絵画の知識 Knowledge

カタログ無料進呈 作家作品情報を掲載したカタログを無料進呈中です。
メールマガジン配信 メルマガ限定の特別案内などを配信中。登録・購読は無料です。 イヌメポストカードプレゼント中!

オリジナル版画と複製版画

版画は出来上がるまでに絵を描く、製版、刷りといくつかの工程を経て完成します。
そのため版画が画家の表現手段の一つとなるまではそれぞれの工程を専門の職人が分業して作っていました。

日本の浮世絵の場合、絵師が描いた下絵を基に彫り師が版木を彫り、刷り師が刷るというように役割が明確に分かれていました。このような分業は西欧で も同じで浮世絵の場合は版木に作家名や版元名が刻み込まれ絵と一緒に刷り出されていますが、西欧の場合も作家と共に彫り師や刷り師の名前まで画面下に刷り こまれることが多かったようです。
版画を制作する過程で、それぞれの職人の熟練した技が必要とされ、また職人も自身の手仕事にプライドを持っていたということです。

original_img1

ユトリロの1924年作の直筆サイン入り・ オリジナル版画
「オルシャン通り」(リトグラフ

それが19世紀の終わり頃から版画が美術の表現手段として広まり始めると、画家が版画の制作過程を楽しみその全行程を自分で行うようになっていきます。
そのように版画のために下絵を描き製版・刷りなどの版画制作の全行程を画家が関与し制作された版画をオリジナル版画と言います。20世紀に入ってからは多 くの画家達が積極的に版画を制作しました。シャガール、ピカソ、マチスなどのオリジナル版画は生前から人気が高く数多く制作されました。そのため没後も美 術品としてオークションなどで活発に取引され、ピカソに至っては版画といえども1億円近い価格で取引される版画もあります。

 

 

 

original_img2

ユトリロの著作権継承者 故 ジャン・ファブリス氏の監修のもとに、2007年に制作されたユトリロのエスタンプ「ノルヴァン通り」(リトグラフ)

また画家が描いた原画を基に画家や遺族の承諾を得て版画が作られた場合は、オリジナル版画とは見なさずエスタンプという呼び方で一般的に分類されます。

この複製版画を指すエスタンプという呼び方は日本独自のもので本来エスタンプという言葉は版画そのものを意味するフランス語です。では海外では複製版画を何と呼ぶかといいますと、リプロダクションと呼びます。ただリプロダクションといっても版画制作の過程で作家のかかわり方によって美術品としての価値が変わってきます。

 

 

 

 

original_img3

故 ジャン・ファブリス氏のサイン

作家が許可した版画工房や版画職人が制作した版画に、画家本人が目を通して一枚一枚に署名をしたものは、原画があってその絵を版画化したということ から作家名の前にアフターを付け、例えばシャガールですとアフター・シャガールと呼び、オリジナル版画とは区別して準オリジナルとして同程度のオリジナル 版画の半分位の価格で取引されます。

また画家の死後、その画家の著作権を継承する人の許可を得て版画を制作し余白に著作権継承者の署名を入れて作られる版画もありますが、その画家が生前あまり版画を作っていなかった作家の場合などは時間の経過とともに価値が出る場合もあります。

 


 

 

toiawase_re

絵画選びは翠波画廊スタッフにご相談ください

 

お部屋に何か作品を飾りたいのだけど初めてで選び方がわからない方、贈り物にどのような絵を選んだら良いのだろうなど、お客様の疑問や不安などを懇切丁寧に解消し、安心してお買い求めいただけるよう経験豊富なスタッフが精一杯お手伝いさせていただきます。

まずはお気軽にお問い合わせください。

 

お問い合わせはこちら >>

 

ご購入にお得な3つの特典

  • 特典1
    作品はすべて額装でお届け
    作品に相応しい額を付けていますがご希望があれば交換も可能です。
  • 特典2
    配送時の保険・送料は当画廊が負担
    お客様のもとへ作品が届くまでの費用は一切かかりません。
  • 特典3
    30日以内の返品受付、返品保証
    お部屋に飾って合わない場合は30日以内の返品を受け付けております。

※分割払いをご希望の場合は、10回まで無金利でご利用いただけます。

ご購入・絵画販売について

来店のご案内

ぜひ画廊にお越しいただき、現品をご覧ください。

展示会等に出品中で、作品等が店頭にない場合がございます。
ご希望の作家、作品がございましたら、事前に電話やメールにてお問い合わせください。

アクセス