絵画のメンテナンス

絵画の買い方・選び方
絵画全般
版画について

大切な絵画を長く保つための飾り方

大切な絵画は、長く、よい状態で飾りたいものです。
しかし、特に版画の作品を長く飾っている場合に起こりやすいのが「紙焼け」や「退色」です。また、高温多湿な日本の気候では、湿気のために「しみ」や「カビ」が発生する危険も高いです。出来てしまったしみやカビなど、作品の状態によっては修復をすることも可能ですが、元通りにすることは難しく、費用もかかります。こうしたダメージは大切な作品の価値を損なうことにもなりますので、予めの注意が必要です。そこで、ご家庭で絵画を飾るとき、保管するとき、気をつけたいポイントをお伝えします。

 

額装

紫外線によるダメージを防ぐには、額装の際にUVカットアクリルを使用すると安心です。通常のアクリルにくらべて1.5~2倍ほどの費用がかかりますが、大切な作品をよい状態に保つためには有効な手段です。また、額裏を密封した状態に額装しておけば、湿気対策となります。

展示場所

展示場所にも配慮しましょう。直射日光が当たるところや、水周りなどの水と接触する危険があるところ、湿度が高くなりやすい場所は避けましょう。美術館などでの理想的な温湿度はだいたい18〜20℃、湿度50〜60%ほどとされていますが、家庭ではそこまで厳密な湿度管理はなかなか難しいと思いますが、美術品は急激な温湿度の変化に弱いということを念頭にご配慮いただき、長くよい状態で楽しんでいただければ幸いです。

その他の注意点

そのほか、作品を固定する中性紙コーナーテープの粘着力が経年変化で弱まってシートがずれてくることなどもあります。この場合には、額を開けて作品を固定し直す作業が必要になります。

作品のお手入れ方法

美術品をお持ちのお客様から、「額装掃除の仕方を教えて欲しい」とお問い合わせを多数頂いております。

 

額装の掃除

◆埃を取りましょう
額掃除でまず行って頂きたいのが、額に付いた埃を乾いた布でそっと取ることです。布は柔らかい素材を使って額を傷つけないことが重要です。この時、安全の為に額を壁から外して作業を行うようにして下さい。

 

「カラ拭きだけで大丈夫でしょうか?」という不安な思いもあるかもしれませんが、額装の仕様は、金箔や金泥、漆を用いたものや、木に塗装を施した額など様々あるので安易に洗剤などを使うと色が落ちてしまいます。そのため、汚れが酷くならないように時々カラ拭きを行い表面の汚れを取りましょう。

 

◆ガラスかアクリルか確認しましょう
画面を保護している、ガラス・アクリルは時々掃除が必要です。
はじめに、ガラスかアクリルなのかを判断して、ガラスでしたら市販のクリーナーを使用して拭いて下さい。クリーナーは付け過ぎず、枠に飛ばないよう布に付けてから作業を行って下さい。

 

近年、割れる恐れがあるガラスをアクリルへ変更するお客様が増えておりますので、ご所有の美術品、ガラスでしたら安全の為にご検討をお勧め致します。
アクリルでしたら軽く表面の掃除を行い、時には少し濡れた布で拭いてみて、それでも汚れが落ちない場合は洗剤を薄めて布に付けて汚れを落として下さい。この時のポイントは縦・横と拭くことです。アクリルは傷つき易く、柔らかい布でも注意が必要で斜めに掃除すると 細かい傷が目立つようになりますので 縦横を心がけて下さい。
汚れが酷くなったら、専門の額装店へご相談下さい。弊社でお買い上げいただいた作品につきましては、翠波画廊でもご相談を承っておりますのでご連絡ください。

軸装のリフォーム

「掛け軸のリフォームは出来ますか?」とご質問をいただくこともあります。
軸装は比較的簡単にリフォームすることが出来ます。

 

◆表装の打ち替えとは?
ヨレヨレになった掛け軸の裏の紙を、新たな紙に貼り替えると見違えるような綺麗な軸装に生まれ変わります。
表具店ではこれを<打ち替え>と呼び、表側の表装はそのままで裏側の紙を貼り替える作業を行います。
軸装の裏には3枚~4枚の紙が貼られており、その一番外側の紙は比較的薄い糊を用いているので、濡らすと捲れるようになっています。
捲ったのちに、新たな紙を貼って乾かすとヨレヨレだった表装が新品のようにまっすぐになります。これで「掛け軸のリフォーム」の完成です。
およそ一か月の作業時間で、表装は仕上がります。
裂(きれ)の交換をしないので、費用も比較的安く行うことが出来ます。

 

◆表装の新調とは?
また、掛け軸の裂を交換して、全体を新しく仕上げることは<新調>と呼ばれております。裂を金襴などの高級品を用いると費用は高額になっていきますが、絵を引き立てる綺麗な表具に生まれ変わります。

 

軸装を額装へ

ご所有の掛け軸を額装へ代えるお客様も増えてきました。
よくお聞きするのが「軸の作品を額装へ変更できるのですか?」という素朴な疑問です。勿論可能です。
額装作品も絵の具が厚塗りではない場合は、反対に軸装にも変更は出来ます。
近年、軸装を触るのを苦手とするお客様が増えてきたり、住宅事情や軸の管理が難しいという理由で額装へ替えたりというケースが増えてきました。額装は、画面を保護できるアクリルが入っているのが安心出来る要素の一つで、またシミやカビ対策にも効果があります。
額のデザインも和風から近代的なシルバー調など様々で、イメージ、額代もご予算に応じて様々な選択が可能です。

絵画の修復

ただどんなに注意していても、年月を重ねると退色したり、長く押入れ等に収納されている場合、湿気などによってシミやカビが出てしまったりします。
日焼けしてしまった絵画の「ヤケ抜き」、湿気やカビの影響を受けてシミが出てしまった絵画の「シミ抜き」、そして額や絵を覆うアクリル板が破損してしまった絵画の「額交換」など、弊社にてお買い上げいただきました絵画のメンテナンスについてもご相談を承っておりますので、気になるところがございましたらお気軽にご連絡ください。

◆参考修復価格
「ヤケ抜き」、「シミ抜き」などは、小さな作品で3万円〜

 

額装の修理

◆洋画の額装◆

修理には、石膏素材か木の素材か見極める必要があります。

 

「石膏素材の額」
多くの洋額は、額の型に石膏を流し込み作られており、この額の修理は専門額装店で行われております。額にヒビやワレが発生した場合にはそこを埋めて金系の塗装を施して作業を進めます。難しいのは、枠の一部が破損してなくなっているケースです。破損しているデザインの型が見つかれば良いですが、特殊な型は復旧するのが困難となります。もし、不注意で破損してしまったら取れた欠片は必ず保管して、修復の際に額と一緒にお預けください。

 

「木の手彫りの額」
今はあまり制作されていないので大変貴重で、欧州等から輸入されて時代が経過している額はそれだけで高額の値が付きます。この額は修復するのは困難です。木の風合い手彫りの素晴らしさを再現するのは、難しいので、額の状態にもよりますが修復の際には実際に見てからの判断となります。

 

◆日本画の額装◆

修理には、まず額の形状を確認してそれぞれの専門の額装店での修復になります。

 

「木枠の額」
おおむね内側に金枠を用いていますので、その枠が金箔押し(木枠に金箔を貼り付けている)高価な額な修復代と一か月近い作業日数がかかるので注意が必要です。金の塗装ですと比較的安く短期間で修復が出来ます。

 

「シルバー調の額」
外枠がステンレス製で、中のマットはシルバーの塗装が施された近代的な額装で、東山魁夷画伯、高山辰雄画伯など多くの著名画家が用いています。
マットの傷や、塗装の剥がれなどの修復は傷を埋めて塗り直しの工程を行って直しますのでお問い合わせのお連絡を頂ければと思います。

 

「金色の枠の額」
全体に金色を用いた、色鮮やかな額は平山郁夫画伯が好んで自身の作品を入れていました。この額は取扱いが難しく不注意で傷になりやすいので、修復を行うケースが多くあります。酷い傷ではなかったら上から塗装を行い数週間で作業は完了すると思われます。
額装店も様々で、それぞれ専門分野の額装を制作しておりますので、額にあった修復を行います。

 

修理代金は、額の形状によって高くなるケースや比較的安く出来る場合など様々です。翠波画廊では弊社でお買い上げいただきました作品については、額装店から見積もりを取ってから正式な修理を承りますので、修理を希望される方々より好評を頂いております。額装のメンテナンスでお困りの方はお気軽にご相談ください。

 

※作品の形状によってはお受けできない場合もございますこと、あらかじめご了承ください。迷われた場合は、まずお問い合わせください。

 

絵画選びは翠波画廊スタッフにご相談ください

お部屋に何か作品を飾りたいのだけど初めてで選び方がわからない方、贈り物にどのような絵を選んだら良いのだろうなど、お客様の疑問や不安などを懇切丁寧に解消し、安心してお買い求めいただけるよう経験豊富なスタッフが精一杯お手伝いさせていただきます。

 

まずはお気軽にお問い合わせください。

 

お問い合わせはこちら >>