絵画買取MENU

 

藤田嗣治(レオナ―ル・フジタ)TSUGUHARU FOUJITA

査定フォーム

お客様のお手元で大切にされていた作品
藤田嗣治の油絵、水彩画、素描、リトグラフ版画など、

売りたいとお考えでしたら翠波画廊にご相談ください。

 

翠波画廊がお手持ちの藤田嗣治作品を
大切にしてくださる次のお客様へと橋渡しをさせていただきます。

 

藤田嗣治作品の高価買取の理由

翠波画廊では、年間300点以上の藤田嗣治作品の販売実績があり、コレクターの方や、
特定の作品を探されているといったお客様も多いため、作品の買取には特に力を入れております。
藤田嗣治を代表する人気作品などは特に高価買取させていただきます。
藤田嗣治は20世紀初頭、芸術の都パリで花開いたエコール・ド・パリの芸術家の中でも特に有名な画家であり、
近代の日本人で唯一、世界で認められた洋画家として、世界的に見ても、作品の需要や人気がとても高い画家です。
美術館で藤田嗣治の展覧会が開催されることも多くなり、また作品は年々オークションレコードを更新しています。
近年ではアジアでも注目を集め知名度が高まってきているため、藤田嗣治の作品を購入したいコレクターも増えているようです。
藤田嗣治の油絵、水彩・版画、何でも気軽にお問い合わせください。現在の藤田嗣治の作品の相場、買取価格をお知らせいたします。

藤田嗣治油絵作品の査定ポイント

藤田嗣治の油絵は高額にもかかわらず人気が高く、お探しのお客様が多くいらっしゃいます。
そのため贋作も多く翠波画廊では、東京美術倶楽部の鑑定書の付いたものだけを取り扱っています。
もし、買取を希望されている藤田嗣治の作品に鑑定書が付いていない場合は、翠波画廊が鑑定書を取るためのお手伝いをいたします。
鑑定書が付いていなくても鑑定書が取れた場合の現在の相場、買取価格をお伝えいたしますので気軽にご相談ください。
また、状態によっても値段は変わります。藤田の油彩は非常に薄い支持体(キャンバスなどのこと)を使用していることが多いので、
長く置いておくと、振動などによってクラック(割れ)が生じやすいという性質があります。
もしそのようなクラックなどが画面上に見られましたら、専門の修復が必要となるため、買取価格はマイナスとなってしまいます。

藤田嗣治水彩・素描・版画作品の査定ポイント

一点ものの水彩、素描といった肉筆画はもちろん版画も、描かれているモチーフが「少女」や「猫」などは特に人気があり、
お探しのお客様も多くいらっしゃいますので、できる限り高価買取させていただきます。
また版画であれば藤田嗣治の自筆サインが入っている作品は査定額が高くなります。
例えば「小さな職人」や「四十雀」などでもサイン入りの単品は、
サイン無しの通常版よりも高く買い取らせていただきます。また制作年代によっても変わります。
例えば初期の傑作である「子供十態」や「猫十態」などは貴重な作品のため、高くなります。
また、作品の状態によっても査定額は大きく変わってきます。
版画作品の場合、経年による色の退色、湿気からくるカビでシミが出てしまった場合などマイナスの査定になってしまいます。
翠波画廊では画像をお送りいただいた段階で色の退色はおおよそみることができるのですが、薄いシミなどは画像だけでは分からないことがあります。
画像をお送りいただいた段階で相場をお知らせさせていただき、問題が無ければそのお値段で買取させていただいておりますが、
作品を見せていただいてシミなどが見つかった時には価格が下がってしまうこともございます。
肉筆作品、リトグラフ、銅版画、木版画など幅広く買取をしておりますので、まずはご相談ください。

藤田嗣治

20世紀初頭にパリへ渡り、エコール・ド・パリを代表する画家として活躍し、世界的に認められた画家、藤田嗣治。
渡仏後、社交的性格を活かしてピカソやモジリアーニなどの画家達と親交を深め、
1919年には近代美術史上に大きな実績を残した画家の登竜門サロン・ドートンヌで初出品の6点が全て入賞するという快挙を成し遂げ、会員に推挙。
20年代には、藤田作品のトレードマークともなる滑らかな下地の上に繊細な線と薄塗りで描いた作品が
グラン・フォン・ブラン(素晴らしき乳白色)と絶賛され、画家としてのゆるぎない地位を確立。
現代よりもっとヨーロッパが遠く感じられたであろう時代に、世界的画家として歴史に名を残した藤田の偉業は、
日本の誇りであり、人々に夢と希望を与える存在となっている。
そしてその作品は現在も、日本、フランスのみならず、世界中の美術館に収蔵されており、高い評価と人気を誇っている。

査定は無料です。まずはお気軽にご相談ください。

作品の画像をお送りいただけましたら、より詳細な査定価格を出させていただきますが、
画像を送るのが難しい方は、お電話でも承れますので、まずはお問い合わせください。
TEL:03-3561-1152(平日土/10:00~18:00)
※出張査定も承っておりますので、お気軽にご相談ください。

 

藤田嗣治作品の鑑定機関

藤田嗣治は生前から人気が高く、その分贋作も多く出回っています。
翠波画廊では、油彩、水彩、素描などの肉筆画は、日本で公式の鑑定機関とされる
東京美術倶楽部の鑑定書付きのものだけを取り扱いご紹介しています。

<肉筆作品の場合>

  1. メールで作品画像をお送りください。
  2. 買取査定価格をお伝えします。
  3. 作品と東京美術倶楽部への鑑定料(実費50,000円)をお預かりします。
  4. 鑑定後、即金にて買取いたします。

※鑑定期間は2週間~1ヶ月。
※もし藤田作品と認められなかった場合は、当社配送料負担にて作品をご返却いたします。

作品を売却されたお客様の声

多くのお客様にご利用いただいております

 

大阪府 O様

nekonohon,kurisotemisu

店舗に行きやすく、買取金額が高いから。

1.当画廊を選んだ理由
買取金額が高いから/店舗に行きやすいから

その他のお客様の声>>

 

 

問い合わせ

ご不明な点がございましたら、ご気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら > >

プライバシーポリシーはこちら > >

査定フォーム

添付画像(3つまで可能)

ボタンを押すとカメラアプリを起動できます。
(既に撮っている写真も使用できます)

※添付画像は1ファイルあたりのサイズは2MBまでとなります。
※添付できる画像の形式は拡張子が jpg または gif に限ります。

※添付画像は1ファイルあたりのサイズは1MBまでとなります。
※添付できる画像の形式は拡張子が jpg または gif に限ります。

作品の作家名
作品の題名
作品の技法
絵の画面サイズ
作家の自筆サイン
限定部数(版画)
鑑定書の有無
添付画像(3つまで可能)

※添付画像は1ファイルあたりのサイズは2MBまでとなります。
※添付できる画像の形式は拡張子が jpg または gif に限ります。

買取り希望価格がございましたら
ご記入ください
購入時の価格
購入時期
その他 わかることがございましたらご記入くださいわかることがございましたらご記入ください
ご売却の意思 すぐに売りたい金額によっては売りたいその他
姓名【必須】必須 姓 名 
フリガナ セイ メイ 
郵便番号 -
都道府県
住所
電話番号【必須】必須
※メールが送れなかった際に連絡させていただきます。
メールアドレス【必須】必須
※半角英数でご記入ください。
お問い合わせに対する当店の回答方法(複数回答可) メール電話ご来店

※携帯、スマートフォンのメールアドレスに返信ご希望の方は、当画廊(info@suiha.co.jp)のメールアドレスからのメールを受信可能な状態にしていただきますようお願い致します。

個人情報保護方針

株式会社ブリュッケは、常に安心・安全なサービスを提供し続け、いつまでも皆様に信頼される企業であり続けたいととの考えものと、以下の方針に従い、情報セキュリティの確保に努め健全な社会の発展に貢献してまいります。

  1. 絵画販売の事業における情報セキュリティの重要性を深く認識し、安心、安全な業務の推進に努め、情報セキュリティの確保に取り組んでまいります。
  2. 情報を保護することは、株式会社ブリュッケの事業活動の基本であり、企業としての重要な社会的責任である事を役員・従業員が十分理解し、個人情報保護法等の関連法令等を厳守してまいります。
  3. 情報セキュリティの管理体制を整備し、情報への不正アクセス、情報の紛失・改ざん・漏洩の防止等に向けた物理面、システム面での厳格なセキュリティ対策の実施、社員教育の徹底、委託先への適切な監督等、情報の保護に向けた必要な取り組みを継続的に実施してまいります。

ご購入にお得な3つの特典

  • 特典1
    作品はすべて額装でお届け
    作品に相応しい額を付けていますがご希望があれば交換も可能です。
  • 特典2
    配送時の保険・送料は当画廊が負担
    お客様のもとへ作品が届くまでの費用は一切かかりません。
  • 特典3
    30日以内の返品受付、返品保証
    お部屋に飾って合わない場合は30日以内の返品を受け付けております。

  分割でのお支払いもご利用いただけます。
  ※10回までの分割金利は当社が負担いたします。

ご購入・絵画販売について >>

来店のご案内

ぜひ画廊にお越しいただき、現品をご覧ください。

展示会等に出品中で、作品等が店頭にない場合がございます。
ご希望の作家、作品がございましたら、事前に電話やメールにてお問い合わせください。

アクセス >>