片岡球子 絵画買取で失敗したくない方
片岡球子をお売りになる前に
 まずは翠波画廊の査定額をお確かめください。

 

 

 お客様のお手元で大切にされていた
      片岡球子作品

 大切にしてくださる次のお客様へと
      橋渡しをさせていただきます

 翠波画廊 絵画買取サイトにご相談ください

選ばれている理由

翠波画廊では片岡球子の作品は人気がありとてもよく売れています。当画廊のお客様で片岡球子の特定の作品を探してほしいとのご依頼も多くいただいております。
そのため当画廊の絵画買取サイトでは片岡球子の絵画(日本画・版画)の買取には特に力を入れております。
翠波画廊の買取サイトが、お客様の大切のされていた作品を気に入ってくださり大切にしてくださる次のお客様のもとへと橋渡しさせていただきます。

お客様の声

絵画買取・美術品買取前の査定は無料です。まずはお気軽にご相談ください。

査定フォーム

03-3561-1152(平日土/10:00~18:00)

作品の画像をお送りいただけましたら、より詳細な査定価格を出させていただきますが、画像を送るのが難しい方は、お電話でも承れますので、まずはお問い合わせください。

 

  • 出張査定(関東圏:群馬、栃木、茨城、埼玉、千葉、東京、神奈川)も承っておりますので、お気軽にご相談ください。

 

選べる買取方法

翠波画廊では、お客様のご希望に合わせて3つの買取方法をご用意しております。

銀座 翠波画廊とはイメージ

店頭

その場で買取、
現金にてお支払い

詳しくはこちら

配送

確認後、
即日お振込み

詳しくはこちら

出張買取

その場で買取
現金にてお支払い

詳しくはこちら

 

査定フォーム

は必須入力です

添付画像(3つまで可能)

ボタンを押すとカメラアプリを起動できます。
(既に撮っている写真も使用できます)

※添付画像は1ファイルあたりのサイズは2MBまでとなります。
※添付できる画像の形式は拡張子が jpg または gif に限ります。

※添付画像は1ファイルあたりのサイズは1MBまでとなります。
※添付できる画像の形式は拡張子が jpg または gif に限ります。

作品の作家名
作品名
作品の技法
絵のサイズ
※額装サイズではなく
作品自体の画面サイズ
作家の自筆サイン
限定部数(版画)
鑑定書の有無
添付画像(3つまで可能)

※添付画像は1ファイルあたりのサイズは2MBまでとなります。
※添付できる画像の形式は拡張子が jpg または gif に限ります。

買取希望価格
購入時の価格
購入時期
その他
(わかることがあれば
ご記入ください)
ご売却の意思
姓名
フリガナ
郵便番号
-
都道府県

ご住所

電話番号

※メールが送れなかった際に連絡させていただきます。
メールアドレス

※半角英数でご記入ください。
お問い合わせに対する
当店の回答方法(複数回答可)
メール電話ご来店

※携帯、スマートフォンのメールアドレスに返信ご希望の方は、当画廊(info@suiha.co.jp)のメールアドレスからのメールを受信可能な状態にしていただきますようお願い致します。

プライバシーポリシー >

個人情報保護方針

株式会社ブリュッケは、常に安心・安全なサービスを提供し続け、いつまでも皆様に信頼される企業であり続けたいととの考えものと、以下の方針に従い、情報セキュリティの確保に努め健全な社会の発展に貢献してまいります。
絵画販売の事業における情報セキュリティの重要性を深く認識し、安心、安全な業務の推進に努め、情報セキュリティの確保に取り組んでまいります。
情報を保護することは、株式会社ブリュッケの事業活動の基本であり、企業としての重要な社会的責任である事を役員・従業員が十分理解し、個人情報保護法等の関連法令等を厳守してまいります。情報セキュリティの管理体制を整備し、情報への不正アクセス、情報の紛失・改ざん・漏洩の防止等に向けた物理面、システム面での厳格なセキュリティ対策の実施、社員教育の徹底、委託先への適切な監督等、情報の保護に向けた必要な取り組みを継続的に実施してまいります。

片岡球子肉筆作品査定のポイント

片岡球子に限らず、買取価格は図柄によって大きく変わります。その作家の代表的なモチーフや人気図柄の場合は、特に高価買取させていただいております。シミや退色がなく、きれいな状態で保存されていればそれだけ高額査定となります。
片岡球子の「赤富士」は、鮮烈な色彩と大胆な造形感覚の特徴ある作品で、大変人気の絵柄です。お探しのお客様も多いため、高価買取作品となっております。手前に「松竹梅」をあしらった構図など、おめでたい作品は、さらに評価価格がアップすることもございます。また富士に多彩な画面構成した作品も大変人気があります。
片岡球子の作品査定・買取を行う際には、絵の具の状態確認が大変重要で、絵の具のワレがあると、程度にもよりますが、価格は大きくマイナスになってしまう場合がありますので作品の保存には注意が必要です。
現在、片岡球子肉筆作品の鑑定は 東京美術倶楽部鑑定委員会で行っております。作品に鑑定が付いてない場合などは、翠波画廊が鑑定書取得のお手伝いも致しますのでご相談ください。鑑定書を取るため、また相続などに伴う評価(現在の相場)を知りたいなどのご相談も承ります。美術品、絵画の査定評価も行っておりますので、ご希望がございましたらお問い合わせ下さい。

 

美術品・査定評価について詳しくはこちら >>

 

片岡球子版画作品の査定ポイント

片岡球子に限らず、買取価格は図柄によって大きく変わります。その作家の代表的なモチーフや人気図柄の場合は、特に高価買取させていただいております。シミや退色がなく、きれいな状態で保存されていればそれだけ高額査定となります。状態が悪いと、修復費用が必要となるために査定額が下がってしまいます。また、紙の折れや、湿気による紙のヨレなどもマイナス要因になります。
富士山を題材とした「めでたき富士」シリーズは大変人気の高い作品です。この他、リトグラフ、木版画など幅広く買取をしておりますので、まずはご相談ください。

片岡球子

明治38年北海道札幌に生まれ。女子美術学校(現在の女子美術大学)で日本画をび、卒業後は小学校教諭のかたわら、再興日本美術院展覧会(院展)を中心に活動をつづるたが、展覧会に出品しては落選を繰り返し、「落選の神様」と称された。1930年に、再興日本美術院展に「枇杷」が初入選してからは、「ゲテモノ」と揶揄された個性的な画風も徐々に注目を集めはじめる。当時、片岡球子の絵を見た小林古径が「自分で自分の絵にゲロが出るほど描き続けなさい」と激励したという逸話があり、さらに、安田靫彦などに学び、1955年には女子美術大学の専任講師に就任した。その後、愛知県立芸術大学の教授となった昭和41年に、「面構 足利尊氏」を発表、それ以降「面構」と題した連作は、戦国武将や禅僧、浮世絵師など、作家が共感した歴史上の人物達を描き続けて、画家の生涯を代表するシリーズとなった。昭和27年院展同人となり、その後も旺盛な制作を続け、国内外での展覧会、女子美術大学や愛知県立芸術大学での後進の指導などに尽力して、かつての逆境を覆す功績を残した。

片岡球子略歴

スマホ絵画買取サイト

絵画買取・売却のことなら翠波画廊の絵画買取サイトにご相談下さい。
スマホ買取サイトでは、スマホで撮影して絵画の画像を簡単に送ることのできる便利機能もあります。
ぜひご利用ください。

買取強化作家のご案内

20世紀巨匠

現代美術

海外人気作家

日本画家

洋画家