アクセス アクセス お問い合わせ お問い合わせ

パブロ・ピカソ

PABLO PICASSO

ゴンゴラの詩:過ぎゆく若さに気付かぬ乙女に

技法銅版画
制作年1948年
限定部数275部
絵サイズ38x28.5cmx2
価格お問い合わせください
お問い合わせ(CONTACT)

TEL : 03-3561-1152

平日・土 10:00〜18:00(日祝休)

この作家の作品一覧

作品について

ゴンゴラの詩:過ぎゆく若さに気付かぬ乙女に

「ゴンゴラの詩」

ポスト・モダンの父といわれる16世紀スペインの詩人ルイス・デ・ゴンゴラのソネット20篇を、ピカソがすべて自身の手写で収録、挿絵を加えた作品。1948年にパリで275部の豪華限定版として刊行されました。

各ソネットの前には女性の頭部が合計19点、1番目のソネットにはゴンゴラの肖像画が(1622年に若きヴェラスケスが描いたものを元に)描かれています。

ピカソによるソネットの手写は、内容によって字体や筆圧まで変わっており、各ソネットに対する理解の深さが感じられる作品です。20篇のソネットは制作年もジャンルもばらばらですが、ゴンゴラの詩を読み、そこに添えられた挿絵をみていくと、全体の流れは一人の人間の生涯に近いといえます。『ゴンゴラ』は、人間ピカソの心の記録であり、魂の表現であったと言える作品です。

ピカソの制作意欲は旺盛で生前に残した作品は版画だけでも10万点、その他油彩、水彩、セラミック(陶器)、彫刻などで5万点近くと言われています。 ピカソの作品を創業以来1000作以上販売実績のある翠波画廊では、ピカソの生前に作られた版画(オリジナル版画)と限定制作されたセラミック(陶器)を中心にご紹介しております。挿画本は完本の状態で入荷していますのでご安心ください。

作品は、レゾネに掲載されているオリジナル版画、セラミックを扱っております

1904~1972年の版画三巻とセラミック一巻に

作品を網羅したブロック編纂のカタログレゾネ

1914~1974年の挿画本作品を網羅した クラメール編纂のカタログレゾネ

ピカソについて詳しくはこちら >>

3つの購入特典

特典1

作品はすべて額装でお届け

特典2

配送時の保険・送料は
当画廊が負担

特典3

30日以内の返品受付、返品保証
※一部グッズについては対象外となります