アートコラム

オークションではどんな絵が売れたのか?

2018/12/25

2018年上半期、競売大手のクリスティーズは、前年同期比35%アップで、4424億円の売上を記録しました。これは半期売上総額の史上最高額だったそうです。
大きな理由はロックフェラー・コレクションの売却で、個人コレクションでは過去最高の907億円の売上になりました。
下半期も、アメリカの実業家バーニー・エブスワースの20世紀絵画コレクションが、総額370億円で落札されました。
同コレクションの売却では、エドワード・ホッパーとウィレム・デ・クーニングの作品が、それぞれ作家の最高落札価格記録を更新しています。
そのほか、今年のオークションではどんな絵が売れたのでしょう?

 

2018年の絵画オークションでいちばん話題になったのは、10月のバンクシー「風船と少女」の落札でしょうか。
正体不明の覆面画家として知られるバンクシーは、これまでにも「風船と少女」のモチーフをいくつかの壁にストリートアートとして残しています。
今回オークションにかけられたのは、バンクシーには珍しくキャンバスに描かれたもので、額装されてオークションに登場しました。
サザビーズの予想価格は4000万円前後でしたが、話題のバンクシー作品とあって約1億5500万円まで値が上がり、落札を告げる小槌が振り下ろされました。
その直後のことです。
額装された絵画から異音が起き、仕込まれたシュレッダーが絵を切り刻みました。
1億5500万円の絵が、観客の目の前で台無しになっていきます。
慌てるオークショナーを笑うように、下半分を細断してシュレッダーは止まりました。
翌日、バンクシーは自らのウェブサイトで「犯行」を宣言し、「数年前から仕込んでいた」とシュレッダーの制作風景とテストの動画を公開しました。美術品の無残な破壊と思いきや、アーティスト自身の仕業だったのです。
不可解なのはこの後です。
アーティスト自身による作品の「破壊」は、新たな現代アートの創造であったとして、作品の価値がさらに上がったことが関係者から語られました。
落札者も「美術史に残る作品が自分のものになる」と、そのままの状態での購入を表明しました。
そしてサザビーズは、作品名を「風船と少女」から「愛はゴミ箱へ」と改題することを宣言したのです。
現代アートは、作品そのものを鑑賞するのではなく、イベントを楽しむものになってしまったかのようです。

 

もう一つの現代的な話題は、同じく10月のAI(人工知能)が描いた絵画の落札です。
フランスの技術者グループ「オブビアス」(Obvious)は、クラシカルな肖像画1万5000点をコンピュータに読み込ませ、アルゴリズムで新たな肖像画を次々に生成させました。
ただ画像を生成するだけでなく、別のアルゴリズムで、人間が描いたように見えるかどうかを判定させて、精度をあげていったそうです。
最終的に「オブビアス」は、完成した肖像画のうちの1枚を「エドモン・ド・ベラミー」と名づけ、クリスティーズのオークションに出品しました。
「オブビアス」の予想価格は100万円前後でしたが、最終的には4900万円の高額で落札されました。
AIが描いた絵画が落札されるのは史上初ですから、これも美術史に残る出来事でしょう。
そのうち、AIが本物そっくりに描いたピカソや藤田嗣治の「新作」が美術市場に出てくるかもしれません。

 

ゴッホ「アリスカンの並木道」(1888)
79億円

そのほか、今年はゴッホの絵画が数多くオークションに出品されました。
2017年『ゴッホ~最期の手紙~』、2018年『世界で一番ゴッホを描いた男』、2019年『永遠の門 ゴッホの見た未来』と、立て続けに日本で映画が公開されるなど、ゴッホ人気は止まりません。

 

まず5月に、サザビーズのオークションで「アリスカンの並木道」が79億円で落札されました。これはゴッホ作品のオークションレコードで歴代3位の記録になりました。ここ20年では最高落札価格です。

 

ゴッホ「砂丘で網を修理する女性たち」(1882)
9億円

6月、フランスで約20年ぶりにゴッホ作品がオークションにかけられ、9億円で落札されました。ゴッホの場合、初期オランダ時代とパリに渡って以降とで、作風も価格もだいぶ異なってきます。

 

11月には、昨年の東京都美術館「ゴッホ展 巡りゆく日本の夢」で展示されていた作品「蝶の舞う庭の片隅」がクリスティーズのオークションに登場し、34億円で落札されました。この作品はパリ時代のものです。

 

ゴッホ「蝶の舞う庭の片隅」(1887)
34億円

また、2018年は現存作家のオークション落札記録が更新された年でもあります。
1937年生まれのイギリス画家デイヴィッド・ホックニーは、アメリカに渡ってアンディ・ウォーホルと出会い、ポップアートの旗手の一人となります。
その代表作の一つ「芸術家の肖像画(プールと2人の人物)」が11月にクリスティーズのオークションに出品され、102億円で落札されました。存命作家の史上最高価格になります。

なお、2018年の美術品オークションの落札最高額は172億円のモジリアーニで、これは美術品オークション歴代4位、美術品歴代取引額でも12位に食い込みました。
全体として絵画の価格は上昇を続けているといっていいでしょう。

(モジリアーニ「(左向きに)横たわる裸婦」1917)

高額取引絵画ランキング・トップ12(2018年12月現在)
1. ダ・ヴィンチ「サルバトール・ムンディ」2017年、約4億5000万ドル(オークション)
2. デ・クーニング「インターチェンジ」2015年、約3億ドル(個人間取引)
3. セザンヌ「カード遊びをする人々」2011年、約2億5000万ドル(個人間取引)
4. ゴーギャン「いつ結婚するの?」2014年、約2億1000万ドル(個人間取引)
5. ポロック「Number 17A」2015年、約2億ドル(個人間取引)
6. ロスコ「No.6」2014年、約1億8600万ドル(個人間取引)
7. クリムト「水蛇Ⅱ」2013年、約1億8400万ドル(個人間取引)
8. レンブラント「マールテン・ソールマンスとオーペン・コーピットの肖像」(2枚1組)2015年、約1億8000万ドル(個人間取引)
9. ピカソ「アルジェの女たち(バージョンO)」2015年、約1億7900万ドル(オークション)
10. モジリアーニ「横たわる裸婦」2015年、約1億7000万ドル(オークション)
11.リキテンスタイン「マスターピース」2017年、約1億6500万ドル(個人間取引)
12. モジリアーニ「(左向きに)横たわる裸婦」2018年、1億5720万ドル(オークション)

 


芸術はよくわからない、アートは難しいなどと思っていませんか?

絵画の価格はどうやって決まるのか、画商の視点でわかりやすく解説。
読後はアートを身近に感じて美術館に行ってみたくなるはずです。

 

「値段」で読み解く 魅惑のフランス近代絵画

 

単行本:302ページ
出版社:幻冬舎
著者:髙橋芳郎

 

価格:1,400円(税別)
全国有名書店、amazonでもご購入いただけます

 

amazonページはこちら >>

 

翠波画廊でも発売中! ※通常配送料無料

新聞、雑誌でも紹介されています!

「サンデー毎日」

本とのふとした出会いで幼いころの自分を思い出す
幼いころ、絵画鑑賞が趣味だった母に連れられて、よく展覧会を訪れた。・・・

「月間アートコレクターズ」

世に美術市場を扱った書は数あるが、印象的なタイトルと装丁家として日本を代表する鈴木成一の手になる雰囲気ある装丁の本書は、翠波画廊を構える髙橋氏の書き下ろし。・・・

「北日本新聞」

セザンヌ、モネ、ルノワールやゴッホ、ピカソ、シャガールら近代美術の巨匠たちの絵の値段について考えたことはあるだろうか。・・・

 

 

コラム一覧に戻る