fbpx
東京 アクセス 東京 アクセス 大阪 アクセス 大阪 アクセス お問い合わせ お問い合わせ

藤田嗣治(レオナール・フジタ)

TSUGUHARU FOUJITA

猫十態:ボールのそばでまどろむ仔猫

技法 銅版画
制作年 1929年
限定部数 100部
絵サイズ 28.7x35.4㎝
価格 SOLD OUT
この作家の作品一覧

作品について

猫十態:ボールのそばでまどろむ仔猫
「猫十態」

1920年代後半にかけて制作された作品で、猫の生き生きとした10種のポーズが描かれています。
国際的にも高い評価を得ている藤田の代表的な銅版画で、作品には自筆サインが入っています。
当時、最高質のシナ紙を西洋の紙に貼り付け、シナ紙の部分に銅版で刷られているため、シナ(チャイナ)・アップリケと呼ばれています。
藤田の鋭い観察眼と正確なデッサンによる動きのある表現がいかんなく発揮されています。

 
作品は、レゾネに準ずる作品集に掲載されているオリジナル版画を扱っております。

単品の版画でも気になる作品は、藤田嗣治の作品集の著者であり藤田嗣治の世界的権威シルヴィ・ビュイッソン氏に鑑定をお願いしています。

シルヴィ・ビュイッソン編纂の

カタログレゾネに準ずる作品集
(現在第3巻まで刊行)

 

 

シルヴィ・ビュイッソン編纂のカタログレゾネに準ずる作品集

第2巻に掲載(猫十態:ボールのそばでまどろむ仔猫)

 

藤田の鑑定家であり美術史家、藤田画集の著者

シルヴィ・ビュイッソンさんと。

 

藤田嗣治について詳しくはこちら >>

翠波画廊 3つの購入特典

特典1

30日以内の返品受付、返品保証

特典2

ご購入価格での下取り保証

特典3

配送時の保険・送料は
当画廊が負担

特典詳細はこちら>>