メールマガジン バックナンバー Mail Magazine Back issue

作家の顔 [2012年9月8日配信]

「女と猫」
1929年、ニューヨークでアメリカの新聞記者たちから「女と猫を描くのはどんな関係ですか?」と質問攻めにあった藤田。そこで藤田は「女はまったく猫と同じだからだ。可愛がればおとなしくしているが、そうでなければ引っ掻いたりする。御覧なさい、女にヒゲとシッポを附ければ、そのまま猫になるじゃないですか」と答えたとのこと。これに大喜びした記者たちによって、このコメントはアメリカ全州の新聞に掲載されたそうです。
女と猫で脚光を浴びた藤田の、ユーモアあふれる人となりがうかがえるエピソードでした。

藤田嗣治の作品はこちらからご覧いただけます。
[artist id=15]