ジャン・コクトー
作品一覧

作品をもっと見る

 

 

詩のように劇的な芸術家ジャン・コクトー

1889-1963年

ジャン・コクトー作品を数多く取り揃え、展示販売しています

詩人であり、小説、評論、映画、舞台演出、陶芸、彫刻など多くの分野で才能を発揮したジャン・コクトーは、絵画にも優れ、油彩や素描、パステルや版画など、その才気煥発な線と色使いは多くの人を魅了し、今なお世界中で熱烈な愛好家に支持されています。そのため翠波画廊では多くのお客様にコクトーの作品をご紹介することができるよう、積極的に仕入れ、販売しています。

希少なパステルやデッサン、オリジナル版画など豊富に

翠波画廊にご来廊いただければ、ジャン・コクトーの現品をご覧いただけます。

鉛筆・紙

「頭を低く下げるスフィンクス」

貴重な鉛筆のデッサンです。ジャン・コクトー独特の世界観をお楽しみください。アニー・ゲドラス証明書付き。

リトグラフ

「雄牛:クレタ島の思い出」

1965年 37.5x28.2cm

「雄牛」シリーズからの一枚。様々な闘牛士が描かれている中、女性が目を惹く作品です。

ジャン・コクトーの作品は他にもございます。是非作品一覧をご覧ください。

作品一覧

 

「詩人は賞賛など求めてはいない。信じてもらいたいだけだ」

https://www.suiha.co.jp/wp-content/uploads/2018/10/d2162a529f4b769a3bebd65adf13b556.jpg

コクトーは、青年時代から社交界に出入りしていた才人で、ピカソやモジリアーニ、藤田嗣治など、20世紀初頭に活躍した芸術家たちと交流。その、レオナルド・ダ・ヴィンチを思わせるほどの万能ともいえる才能を早くから開花させました。
あらゆる分野に精通していたコクトーの芸術をはったりと呼ぶ人もいたようですが、彼の創作物に明確な秩序や筋道、理屈などが通用しないことが所以かもしれません。しかしながら、観る人を、体感する人を魅了するのは、そこにコクトーの詩的な神秘性が体現されているからなのでしょう。彼の人生、そして芸術は詩のように劇的であり、私たちは、ただ彼の作品から強烈な美のエネルギーを甘受するばかりなのです。

安心の返品保証

ご購入時の安心材料として、30日以内の返品受付、返品保証を行っており、
もしお部屋に飾って合わない場合は30日以内の返品を受け付けております。

ルオーのご購入をご検討の方

 

ご不明なことがありましたらスタッフが解決いたします。

お電話でもお気軽にご相談ください。

 

TEL:03-3561-1152
(平日土/10:00~18:00)

 

お問い合わせお待ちしております。

ジャン・コクトーの生涯

 

1889年 パリ郊外に生まれる。父ジョルジュには絵を描く趣味があった。
1898年 父ジョルジュがピストル自殺。中学校時代、図工の成績はよかった。
同級生のピエール・ダルジュロスは小説『恐るべき子供たち』のダルジュロスのモデルともいわれる。高校生時代には、学業には力を入れず、プルーストらと出会って文学に没頭するものの、大学受験に失敗し、進学を断念する。
1909年 自費にて最初の詩集「アラディンのランプ」を発表する。
ディアギレフのバレエ団を通じて、シャネルをはじめ多くの人と出会う。
1910年 ストラヴィンスキー、ピカソ、パヴァロヴァ、ロダンに出会う。
1914年 ブラック、ドラン、グリス、モジリアーニとの繋がりが形成される。
1917年 バレエ「パラード」をサティ、ピカソらと共同制作。
1918年 のちに六人組と呼ばれるプーランクらの作曲家を集めたコンサートを開く。
1909年 自費にて最初の詩集「アラディンのランプ」を発表する。
ディアギレフのバレエ団を通じて、シャネルをはじめ多くの人と出会う。
1910年 ストラヴィンスキー、ピカソ、パヴァロヴァ、ロダンに出会う。
1914年 ブラック、ドラン、グリス、モジリアーニとの繋がりが形成される。
1917年 バレエ「パラード」をサティ、ピカソらと共同制作。
1918年 のちに六人組と呼ばれるプーランクらの作曲家を集めたコンサートを開く。
1925年 素描の展覧会が初めてブリュッセルで開催される。
1926年 パリで開かれた「造形の詩」展で、さまざまな美術形式を試みる。
1929年 阿片の療養の中で小説『恐るべき子供たち』を執筆。
1930年 サン=クルーでの解毒治療の間に制作された素描をおさめた「阿片」出版。
映画『詩人の血』を撮影。ヌーヴェル・バーグの先駆けとなる。以後「美女と野獣」、「双頭の鷲」、「オルフェ」などを撮影。
1937年 ジャン・マレーと出会う。
1947年 エドゥアール・デルミット(後にコクトーの養子となる)に出会う。
1949年 レジオン・ドヌール勲章を与えられる。
1950年 画家としての制作を始める。サント・ソスピール荘の壁画を描く。
1953年 最初の心臓発作に襲われる。
1955年 アカデミー・フランセーズ、ベルギー王立アカデミーの会員に選出される栄誉に輝く。
1956年 オックスフォード大学より名誉博士号を贈られる。
ヴィルフランシュ・シュル・メールのサン・ピエール礼拝堂の壁画を制作。
1957年 アメリカの国立美術文学研究所名誉会員に選ばれる。マントン市庁舎の婚礼の間の装飾を依頼される。
58年にはパリのプラネタリウムに壁画を、59年にはミィ・ラ・フォレの礼拝堂の修復と装飾を行い、ロンドンの礼拝堂の壁画も制作。
1959年

コクトー モナコ公国

「モナコ公国」

「モナコ公国」

 

モナコ公国の依頼によって制作された作品で、旗には国章が描かれている。

 

「モナコ公国」作品詳細ページ >>

1959年

コクトー 頭を低く下げるスフィンクス

「頭を低く下げるスフィンクス」

「頭を低く下げるスフィンクス」

 

貴重な素描作品、アニー・ゲドラス証明書付き。

 

「頭を低く下げるスフィンクス」作品詳細ページ >>

1963年 ミィ・ラ・フォレで死去。病床で、親友でもあったエディット・ピアフの死を知り、その4時間後に亡くなった。

 

翠波画廊では、ジャン・コクトー作品の買取も行っております。コクトーの絵画・版画作品の売却をお考えの方は、ご相談ください。買取査定は無料です。メール、電話などお気軽にお問い合わせください。

 

 

 

ジャン・コクトー作品のご購入をご検討の方

 

ご不明なことがありましたらスタッフが解決いたします。

お電話でもお気軽にご相談ください。

 

TEL:03-3561-1152
(平日土/10:00~18:00)

お問い合わせお待ちしております。

ジャン・コクトー 略歴 JEAN COCTEAU

1889年 パリ郊外、メゾン・ラフィットに生まれる
1910年 ストラヴィンスキー、ピカソ、パヴァロヴァ、ロダンに出会う
1914年 ブラック、ドラン、グリス、モジリアーニとのつながりが形成される
1917年 バレエ「パラード」をサティ、ピカソらと共同製作
1919年 詩集「喜望峰」出版
1925年 素描の展覧会が初めてブリュッセルで開催される
1926年 劇「オルフェ」初演
1929年 阿片の療養の中で小説『恐るべき子供たち』を執筆
1930年 サン=クルーでの解毒治療の間に制作された素描をおさめた「阿片」出版
映画『詩人の血』を撮影。ヌーヴェル・バーグの先駆となる
1937年 ジャン・マレーと出会う
1947年 エドゥアール・デルミットに出会う。彼は後にコクトーの養子となる
1949年 レジオン・ドヌール勲章を授与される
1950年 画家としての制作を始める。サント・ソスピール荘の壁画を描く
1956年 ヴィルフランシュ・シュル・メールのサン・ピエール礼拝堂の壁画を制作
1959年 ミィ・ラ・フォレの礼拝堂の修復と装飾を行う
1962年 東京で大規模なコクトー展が開催される
1963年 ミィ・ラ・フォレで死去。病床で、親友でもあったエディット・ピアフの死を知り、その4時間後に亡くなった
  • 失敗しないために
    絵画の買い方・楽しみ方
    テキストプレゼント

  • 来店のご案内

    ぜひ画廊にお越しいただき、
    現品をご覧ください。

  • 無料進呈
    絵画の買い方・楽しみ方
    ガイドブック

  • 来店のご案内

    ぜひ画廊にお越しいただき、現品をご覧ください。

3つの約束

1.真贋に細心の注意をはらい、本物だけをお届け
海外の画家鑑定家とも直接連絡が取れる体制を整え、真贋のはっきりしたものだけを扱っております。
2.経験豊富な絵画コンシェルジュが満足の対応
購入にあたってのご要望や、ご不安なことも絵画コンシェルジュにお任せ下さい。
3.購入後も安心のアフターケアサービス
ご購入後の作品や額のトラブル、下取りなどもお気軽にご相談ください。