を集めています。
翠波画廊では、クリストがプロジェクト構想段階で制作している、コラージュや版画作品を中心に、仕入れを強化し、お客様にご紹介しております。

大規模なアートプロジェクトの裏には・・・

クリストとジャンヌ・クロードが制作する、公共の建造物や屋外を舞台にした大規模なアート作品には、行政や住民たちへ許可をとることが不可欠です。
そのためプロジェクトの実現までに数十年もの月日がかかることも。
クリストはプロジェクトの許可を得るには、相当な努力が必要だと語っています。
日本のアンブレラ・プロジェクトにおいても、民家一軒一軒をたずねて、住民と直接会話をしてこのプロジェクトの実現にこぎつけたそう。
また、美術館や企業から資金の援助を受けないクリストは、プロジェクトにかかる数億、数十億といった費用を、そのプロジェクトの完成図をコラージュやドローイングにした作品を販売することで、まかなっています。
実際のプロジェクトが見られる期間はわずか2週間程度。
慣れ親しんだ風景を変える、まぼろしのようなクリストの作品は、芸術とは何かということを改めて問い直しているのかもしれません。

クリスト略歴

CHRISTO

1935年ブルガリア(ガロヴォ)に生まれる。
ジャンヌ・クロード・デ・ギュボン、同年同月日、モロッコ(カサブランカ)に生まれる。
1958年二人はパリで出会い、この頃クリストは缶などの物体を梱包する作品を発表し始める。
1961年この頃より共同制作を始める。
1964年ニューヨークに拠点を移す。
1985年パリで「梱包されたポン・ヌフ」を制作。
1987年東京にて回顧展。
2020年5月31日、死去。

3つの購入特典

特典1

作品はすべて額装でお届け

特典2

配送時の保険・送料は
当画廊が負担

特典3

30日以内の返品受付、返品保証
※一部グッズについては対象外となります