創業30年の信頼と実績
ルノワール 絵画買取で失敗したくない方

ルノワールの売却をご検討でしたらまずは翠波画廊の査定額をお確かめください。

選ばれている理由

翠波画廊ではルノワールの作品は人気がありとてもよく売れています。当画廊のお客様でルノワールの特定の作品を探してほしいとのご依頼も多くいただいております。
そのため当画廊の絵画買取サイトではルノワールの絵画(油彩・水彩・グワッシュ)の買取には特に力を入れております。
翠波画廊の買取サイトが、お客様の大切のされていた作品を気に入ってくださり大切にしてくださる次のお客様のもとへと橋渡しさせていただきます。

絵画買取の流れ

STEP1

無料査定お申込み

査定フォーム、お電話、メールで作品の情報をお寄せください。

STEP2

査定結果のご連絡

お送り頂いた作品情報から、査定額をお出しして、ご連絡いたします。

STEP3

買取方法の選択

作品の配送、持ち込み、出張買取にて作品をお預かり。最終的な作品の確認をいたします。

STEP4

お支払い

買取成立、現金またはお振込にてお支払い。
買取の流れ 詳細

3つの約束

約束

1

小売りで培った、
まごころの接客

絵をお買い求めいただくお客様、絵をお売りになりたいお客様共にご満足いただけるよう、お客様第一で活動しております。

約束

2

長年の実績から
相場に基づいた適正な査定

年間1500点ほどの作品を販売していく中で同数の作品の仕入れを行っております。仕入れで養った相場観をいかして適正な査定価格を出させていただきます。

約束

3

大切にされてきた
作品を
次のお客様へと橋渡し

家で大切にされてこられた美術品を大切にしてくれる次のお客様へと橋渡しさせていただきます。

3つの安心

安心

1

ご相談、
お見積もりなど、
査定は無料

今の相場を知りたい、買取価格を知ってから売却を検討したい等、お気軽にご相談ください。ご相談は無料です。

安心

2

8日以内なら
キャンセル可能
(出張買取時)

8日以内でしたら、買取キャンセル、返品の対応をさせていただきます。(店頭買取の場合は対象となりません)

安心

3

個人情報保護
セキュリティ管理

翠波画廊では、しっかりとしたセキュリティ管理のもと、お客様の大切な個人情報の徹底管理を義務付けております。ご安心ください。

ルノワール作品の査定ポイント

近年、世界的な人気が非常に高い状態は続いておりますが、価格は市場相場に応じて変動しております。少し時間が経っただけで変化してしまう可能性もございますので、お売りになる場合は、お早めにご相談ください。

油彩など肉筆作品の査定ポイント

油彩作品

ルノワールに限らず、買取価格は図柄によって大きく変わります。
その作家の代表的なモチーフや人気図柄の場合は、特に高価買取させていただいております。シミや退色がなく、きれいな状態で保存されていればそれだけ高額査定となります。状態が悪いと、修復費用が必要となるために査定額が下がってしまいます。
ルノワールの油絵など肉筆作品の買取には、ウィルデンスタイン・インスティチュートによる鑑定書が必要となります。お持ちの作品に鑑定書が付いていない場合はご相談ください。作品の買取は鑑定書が付いてからとなりますが、まずは鑑定書が取れた場合の相場、買取のお値段をお伝えいたします。

ルノワール作品の鑑定機関

ウィルデンスタイン・インスティチュートの鑑定証

翠波画廊では、油彩、水彩、素描などの肉筆作品は、公式の鑑定機関とされるウィルデンスタイン・インスティチュートの鑑定書付きのものだけを取り扱いご紹介しています。

翠波画廊では、ルノワール作品の販売も行っております。
ルノワールの絵画・版画作品のご購入をお考えの方は、お気軽にご相談ください。販売作品一覧はこちら

ルノワール 略歴

RENOIR

1841年フランス中西部の町、リモージュで生まれる。
1844年一家でパリへ引越し。13歳で磁器の絵付け職人見習になる。
1861年シャルル・グレールの門下生になる。( 同じ 門下生に、モネ、シスレーなどがいた。)
1862年国立美術学校入学。
1864年サロンに入選。
1890年アリーヌ・シャリゴと結婚。
1900年レジオン・ドヌール勲章を受章。
1919年逝去。享年78歳

ルノワールの世界的魅力

ルノワール作品の代表作として挙げられるのは「ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏会」ではないでしょうか。
現在はオルセー美術館所蔵ですが、かつては日本にありました。
1990年5月、当時大昭和製紙(現日本製紙)代表取締役名誉会長だった齊藤了英氏によって当時絵画史上2番目の高値、7810万ドル(約119億円)で落札されました。
後に「死んだら棺桶に入れて焼いてくれ」発言をしたことで日本のみならず世界中の多くの収集家や愛好家から非難されます。
そうした経緯もあり、収集家や愛好家のみならず、広く一般的にルノワールの認知度が高まりました。

サロンでの成功

「ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏会」
現在こそ印象派の画家として名高いルノワールですが、ルノワールにとってはサロンの存在も大きいといえます。
サロンは、フランスにおける官展で、元々サロン・ド・パリと呼ばれ、ルーブル宮殿で催される展覧会を指しました。
当時はこのサロンで入選することが画家としての出発であり、成功を意味しました。
ルノワールは若い時期に職人として失業した後、画家へ転身するのですが、23歳でサロン・ド・パリの初入選を果たします。
しかし、経済状況がすぐに良化することはありませんでした。
そんな最中、サロンに反発、独立するかたちで、モネやシスレーなどとともに開催したのが印象派展です。

「ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏会」はその第三回印象派展に出品された作品です。

しかし、印象派の絵自体がまだ民衆には受け入れられず、展覧会の売れ行きは低調でした。
比べて、サロンには社会的な影響力がありました。
ルノワールの生活は変わらず苦しいままです。
そんな中、出会ったのが出版業者のシャルパンティエでした。
当時評判の高かったシャルパンティエ夫人が自宅で催すサロンに出入りし、肖像画を描くとともに、文化人との交流も活発になっていきました。
そこからサロンへの再出品が始まり、結果的にその後の社会的成功まで結び付いていきます。
1879年に出品した「シャルパンティエ夫人と子どもたち」が見事に入選を果たしたことは、批評家からも評価され、ルノワールが人気作家となるきっかけにもなりました

ルノワールが愛される理由

「シャルパンティエ夫人と子どもたち」
ルノワールの作品には優しく微笑む女性や、楽しそうに微笑む人物が多く描かれ、「悲し気な雰囲気の絵がない」といわれています。
しかし、彼が生きてきた時代は技術革新、戦争などの波乱に富んだ時代でした。
実際彼自身失業したり、サロン・ド・パリ入選後も決して順風満帆ではありません。晩年はリウマチとの闘いもありました。
それでも明るく、陽気で、穏やかな絵を描き続け「幸福の画家」とも呼ばれたルノワールの絵画は世界各地の美術館に収蔵され、たくさんの人に愛されています。

ルノワールは油彩や水彩、グワッシュなど、生前多くの作品を残しています。
印象派画家の代表として世界的に人気の高いルノワール作品のご売却をご検討の方は、ぜひ一度翠波画廊にお問い合わせください。買取についてのご相談、査定は無料です。

買取強化作家

20世紀巨匠
現代アート(コンテンポラリーアート)
ストリートアート(グラフィティ)
海外人気作家
日本人画家
洋画家
買取強化作家一覧

出張買取地域

作品の点数によっては、
出張買取も致しております。

北海道
青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県
新潟県、富山県、石川県、福井県、山梨県、長野県、岐阜県、静岡県、愛知県
三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県
鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県
徳島県、香川県、愛媛県、高知県
福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県
沖縄県

出張買取について