モーリス・ユトリロ
作品一覧
MAURICE UTRILLO

ユトリロの希少な油彩画やグワッシュ、生前のオリジナル版画や挿画本からの作品などを取り揃えご紹介しております。
真贋には細心の注意を払ってお客様にご案内しております。掲載作品は翠波画廊で現品をご覧いただけます。

カタログ無料進呈 作家作品情報を掲載したカタログを無料進呈中です。
メールマガジン配信 メルマガ限定の特別案内などを配信中。登録・購読は無料です。 イヌメポストカードプレゼント中!

作品カテゴリー一覧

1 / 5123...最後 »


パリの街を詩情豊かに描く人気作家

 

エコール・ド・パリの画家たちの中でも最も早く、すでに大正末期には日本に紹介され、これまで多くの展覧会が開催されるなど、パリの街を詩情豊かに描くユトリロは今なお強く愛され続けています。

翠波画廊では希少な油彩画やグワッシュ、生前のオリジナル版画や挿画本からの作品などをご紹介しております。

本物だけを取り扱っております

故ジャン・ファブリス氏と後継者の
セドリック・パイエ氏

油彩やグワッシュなどの肉筆画は、鑑定書付きのものだけをご紹介しております。

ユトリロの原画は、ユトリロの著作権継承者であり、鑑定家でもあったジャン・ファブリス氏が201511月に亡くなってからは、長年ファブリス氏の秘書を務めたセドリック・パイエ氏が後継者として鑑定を引き継いでいます。

晩年ファブリス氏は、セドリック氏と二人で意見をすり合わせ、時には見解の相違を
話し合うなどして連名で鑑定書を書いていました。

f virutanu-zunokyoukai「ヴィルタヌーズの教会」油彩 15号

故ジャン・ファブリス氏と後継者のセドリック・パイエ氏連名の「ヴィルタヌーズの教会」鑑定書

 

 

生前のオリジナル版画や挿画本からの作品も多数ご紹介しております

 

故ジャン・ファブリス氏編纂のカタログレゾネに準ずる作品集

カタログレゾネについて>>

挿画本とは>>

 

 

翠波画廊では、ユトリロ作品の買取も行っております。ユトリロの油彩、グワッシュ、版画作品の売却をお考えの方は、ご相談ください。

買取査定は無料です。メール、電話などお気軽にお問い合わせください。

ユトリロ買取専門ページ >>

 

toiawase_re

絵画選びは翠波画廊スタッフにご相談ください

 

お部屋に何か作品を飾りたいのだけど初めてで選び方がわからない方、贈り物にどのような絵を選んだら良いのだろうなど、お客様の疑問や不安などを懇切丁寧に解消し、安心してお買い求めいただけるよう経験豊富なスタッフが精一杯お手伝いさせていただきます。

まずはお気軽にお問い合わせください。

 

お問い合わせはこちら >>

 

モーリス・ユトリロ 略歴
MAURICE UTRILLO

1883年 12月26日、マリー=クレマンティーヌ・ヴァラドン(シュザンヌ)の息子としてパリ18区ポトー通り8番地で生まれる。
1898年 コレージュ・ロランに入学するが、中退、職を転々とする。
1904年 アルコール中毒のため、パリのサン=タンヌ病院に入院する。4ヶ月後、モンマニイの家に移り、最初はデッサン、その後本格的に絵を描き始める。

190408 モンマニ―時代

1905年 特にモンマニーとパリのセーヌ河岸を描く。
1908年

印象派(シスレー、ピサロ)の影響を受け、糊や砂とともに石灰石やセメントを黒、ジンクホワイト、イエローオーカー、ウルトラマリン、マッダレーキといった限られた絵の具に混ぜてマチエールを創る。

1909年

作品が初めて画商のルイ・リボードに売れる。

191014 白の時代

1910年 カッペルレ兄弟とポール・ガリマールがユトリロの作品を複数買う。
1914年

3月2日、ホテル・ドルオーでの競売会「熊の皮」で、ユトリロの作品が初めて高値で売れる。パリのモン=スニ通り33番地でカフェを経営していたゲイ親父の所に泊まり数週間で数点の傑作を制作。「白の時代」の絶頂期。

1919年

ユトリロの重要な作品による展覧会がパリのルプートル画廊で開かれる。

192055 色彩の時代

1921年

サンテ刑務所に未決勾留される。モンマルトルの丘への立ち入りを禁じられ、家族は彼をボージョレーに連れていく。葡萄園主の家でアルコール中毒の治療。フランシス・カルコが、ヌーベル・フランセーズ社から27点の絵とデッサンの図版が入ったユトリロについての研究書を出版する。

1922年

「色彩の時代」の入り口にあって、奥行きのあるハイパーリアリズムを試み始める。今までで最も強い線が、懸命に自分を奮い立たせよう、構築しようとするユトリロの衰えつつある気持ちを暗示している。

1925年

セルゲイ・ディアギレフのロシア・バレエ団のために舞台装飾をする。

1928年

8月1日、レジオン・ドヌール勲章シュヴァリエ章と教育功労章を授与される。

1935年

4月8日、リュシー・ポーヴェルと結婚式をあげる。

1938年

4月7日、シュザンヌ・ヴァラドンが死去する。

1955年

10月17日、パリ市から金メダルを授与される。テルトル広場で、サシャ・ギトリィ監督の映画「もしパリが私に物語っていたなら」に出演する。

11月5日、モーリス・ユトリロはダックス(ラーンド県)で死去する。

 

ご購入にお得な3つの特典

  • 特典1
    作品はすべて額装でお届け
    作品に相応しい額を付けていますがご希望があれば交換も可能です。
  • 特典2
    配送時の保険・送料は当画廊が負担
    お客様のもとへ作品が届くまでの費用は一切かかりません。
  • 特典3
    30日以内の返品受付、返品保証
    お部屋に飾って合わない場合は30日以内の返品を受け付けております。

※分割払いをご希望の場合は、10回まで無金利でご利用いただけます。

ご購入・絵画販売について

来店のご案内

ぜひ画廊にお越しいただき、現品をご覧ください。

展示会等に出品中で、作品等が店頭にない場合がございます。
ご希望の作家、作品がございましたら、事前に電話やメールにてお問い合わせください。

アクセス