アクセス アクセス お問い合わせ お問い合わせ

シルヴィ・ビュイッソン氏監修の2作目の作品がパリから届きました

藤田嗣治 版画「赤い帽子の少女」 “Fillette au chapeau rouge”

藤田嗣治作品集第4巻に掲載予定

250,000円(税別)

 

藤田嗣治 Leonard Foujita (1886~1968)

20世紀初頭にパリへ渡り、エコール・ド・パリを代表する画家として活躍し、世界的に認められた画家、藤田嗣治。渡仏後、社交的性格を活かしてピカソやモディリアーニなどの画家達と親交を深め、1919年には近代美術史上に大きな実績を残した画家の登竜門サロン・ドートンヌで初出品の6点が全て入賞するという快挙を成し遂げ、会員に推挙。20年代には、藤田作品のトレードマークともなる滑らかな下地の上に繊細な線と薄塗りで描いた作品がグラン・フォン・ブラン(素晴らしき乳白色)と絶賛され、画家としてのゆるぎない地位を確立しました。現代よりもっとヨーロッパが遠く感じられたであろう時代に、世界的画家として歴史に名を残した藤田の偉業は、日本の誇りであり、人々に夢と希望を与えてくれます。そしてその作品は現在も、日本、フランスのみならず、世界中の美術館に収蔵されており、高い評価と人気を誇っています。

「赤い帽子の少女」 “Fillette au chapeau rouge”

この作品は、藤田嗣治(レオナール・フジタ)の1952年に描かれた油彩の代表作「赤い帽子の少女」をもとに、藤田嗣治の世界的権威で、鑑定家であるシルヴィ・ビュイッソン氏の監修により、パリの歴史あるムルロー工房(現イデム・パリ)で制作されたリトグラフです。

シルヴィ・ビュイッソン氏監修作

シルヴィ・ビュイッソン氏は、藤田嗣治研究の第一人者で藤田嗣治の鑑定家(海外のオークション会社ではビュイッソン氏の鑑定書が付かなければ出品できません)であり、藤田嗣治のカタログレゾネに準ずる作品集も現在3巻まで編集発行しています。 今回の作品「赤い帽子の少女」は、シルヴィ・ビュイッソン氏が幾度となく工房へ足を運び、完成までに何度も色と質感を確認してくださったことにより、極めて完成度の高い作品として、世に送り出すことができました。特に、少女の髪や表情に見られる藤田にしか描けない繊細な線の正確な再現に務め、時間をかけて納得のいく色を追求し、完成に至りました。 シルヴィ・ビュイッソン氏監修・藤田嗣治のカタログレゾネに準ずる作品集第4巻の刊行が待たれますが、複製版画(エスタンプ)では、君代夫人が生前に制作した3作品と、ビュイッソン氏監修の作品のみが掲載予定です。

伝統あるイデム・パリ工房(旧ムルロー工房)で制作

イデム・パリ工房の前身であるムルロー工房はパリのモンパルナスで1880年から続く伝統あるリトグラフ工房です。第2次世界大戦後、物資が不足する中、ムルロー工房に行けば冬でも暖かく快適な環境で仕事ができるとピカソ、マチス、シャガールなど今では巨匠と呼ばれる画家達が工房に集まってリトグラフ作品を手がけました。その後もムルロー工房の確かな技術をたよってビュッフェ、カシニョール、カトラン、ブラジリエなど有名画家が数多くのリトグラフ作品を制作しています。今日ではイデム・パリと名前こそ変わりましたが、伝統に裏打ちされた確かな技術に変わりはなく、 世界中から画家が集まり、リトグラフ作品が作られ、世に送り出されています。 藤田嗣治のエスタンプを制作するというのは、イデム・パリ工房では二度目でしたが、今回の作品は14色14版を使うことで、本来の油彩の繊細な線や複雑で深い色調を克明に再現しています。フランスには他にもいくつかのリトグラフ工房がありますが、一流のリトグラフ職人を抱えるイデム・パリならではの仕事です。他の工房では絶対できない仕事です。

 

証明書
シルヴィ・ビュイッソン氏の直筆署名、 限定部数入り証明書を添えて
エンボス部分のアップ
作品左下には限定部数とA.D.A.G.P(フランス著作権協会) 承認刻、イデム・パリ工房印入り。
原画から写された 版上サイン

 

 

お問い合わせはこちらから >>

 

藤田嗣治作品一覧はこちら >>

 

作品や絵画購入について、ご質問やご相談などございましたら
お気軽にお問い合わせください。

 

~ 私たちにできること ~

1. 絵画購入のご相談

絵画購入について、ご質問やご不安なことはお気軽に翠波画廊にご相談ください。お支払いは、クレジットカード・お振込み・代引きなどからお選びいただけ、さらには10回分割無金利のサービスもございます。30日以内の返品保証があるので、初めての方も安心。作品はすべて額装でお届けし、配送時の保険・送料は私たちが負担させていただきます。

 

2. お部屋に合わせた絵画のご提案

「この部屋のこの場所にあう絵を探している」そんなご相談も承ります。サイズやお部屋の雰囲気、ご予算のご希望などお知らせください。1,000点以上の豊富な在庫作品から、あなたのお部屋にぴったりの1枚をご提案させていただきます。まずはお気軽にお問い合わせください。

 

3. 絵画を使った節税対策

2015年度から美術品に関する税制が変わり、取得価額が100万円未満の美術品が償却資産に出来るようになりました。経費での絵画購入をご検討の場合は、まずは翠波画廊にご相談ください。購入後の流れ、売却なども視野に入れた具体的な内容をアドバイスします。

 

お電話、メールでもお気軽にお問い合わせください。

TEL:03-3561-1152(平日土/10:00~18:00)

メール:info@suiha.co.jp