商業的意味としての版画制作

絵画の買い方・選び方
絵画全般
版画について

多くの画家が手間暇のかかる版画制作に意欲的に取り組んだのは、もうひとつ重要な理由がありました。画家が絵描きとして成功するということは絵が売れるということです。さらにそれが確たるものとなるためにはセカンドマーケット(一般的にはオークション)で換金できるようになることです。作品が換金価値を持つということは需給関係が成り立ち市場での流通性を持つということです。流通市場に流れた作品は作家の活動歴によって画家の評価が高まれば値段も上がっていきます。また値段が上がることで作品が活発に取引され、それによって知名度が上がっていくという相乗効果が生まれます。そのためにもセカンドマーケットができた画家の場合市場に流通させる作品が多いほうが有利になります。原画は一度にたくさん作ることはできませんが版画は一度にたくさんの作品を作ることができます。当然、版画は版画で愛好家やコレクターがいますから流通市場が有り、先程の条件を十分満たしてくれます。

 

 

絵画選びは翠波画廊スタッフにご相談ください