fbpx
アクセス アクセス お問い合わせ お問い合わせ

荻須高徳

荻須高徳の魅力

パリの日常風景に魅せられた画家

荻須高徳

TAKANORI OGUISS

年〜

荻須高徳作品を数多く取り揃え、展示販売しております

荻須高徳作品を数多く取り揃え、展示販売しております

文化勲章受章の洋画家、荻須高徳。
25歳で渡仏してから84歳で亡くなるまでフランスで暮らし、歴史の染み渡る古い石造りの建物やパリの裏町、名もない食品店などを描きました。
作品には人物がほとんど描かれませんが、画面の質感やそこに漂う空気感からは、不思議とそこに生きる人々の暮らしや息遣いが感じられます。
長年フランスに住み、創作活動を続けた荻須には、異邦人としてではなく、そこで暮らす生活者の視線が生まれていたのかもしれません。

日本国内の美術館にも多く収蔵され、近年その評価はますます高まっている、荻須高徳。
リビングや自室に飾りたいというお客様のお声も多いため、翠波画廊では肉筆から版画まで仕入れを強化し、幅広く取り揃えております。

本物だけを取り扱っております

本物だけを取り扱っております

翠波画廊では、荻須の長女である、荻須恵美子氏の鑑定書付きの油彩作品を取り扱っています。
版画作品は、カタログレゾネに掲載の作品を取り揃えております。初めて荻須作品を手にする方から、荻須作品を集めたいとお考えの方まで、安心して作品をお求めいただけます。(画像:エディション・ダ−ル・ド・フランコニ−刊のカタログレゾネ)

パリとベニスに魅せられた手

パリとベニスに魅せられた手

薄曇りに照らされたパリの裏路地や古い建物を好んで描いた荻須が、たびたび長期滞在をしては作品を描いた場所にベニスがあります。
パリとは対照的な明るい陽光の射す都市ベニス。
荻須はここでも豪華な宮殿や観光名所のような表向きの風景ではなく、古ぼけた赤い壁や流れる運河に瞬く建物など、人々の温かみを含んだ町の奥、裏側の空気に目を向けて多くの作品を描きました。
お知らせ一覧