絵画の知識 Knowledge

カタログ無料進呈 作家作品情報を掲載したカタログを無料進呈中です。
メールマガジン配信 メルマガ限定の特別案内などを配信中。登録・購読は無料です。 イヌメポストカードプレゼント中!

版画の署名

 

 

hanga_3左下にエディション、右下にサインが現代では一般的 今では向かって左下にエディション、右下にサイン(署名)をするのが世界的なコンセンサスとなっていますが、画面右下にサインをするようになったのは19世紀末頃からです。
それでも版画にサインをするというのは珍しいことで、19世紀を代表する画家ミレー、コロー、マネなどのオリジナル版画にサインをしたものを見たことはありませんし、実際にサインをしたものは無いのだと考えます。20世紀に入ってからもルノワールやドガが版画を作っていますが、画面上の刷り込まれたサインは有っても直筆サイン入りの版画は見たことがありません。

 

やはりサインがオリジナル版画の必須条件となったのは、1960年のウィーンでの国際造形美術会議以降です。それ以前の20世紀の巨匠による版画でも、エディション、サインの無いもの、あるいはエディションが無くサインだけがされたものといろいろなパターンが存在します。

 

連作版画や装画本としてセット売りされた版画の場合などは、作品の仕様や限定数、版元や制作年が記載された「奥付」と呼ばれるページにまとめてサインされている場合もあり、一点一点の版画にはサインが有りません。そんなことから今日の常識に当てはめてサインが無ければ美術的価値が低いのではないかと思われている方もいるかもしれませんが、版画にサインをする習慣が無かった当時の版画にサインが無いというのは不自然なことではありません。ピカソの1913年にヴォラールによって出版された、サルタンバンクシリーズのなかの「貧しき食事」という250部限定で作られた版画など、サインはされていませんが1点の版画で良い状態の作品であれば2,000万円以上の値段が付きます。

 

また同じ版画でサインの有るものと無いものでは、一例としてシャガールのダフニスとクロエのシリーズの中の作品で比較しますと、この挿画本に挿入された版画はマージンが裁ち落されて250部がセットで売り出されました。
出版直後あまりにも好評だったため、少し遅れてマージン付き(周りに余白が有り)の60部のエディションとサインがされたものが出版されました。このシリーズは42枚で構成されていますが図柄によって価格は全然違います。
dafunisutokuroe haru▲シャガール「ダフニスとクロエ:春」
マージンが裁ち落とされている250部限定のリトグラフ

 

中で最も人気のある「果樹園」という作品は見開きのダブルサイズの作品ですがサインが無くても300万円以上します。また別の図柄で「ブリュアクシス将軍の夢」という作品は、同じダブルサイズですが黒を基調とした暗い作品で、あまり人気が無いためにサインが無いものは180万円位でサイン入りの版画でも250万円位しかしません。ということは版画の価格を左右するのはサインの有無ではなくあくまでも版画の質と描かれた図柄です。サインはあくまでも付加価値程度と考えてください。

 

 

toiawase_re

絵画選びは翠波画廊スタッフにご相談ください

 

お部屋に何か作品を飾りたいのだけど初めてで選び方がわからない方、贈り物にどのような絵を選んだら良いのだろうなど、お客様の疑問や不安などを懇切丁寧に解消し、安心してお買い求めいただけるよう経験豊富なスタッフが精一杯お手伝いさせていただきます。

まずはお気軽にお問い合わせください。

 

お問い合わせはこちら >>

 

ご購入にお得な3つの特典

  • 特典1
    作品はすべて額装でお届け
    作品に相応しい額を付けていますがご希望があれば交換も可能です。
  • 特典2
    配送時の保険・送料は当画廊が負担
    お客様のもとへ作品が届くまでの費用は一切かかりません。
  • 特典3
    30日以内の返品受付、返品保証
    お部屋に飾って合わない場合は30日以内の返品を受け付けております。

※分割払いをご希望の場合は、10回まで無金利でご利用いただけます。

ご購入・絵画販売について

来店のご案内

ぜひ画廊にお越しいただき、現品をご覧ください。

展示会等に出品中で、作品等が店頭にない場合がございます。
ご希望の作家、作品がございましたら、事前に電話やメールにてお問い合わせください。

アクセス