fbpx
東京 アクセス 東京 アクセス 大阪 アクセス 大阪 アクセス お問い合わせ お問い合わせ

絵画の飾り方

「絵画は壁に飾られるために描かれる。違うかね?」
19世紀終わりに絵画革命を起こした印象派のルノワールの言葉です。どのような絵も、ルノワールが言うように、部屋に飾って初めて意味を持ちまた生きてきます。
一枚の絵を飾るだけで部屋が明るく華やぎのある空間になる事があれば、また反対に落ち着いた上品な空間にもなります。
ぜひ、絵を飾って部屋の模様替えをしてみてください。

日本の場合、絵を飾るような広い壁がない、という住宅事情から絵を飾りにくいと考えられている方がいらっしゃるかもしれません。ですが、そんなに広い壁がなくても、ちょっとしたスペースに絵を1点飾る事で、見違えるように生き生きとした空間に生まれ変わります。

昔から日本の家には床の間があり、その時の時節に合った絵を飾り季節感を楽しんでいました。今の家は冷暖房が完備されていて、室内にいると季節感を感じにくくなっています。
季節に合った絵を飾って季節感を楽しんでみてはいかがでしょうか。

絵を飾る高さ

絵を飾る場合の高さについてお客様からよくご質問を受けます。
もともとの日本家屋では壁が少なく、書や写真を欄間に飾っていたため、またそれを記憶しているせいか一般的に高めに飾る傾向があるように思います。しかし、絵を飾る場合の高さに決まりはありません。邪魔にならず、見やすい位置に飾ってください。
何もない壁に飾る場合は、人が立ったときの目線の位置に絵のセンターにくるようにかけると、絵が見やすくなります。

飾る場所と絵の大きさ

飾る壁の広さが同じでも版画は大きめのサイズを、油彩は少しまわりにゆとりを持たせて飾る事をお勧めします。

版画や水彩画などの紙作品の場合

画面の凹凸も少なく、シンプルな厚みのない額を付けるのが一般的です。ですので、壁いっぱいに飾ってもそれほど窮屈な感じはしません。
むしろその特性を生かして少し大きめのサイズを飾ってみましょう。

油彩の場合

絵自体の質感がしっかりしており、それに合わせた額の幅、厚みがしっかりとした重厚な額が付いています。そのため、まわりにゆったりとした空間を取ってやらないと、窮屈な感じがして絵が映えません。周りに余白を取って、壁にワンポイントといった感じで飾ってみてください。

お部屋を広く見せる絵

寒色(青色系)の色は後退色と呼ばれ、遠くに後退して見えます。何もない壁がありましたら寒色系の絵を飾ってみてください。特に寒色系の風景画を飾ると窓ができたかのような開放感が得られ広がりのある空間が生まれます。

空間を華やかに演出する絵

空間を華やかに演出したい場合は少し派手すぎるくらいの暖色系の作品を飾ってみてください。暖色(赤、黄、オレンジなど)の色は進出色と呼ばれ、こちらに迫ってくるように見え存在感を主張します。たった1枚の絵を飾ることで華やぎのある楽しい空間が生まれます。

玄関にふさわしい絵

お客様を最初にお迎えする場所ですので絵を通して話が弾むような誰もが知っている有名画家や話題になりそうな楽しい絵を飾ってみてはいかがでしょうか。
最初にお客様をお迎えする場所に飾ってある絵は意外に印象に残るものです。お客様にさり気なくセンスを見せましょう。

お部屋別絵画の選び方 各お部屋ごとにお勧めの絵をご案内いたします。
 お客様のお部屋紹介  翠波画廊でご購入いただいたお客様のお部屋写真をご紹介!
 取り扱い作家一覧  翠波画廊にて販売中の作品を掲載しております。

絵画を購入するとき、不安になることはございませんか?

翠波画廊では 新入荷作品情報、 お買い得の特別価格作品情報、知ってて得するアートコラム など、
メルマガ登録いただいたお客様にお届けしています。

ぜひ無料メルマガにご登録ください。

※半角英数でご記入ください。

プライバシーポリシーはこちら

私たちにできること

1

絵画購入のご相談

些細なこともお気軽にご相談ください。
30日以内の返品保証など
安心のサービスをご用意

2

お部屋やご予算に合わせた
絵画のご提案

お客様のご要望をお伺いし、
1,500点以上の豊富な作品から
最適な一枚をご提案いたします。

3

絵画を使った節税対策

経費で絵をご購入の方へ、
作品のご提案から購入の流れまで
ご案内いたします。

絵画を買って節税?

絵画購入をご検討でしたら、
翠波画廊にご相談ください。

お問い合わせ

TEL : 03-3561-1152

平日・土 10:00〜18:00(日祝休)