メールマガジン バックナンバー Mail Magazine Back issue

作家の顔 [2014年2月15日配信]

「モノの本質を描くキュビズム」
「感覚は形を崩し、理知は形をつくる、感覚は変化するけれど理知は変化しない、だから真実は理知の中にある」というのはブラックの言葉です。モノの本質に迫るため、画家個人の感情や感覚でモノを理解するのではなく、頭を使って分析しようとしたブラックは、ピカソとともに、三次元のものを二次元で表現する新しい方法キュビズムの画家として、多くの作品を生み出しました。

ブラックの作品はこちらから・・・