作品名

ミセレーレ:長き苦悩の古き場末にて

作家名

ジョルジュ・ルオー GEORGES ROUAULT

作品名

ミセレーレ:長き苦悩の古き場末にて

作家名

ジョルジュ・ルオー GEORGES ROUAULT

技法 銅版画
制作 1948年
限定部数 450部
絵サイズ 56.5x48cm
価格 売約済み
前の作品 次の作品

作品について

「ミゼレーレ」、ラテン語で「憐れみたまえ」を意味する。この版画集は、20世紀版画史上に名を残す不朽の名作として知られます。孤独な人、貧しい人、権力や富に驕る人、道化師や娼婦、戦争に傷つく兵士、そして、人間たちの罪や悲しみを一身に背負うかのようなキリストの姿。様々な人間をたちとキリストを描いたミセレーレは、版画でありながら重厚な質感があり、画面から発せられる迫力とテーマは観る人の琴線に触れる作品だと思います。

ジョルジュ・ルオーのそのほかの作品

よく見られている作品