アートコラム

画家の子どもは画家になる?

2019/03/19

昨今、遺伝学の研究が進み、耳が良いとか目が良いとかの身体的な才能に、遺伝の影響が強いことがわかってきました。
実際に、アスリートやミュージシャンには、親もまたアスリートやミュージシャンである人が少なくないものです。
例えば、世界大会16連覇でギネス世界記録を持つ女子レスリングの吉田沙保里選手の父親は、やはり全日本選手権での優勝経験のあるレスリング選手でした。
日本国内の歴代アルバムセールスランキングで1位の記録を持つ宇多田ヒカルの母親が、一世を風靡した演歌歌手の藤圭子であることも周知の事実です。
クラシックの世界でも、モーツァルトやベートーヴェンの父親は音楽家でしたし、ヨハン・シュトラウスやバッハのように、代々音楽家になる家系も珍しくありません。
では、画家の世界は、どうなっているのでしょうか?

 

昔は職業選択の自由がなかった

親子の画家として最も有名なのは、16世紀オランダのピーテル・ブリューゲルでしょうか。
父親のピーテル・ブリューゲル(大)は、バベルの塔などの歴史絵や農民を描いた絵画で知られ、長男のピーテル・ブリューゲル(小)も、父親譲りの農民絵画で有名です。

 

ピーテル・ブリューゲル(大)「バベルの塔」

ピーテル・ブリューゲル(小)「収税人のオフィス」

親子だけではなく、ブリューゲル家はその後も多くの画家を輩出し、画家の家系と言われました。例えば、ピーテル・ブリューゲル(小)の弟であるヤン・ブリューゲル(大)や、その子どもたちも画家として活躍しました。

 

当時のオランダでは画家は家業であり、ブリューゲル一家だけでなくフランス・ハルスの一家も、5人の子どもが画家となっています。フランス・ハルスは、オランダの紙幣にも肖像が使われた国民的画家です。

 

フランス・ハルス
「ハールレムの聖ゲオルギウス市民隊幹部の宴会」

ハルメン・ハルス
「農家の結婚式」

 


無料進呈中!
絵画購入で失敗しないための
「絵画の買い方・楽しみ方」テキスト

・絵を初めて買ってみようとお考えの方
・絵画コレクションをより充実させたい方

絵画購入の前に、疑問や不安を解決しませんか?

 

カタログ請求はこちら


 

 

幼少期から英才教育を受けた

一族で画家となるのは、才能が遺伝で受け継がれるだけでなく、幼少期からの成育環境も大きく影響しています。日本でも15世紀の狩野正信に始まる狩野派は、代々絵師の家系として有名になりました。
中でもよく知られているのは、室町幕府8代将軍足利義政に仕えた狩野正信と、その息子の狩野元信、大阪城の襖絵を描いたひ孫の狩野永徳、江戸城を担当したひひひ孫の狩野探幽などです。

 

その他に日本で有名なのは、葛飾北斎と葛飾応為(お栄)の親子です。北斎には二男四女がありましたが、画家になったのは三女のお栄だけでした。絵師に嫁したお栄でしたが、離縁されたために父・北斎の下に戻り、公私に渡って北斎の世話をしながら自らも絵を描きました。親譲りの画才は、北斎も認めるところだったそうです。北斎親子の生活は、アニメ映画化もされた漫画『百日紅』(さるすべり)や、直木賞作家・朝井まかての小説『眩』(くらら)に、活き活きと描かれています。
2019年3月24日まで森アーツセンターギャラリーで開催されている『新・北斎展』は、初公開作品を含む約480点を展示して約70年に及ぶ北斎の画業の全貌に迫っています。

 

葛飾北斎
『千絵の海』「総州銚子」

葛飾応為
「吉原格子先之図」

浮世絵の親子絵師といえば、河鍋暁斎(かわなべ・きょうさい)と河鍋暁翠(とよ)の親子もいます。河鍋暁斎は北斎よりも100年ほど後の浮世絵師で、江戸時代から明治時代にかけて活躍しました。暁斎の晩年の子供であったとよは、父から手ほどきを受けて絵師になり、女子美術大学が開校すると初の女性教授になりました。

 

これら前近代においては、家業として絵画の制作を行う傾向が強かったため、必然的に親子の画家が多くなります。しかし、近代になって個人がクローズアップされると、親と同じ仕事に付く必要はなくなります。そのため、探してみると意外とその数は少ないのです。親子で画家の例はいくらでもありますが、どちらも有名になるのは難しいのでしょう。

 

近現代の有名な画家親子とは?

例外的に日本でよく知られている親子画家がいます。上村松園(うえむら・しょうえん)、上村松篁(しょうこう)、上村淳之(あつし)の三代にわたる日本画家です。女性初の文化勲章受章者の松園に続き、息子の松篁も文化勲章を受章、孫の淳之は文化功労者に選出されています。彼らのコレクションは奈良県の松伯美術館にまとめられていて、一度に見ることができます。

 

上村松園「序の舞」

上村松篁「秋野」

上村淳之「寒日」

フランス近代絵画で親子画家として有名なのが、シュザンヌ・ヴァラドンとモーリス・ユトリロです。私生児として生まれたユトリロは、母親とは違う姓で知られていますが、れっきとした親子です。

 

シュザンヌ・ヴァラドン
「モーリス・ユトリロの肖像」

モーリス・ユトリロ
「幻の村:ラパン」

血のつながった親子ではありませんが、義理の親子同士で画家という例もあります。フランスの画家ベルナール・シャロワの長男ジャン=クロード・シャロワは、女性画家エメと結婚しました。婚姻でエメ・シャロワになった彼女は、ベルナール・シャロワの義理の娘になったのです。

 

ベルナール・シャロワ
「初めてのデート」

エメ・シャロワ
「窓辺の猫」

親子とは不思議な関係で、慣れ親しんだ親の仕事を継ぎたいと思う親近感もあり、偉大な親と比べられるのは不愉快だという独立心もあり、一筋縄ではいかないものです。
印象派の画家ルノワールの3人の息子は芸術分野に進みましたが、俳優、映画監督、プロデューサーと、絵画ではなく新しい映像分野を選びました。そのうちの一人ジャン・ルノワールは、フランスを代表する映画監督として、父親に勝るとも劣らない名声を得ました。
画家アンリ・マチスの息子ピエール・マチスは、ニューヨークに渡って画商として成功しました。同じ絵画でも、制作ではなく販売に回ったのです。父親の遺産を上手に活かした例と言えるでしょう。
さて、あなたのお子さんはどんな道を選ぶでしょうか?

 

 

芸術はよくわからない、アートは難しいなどと思っていませんか?

絵画の価格はどうやって決まるのか、画商の視点でわかりやすく解説。
読後はアートを身近に感じて美術館に行ってみたくなるはずです。

 

「値段」で読み解く 魅惑のフランス近代絵画

 

単行本:302ページ
出版社:幻冬舎
著者:髙橋芳郎

 

価格:1,400円(税別)
全国有名書店、amazonでもご購入いただけます

 

amazonページはこちら >>

 

翠波画廊でも発売中! ※通常配送料無料

新聞、雑誌でも紹介されました!

「サンデー毎日」

本とのふとした出会いで幼いころの自分を思い出す
幼いころ、絵画鑑賞が趣味だった母に連れられて、よく展覧会を訪れた。・・・

「月間アートコレクターズ」

世に美術市場を扱った書は数あるが、印象的なタイトルと装丁家として日本を代表する鈴木成一の手になる雰囲気ある装丁の本書は、翠波画廊を構える髙橋氏の書き下ろし。・・・

「北日本新聞」

セザンヌ、モネ、ルノワールやゴッホ、ピカソ、シャガールら近代美術の巨匠たちの絵の値段について考えたことはあるだろうか。・・・

 

 


無料進呈中!
絵画購入で失敗しないための
「絵画の買い方・楽しみ方」テキスト

・絵を初めて買ってみようとお考えの方
・絵画コレクションをより充実させたい方

 

絵画購入の前に、疑問や不安を解決しませんか?

 

カタログ請求はこちら

 

 

絵画購入をご検討でしたら、 翠波画廊にご相談ください。

~ 私たちにできること ~

1. 絵画購入のご相談

絵画購入について、ご質問やご不安なことはお気軽に翠波画廊にご相談ください。お支払いは、クレジットカード・お振込み・代引きなどからお選びいただけ、さらには10回分割無金利のサービスもございます。30日以内の返品保証があるので、初めての方も安心。作品はすべて額装でお届けし、配送時の保険・送料は私たちが負担させていただきます。

 

2. お部屋に合わせた絵画のご提案

「この部屋のこの場所にあう絵を探している」そんなご相談も承ります。サイズやお部屋の雰囲気、ご予算のご希望などお知らせください。1,000点以上の豊富な在庫作品から、あなたのお部屋にぴったりの1枚をご提案させていただきます。まずはお気軽にお問い合わせください。

 

3. 絵画を使った節税対策

2015年度から美術品に関する税制が変わり、取得価額が100万円未満の美術品が償却資産に出来るようになりました。経費での絵画購入をご検討の場合は、まずは翠波画廊にご相談ください。購入後の流れ、売却なども視野に入れた具体的な内容をアドバイスします。

 

 

お電話、メールでもお気軽にお問い合わせください。

TEL:03-3561-1152(平日土/10:00~18:00)

メール:info@suiha.co.jp

 

 

コラム一覧に戻る