fbpx
東京 アクセス 東京 アクセス 大阪 アクセス 大阪 アクセス お問い合わせ お問い合わせ

友人が描いてくれた絵であっても気に入らない?
~ドガもマネも意外と気難しい

肖像画を描くのは難しいものです。
写真ではない以上、そこにはどうしても画家の主観が表れるからです。
あなたに画家の友人がいて、その人があなたの肖像画を描いてくれたとしましょう。
その絵が気に入らなかったとき、あなたは描き直しを要求できますか?
それとも黙ってにっこり受け取って、そっと物置にしまいますか?
かつて19世紀のフランスで、とある人が、友人の画家に肖像画を描いてもらいました。
ところが、できあがった絵の右側部分を気に入らなかったその人は、描いた画家に告げずにこっそりその絵を切って、左側だけを飾っていました。
やがてその事実は、絵を描いた画家本人の知るところとなります。

 

依頼人の感情・・・その真相は?

切り裂かれた絵を見た画家は怒ってその絵を持ち帰ったと言われています。
この話に出てくる、絵を描いた画家の名前はドガ。
モデルになった人もまた画家で、名前はマネ。
どちらも美術史に出てくる有名な画家で、若い頃からの友人同士でした。
いったいなぜそんなことになったのでしょうか。

 

ドガ「マネとマネ夫人像」1868-1869

その理由は、マネ夫人のシュザンヌにあります。
実は、マネが切り取った部分にあったのは、ピアノを弾くシュザンヌの顏でした。
現在は、北九州市立美術館にあるこの絵の右側は、一度切り取ったキャンバスを継ぎ足したかたちになっています。
それにしても、いったいマネは絵のどこが気に入らなかったのでしょう。
当時、マネ自身が、ピアノを弾くシュザンヌを描いているので見てみましょう。

 

ドガ「マルグリット・ドガの肖像」(翠波画廊取扱い作品)

ドガはリアリスト

マネ夫人のシュザンヌはややふくよかな体型をしていましたが、それが気にならないくらい良い感じに描けています。愛する自分の妻なのだから、美しく描くのが当然です。
リアリストのドガは、もしかするとシュザンヌをあまりきれいに描かなかったのかもしれません。実際、ドガの絵の中のマネも、とうていイケメンには見えません。
ちなみに、マネ自身の自画像は次のようなものです。
描いた時期が10年違うとはいえ、ドガの描いたものとは、だいぶ印象が異なって堂々としています。

 

マネ「自画像」1878-1879

写真だと次のようになります。どちらかといえばドガの絵のほうに似ていますね。

 

エドゥアール・マネ(写真)

当時も今も肖像画は対象を美化して描くものでしたが、ドガは人間らしさのにじみ出る絵を好みました。
ですからドガの描いたシュザンヌがどのようなものであったのかもだいたい想像がつきます。
もしかすると、絵を気に入らなかったのは、マネではなくシュザンヌ自身だったかもしれません。
女性のほうが美醜に敏感ですし、この件の後もマネとドガの友情は壊れていないからです。いずれにしろ、切り落とされた部分が残っていないので、真相はやぶの中です。

 

マネとシュザンヌの複雑な関係

ちなみに、マネとマネ夫人シュザンヌの関係は少し複雑です。
シュザンヌが、マネ家に住み込みのピアノ家庭教師として雇われたのは1851年。シュザンヌが21歳、マネが19歳のときです。
表向きはピアノ教師でしたが、実は彼女はマネの父親の愛人だったと言われています。ところが、マネ家に来たシュザンヌは急速にマネと親しくなりました。
そして翌1852年、シュザンヌは息子のレオンを出産します。レオンの父親がマネなのか、マネの父親だったのかは未だにわかっていません。レオンは、表向きはシュザンヌの弟として、マネ家で一緒に育てられることになりました。
マネの父親は高級官僚で裕福なブルジョア階級でしたから、愛人や愛人の子どもを養うぐらいの経済的余裕がありました。
若い頃は売れない画家だったマネも、両親の援助のおかげで画家を続けることができたのです。

 

マネの父親が亡くなったのは1862年のことです。
密かに交際を続けてきたマネとシュザンヌは、翌1863年にようやく正式に結婚します。マネは31歳、シュザンヌは33歳、レオンは11歳になっていました。
それ以前から、レオンの養父として良い関係を築いていたマネでしたが、シュザンヌと結婚後も、レオンを正式な実子として認知することはありませんでした。それを考えると、やはりレオンの父親はマネではなかったのかもしれません。
しかし、実の父ではなくとも、マネとレオンの仲は良好でした。
マネはレオンをモデルにした絵を何枚も残していて、その絵でレオンの成長過程をたどることができます。レオンが社会人になる際には、友人のドガに頼んで、ドガ家の銀行に就職させてもらったくらいです。

 

マネ「レオン・レーンホフの肖像」1868

印象派のリーダー

マネは1883年、51歳の若さで世を去ります。
マネの死後、残されたレオンとシュザンヌはマネの仕事や手記をまとめました。
印象派の画家たちの良き先輩であったマネは、後輩のモネや友人のドガや義妹のベルト・モリゾらの奮闘によって、徐々に名声を獲得していきました。
マネは、友人のドガばかりでなく、周囲の人間のすべてとそれぞれに良い関係を築いていたようです。
そんなマネだったからこそ、印象派展には一度も参加しなかったにもかかわらず、印象派の精神的なリーダーと目されているのでしょう。

 


アートをもっと身近に感じてみませんか?

知ってて得するアートコラム、新入荷作品情報、お買い得の特別価格作品情報など、お役立ち情報をお届けしています。

 

【配信コンテンツ】

 

1. アートコラム(月3~4回配信)

 読むだけで最新のアートシーンや絵画の知識が身につくコラム。  アート初心者からコレクターの方まで必読です。

2. イベント情報

 画廊でのワークショップやセミナーのご案内をいち早くお知らせ!

3. 新入荷作品情報

 ホームページ公開前の作品をはじめ、入荷したばかりの注目作品をご紹介!

4. メルマガ会員限定-特別価格作品情報-

 メルマガ限定でのシークレットセールをご案内。  気になる作品をお手頃で手にしていただけます。

5. 展示会のご案内

 翠波画廊で開催する展覧会や、全国百貨店での作家来日展情報などをお知らせいたします。

 

お得情報満載! 無料配信メルマガ! ぜひご登録ください ↓↓

※半角英数でご記入ください。

プライバシーポリシーはこちら

 

 

翠波画廊代表・髙橋 2作目はアートで学ぶビジネス

未来のビジネスに必要なアートの力、気になりませんか?
画廊経営歴30年だからこそ語れる、アートで学ぶビジネスのヒントをご紹介。

 

アートに学ぶ6つの「ビジネス法則」

 

単行本:251ページ
出版社:サンライズパブリッシング
著者:髙橋芳郎

 

価格:1,500円(税別)
amazon等ネットでもご購入いただけます。

 

amazonページはこちら >>

 

翠波画廊でも発売中! ※通常配送料無料

 

 


芸術はよくわからない、アートは難しいなどと思っていませんか?

絵画の価格はどうやって決まるのか、画商の視点でわかりやすく解説。
読後はアートを身近に感じて美術館に行ってみたくなるはずです。

 

「値段」で読み解く 魅惑のフランス近代絵画

 

単行本:302ページ
出版社:幻冬舎
著者:髙橋芳郎

 

価格:1,400円(税別)
全国有名書店、amazonでもご購入いただけます

 

amazonページはこちら >>

 

翠波画廊でも発売中! ※通常配送料無料

新聞、雑誌でも紹介されました!

「サンデー毎日」

本とのふとした出会いで幼いころの自分を思い出す
幼いころ、絵画鑑賞が趣味だった母に連れられて、よく展覧会を訪れた。・・・

「週刊文春」

銀座で二十六年、近代絵画の作品を扱ってきた画廊オーナーが、「値段」を切り口に絵画の見方を提案。作品の価格は画家の人生の起伏をも表す。

「月間アートコレクターズ」

世に美術市場を扱った書は数あるが、印象的なタイトルと装丁家として日本を代表する鈴木成一の手になる雰囲気ある装丁の本書は、翠波画廊を構える髙橋氏の書き下ろし。・・・

「北日本新聞」

セザンヌ、モネ、ルノワールやゴッホ、ピカソ、シャガールら近代美術の巨匠たちの絵の値段について考えたことはあるだろうか。・・・

アートコラム一覧

私たちにできること

1

絵画購入のご相談

些細なこともお気軽にご相談ください。
30日以内の返品保証など
安心のサービスをご用意

2

お部屋やご予算に合わせた
絵画のご提案

お客様のご要望をお伺いし、
1,500点以上の豊富な作品から
最適な一枚をご提案いたします。

3

絵画を使った節税対策

経費で絵をご購入の方へ、
作品のご提案から購入の流れまで
ご案内いたします。

絵画を買って節税?