作品名

闘牛(オリジナル・セラミック)

作家名

パブロ・ピカソ PABLO PICASSO

作品名

闘牛(オリジナル・セラミック)

作家名

パブロ・ピカソ PABLO PICASSO

技法 セラミック
制作 1957年
絵サイズ φ23
価格 売約済み
前の作品 次の作品

作品について

 

ピカソは、1946年に南仏の小さな陶芸の町、ヴァローリスを訪ね、そこで工房を構える陶芸家ジョルジュ・ラミエと出会ったことをきっかけに陶芸制作を始めます。ラミエの指導のもとに技術を習得したピカソは、陶芸の持つ形を作るという彫刻的要素と、絵付けをするという絵画的要素に魅せられ、1973年に91歳で生涯を閉じるまでに、約3300点の陶芸作品を制作しました。

 

「闘牛(オリジナル・セラミック)」は、ピカソ本人が成型、絵付けをした『原作陶器(オリジナル)』です。鑑定書付き。

 

セラミック一覧はこちら >>

 

ピカソについて詳しくはこちら >>

パブロ・ピカソのそのほかの作品

よく見られている作品