絵画の買取について -コラム-

自宅にある絵画を買取業者に依頼したいという場合にポイントとなっているのが、きちんとした買取専門店で買い取ってもらうことです。正確に査定をしてもらうことが大切だからです。近年では、データベースが存在をしているため、鑑定が難しい絵画でも、高い品質で買取金額が提示されることが多くなっていますが、その中でもおすすめなのが、長い期間買取を行っている業者です。店頭での査定や出張での査定も実施しているところもあり、絵画を持ち運ぶことが困難な場合にもお手軽に査定を行うことができるシステムとなっています。老舗の業者は、絵画の価値を知り尽くしているベテランの鑑定士がいる場合が多いため、長い期間行っているところは安心して依頼をすることができると言えるでしょう。

売る事ができる絵画の種類としては、日本画、洋画、現代絵画、が主となっています。日本画は水墨画や、岩絵の具と呼ばれている粉末の絵の具で描かれたものがあります。洋画は、油絵や水彩画などがあります。洋画は一般的に人気が高く、自宅に飾りたいなどといって買う方も多くいらっしゃるため、売る場合には、高く売れる場合があります。一流のホテルや外人が多く利用をする場所など、絵をかざる場所が多いのが高値で売ることができる理由のひとつとなっています。また、現代画というのは、アート作品のことをさします。新たな需要場所も多くなってきていることから、高い値段で売ることができる可能性が高いのがこのジャンルです。

自分がもっているものを売りたい場合は、幾つかの業者に査定をお願いすることをおすすめしますが、一回一回査定をお願いしに店舗に絵を持参したり、家に来てもらうのも面倒という場合は、まずは業者に電話をすると良いでしょう。自分が持っている作品の詳細を伝えるだけで、だいたいの査定額を提示してくれるところが多くあるからです。また、無名の画家や、デビューしたての画家が描いた作品を売りたいと言う場合には、オークションなどの情報を元にして、高く買い取ってもらう買取専門店を探していく方法をおすすめします。店によって査定の金額がバラつく要素でもあるからです。手間はかかりますが、絵の価値を最大限に売ることができる方法となっています。また、実際に絵を送った際に、絵の状態などによって、電話の査定金額より低い金額を言われる場合などもありますが、幾つかの業者に依頼をしておくと、相場が判断しやすくなりますので、悪徳な業者に売る確率も減らすことができます。