fbpx
画廊会員 募集中!! お問い合わせ

ダリとガラの奇妙な関係
~友人の妻を寝取って年上女房にしたサルバドール・ダリの性癖

シュルレアリスムは直訳すると超現実主義となりますが、現実を超えるというよりは、どちらかといえば、非現実の不思議な絵で知られています。
特にその傾向が顕著なのがサルバドール・ダリです。
竹馬のような細長い足で関節の多い象、チーズのように柔らかく溶けた懐中時計、引き出しのついた人体の太腿など、その奇妙奇天烈なイメージは多くの人を魅了しています。
さらに、自らを「天才」と呼び、常にインタビュアーを煙に巻くような受け答えを行うなど、奇矯な芸術家のイメージを自ら作り出すことにもダリは熱心でした。
細く伸ばした髭を水飴で固めて逆立てたダリの写真は、芸術家がその作品ばかりではなく自らの姿をもアート化した例として有名です。
今回はそんなダリの数々の逸話をご紹介しましょう。

 

行き過ぎたパフォーマンスで死にかけたサルバドール・ダリ

1936年、32歳のダリは、ロンドンで開催された国際シュルレアリスム展で講演を行いました。
何とかして聴衆にインパクトを与えたかったダリは、コスチュームとして深海用の潜水服を着て登壇しました。
当時の潜水服は鉄でできた密閉型の重いもので、今でいえば宇宙服のようなイメージです。前面のガラスを通してかろうじてダリの顔が見える程度です。
登壇したダリは、講演と称して声高に何事かをしゃべりますが、密閉された潜水服にさえぎられてその声は聴衆にとどきません。確かにスピーチをしているのに声がまったく聞こえない。ここまでがダリの計算したパフォーマンスでした。
硬い時計なのに柔らかいとか、髭なのに重力にさからって上を向いているとか、講演なのに何も聞こえないとか、ダリはこのような逆説的な表現を好みました。
ところが、ここでダリの予想を超えた出来事が起きます。潜水服は通常、背負った酸素ボンベによって空気を補給しますが、地上で酸素ボンベは重すぎるため、ダリはそれを外していました。当然、密閉された潜水服の中の酸素はどんどん薄くなります。
息が苦しくなってきたダリは慌てて潜水服のマスクを外そうとしますが、なかなか外れません。聴衆は、そのダリの動作すらもパフォーマンスの一部だと思って大笑いします。ダリが必死になって「助けてくれ」と叫び、のたうちまわるほど観客の笑い声は大きくなります。
さすがにくどすぎる演技に「何かおかしい」と気づいたスタッフが助けてくれましたが、そうでなければダリはここで死んでいました。

 

サルバドール・ダリとデヴィッド・ボウイの奇妙な関係

そのパフォーマンスが話題になっていたダリは、生前はマスコミの寵児としてセレブリティな生活を送りました。
その私生活もセレブらしく奔放なものでした。ダリとガラは仲睦まじい夫婦でしたが、晩年は別居するなど生活は別々に送っていました。
そして、ガラには若いボーイフレンドがいましたし、ダリにもアマンダ・リアという若い愛人がいました。
ダリよりも40歳近く若いアマンダは、1965年にローリング・ストーンズのブライアン・ジョーンズの紹介でダリと出会い、ガラ公認の愛人になります。アマンダはダリの出向くところにいつも付き従い、社交界の花となりました。
やがて1974年、アマンダはデヴィッド・ボウイと恋仲になり、1975年にはボウイの勧めで歌手デビューまで果たします。このアマンダのレコードは、アンディ・ウォーホルの絶賛もあって世界中で大ヒットしました。
当時を知る人は、「ディスコ・クイーン」と呼ばれたアマンダ・リアのことを覚えているでしょう。
興味深いのは、お互いに愛人がいても、ダリとガラが強い絆で精神的に結ばれていたことです。
ガラは1982年に87歳で亡くなりました。ガラを失ったダリはひどく落胆して、自殺未遂をはかって大怪我をし、以降は絵を描かなくなったそうです。
最後はパーキンソン病に悩まされていたダリは、1989年に84歳で亡くなりました。

 

2019年にサルバドール・ダリが生きかえった?

生前は人気画家だったダリには、数多くの美術館があります。
最も有名なのは、スペインのカタルーニャ州フィゲラスにあるダリ劇場美術館です。フィゲラスはダリの生まれ故郷です。この地にあった15世紀の市民劇場が廃墟となっていたのを、ダリが買い取って自分の美術館として再生したのです。
生前のダリが作ったのですから、美術館自体がダリの作品と言えるほどアートなものになりました。建物の上には、ダリがモチーフとして好んだ卵のオブジェが並び、建物の中にはあの有名な「メイ・ウエストの顔のシュルレアル・アパート」が再現されています。
この美術館にはダリの墓もあり、実物のダリの亡骸が埋葬されています。
スペインにはほかに、ダリが住居兼アトリエとして使っていたポルトリガトの家を使ったダリの家美術館。ダリの妻のガラが住んでいた城を利用したガラ・ダリ城美術館などがあります。
スペイン国外で最も規模が大きいダリ美術館は、アメリカのフロリダにあるサルバドール・ダリ美術館です。
ここでは、新しいことや珍奇なことを好んだダリにならって、奇抜な企画をたびたび開催しています。
2016年の企画「ダリの夢」では、最新のテクノロジーを使ってダリの絵の仮想現実空間を作り、その中に鑑賞者が入れるようにしました。
また2019年の企画「ダリは生きている」では、数多く残されたダリの映像をAIで解析して、まったく新しいダリの映像を作りあげました。コンピュータによって合成されたとは思えないほどリアリティーのあるダリが「私は帰ってきた」と語る映像は、現在ユーチューブで見ることができます。   ちなみに、日本でダリの作品所蔵数が最も多いのは、福島県の諸橋近代美術館で、約400点のコレクションがあります。世界規模でみても第4位の作品数を誇る同美術館では、4月20日から開館20周年企画展として『シュルレアリスムとダリ』を開催しています。お近くの方は足を運んでみてはいかがでしょう?

 

 

 


アートをもっと身近に感じてみませんか?

知ってて得するアートコラム、新入荷作品情報、お買い得の特別価格作品情報など、お役立ち情報をお届けしています。

 

【配信コンテンツ】

 

1. アートコラム(月3~4回配信)

 読むだけで最新のアートシーンや絵画の知識が身につくコラム。  アート初心者からコレクターの方まで必読です。

2. イベント情報

 画廊でのワークショップやセミナーのご案内をいち早くお知らせ!

3. 新入荷作品情報

 ホームページ公開前の作品をはじめ、入荷したばかりの注目作品をご紹介!

4. メルマガ会員限定-特別価格作品情報-

 メルマガ限定でのシークレットセールをご案内。  気になる作品をお手頃で手にしていただけます。

5. 展示会のご案内

 翠波画廊で開催する展覧会や、全国百貨店での作家来日展情報などをお知らせいたします。

 

お得情報満載! 無料配信メルマガ! ぜひご登録ください ↓↓

※半角英数でご記入ください。

プライバシーポリシーはこちら

 

 

翠波画廊代表・髙橋 2作目はアートで学ぶビジネス

未来のビジネスに必要なアートの力、気になりませんか?
画廊経営歴30年だからこそ語れる、アートで学ぶビジネスのヒントをご紹介。

 

アートに学ぶ6つの「ビジネス法則」

 

単行本:251ページ
出版社:サンライズパブリッシング
著者:髙橋芳郎

 

価格:1,500円(税別)
amazon等ネットでもご購入いただけます。

 

amazonページはこちら >>

 

翠波画廊でも発売中! ※通常配送料無料

 

 


芸術はよくわからない、アートは難しいなどと思っていませんか?

絵画の価格はどうやって決まるのか、画商の視点でわかりやすく解説。
読後はアートを身近に感じて美術館に行ってみたくなるはずです。

 

「値段」で読み解く 魅惑のフランス近代絵画

 

単行本:302ページ
出版社:幻冬舎
著者:髙橋芳郎

 

価格:1,400円(税別)
全国有名書店、amazonでもご購入いただけます

 

amazonページはこちら >>

 

翠波画廊でも発売中! ※通常配送料無料

新聞、雑誌でも紹介されました!

「サンデー毎日」

本とのふとした出会いで幼いころの自分を思い出す
幼いころ、絵画鑑賞が趣味だった母に連れられて、よく展覧会を訪れた。・・・

「週刊文春」

銀座で二十六年、近代絵画の作品を扱ってきた画廊オーナーが、「値段」を切り口に絵画の見方を提案。作品の価格は画家の人生の起伏をも表す。

「月間アートコレクターズ」

世に美術市場を扱った書は数あるが、印象的なタイトルと装丁家として日本を代表する鈴木成一の手になる雰囲気ある装丁の本書は、翠波画廊を構える髙橋氏の書き下ろし。・・・

「北日本新聞」

セザンヌ、モネ、ルノワールやゴッホ、ピカソ、シャガールら近代美術の巨匠たちの絵の値段について考えたことはあるだろうか。・・・

アートコラム一覧

私たちにできること

1

絵画購入のご相談

些細なこともお気軽にご相談ください。
30日以内の返品保証など
安心のサービスをご用意

2

お部屋やご予算に合わせた
絵画のご提案

お客様のご要望をお伺いし、
1,500点以上の豊富な作品から
最適な一枚をご提案いたします。

3

絵画を使った節税対策

経費で絵をご購入の方へ、
作品のご提案から購入の流れまで
ご案内いたします。

絵画を買って節税?