絵画の知識 Knowledge

カタログ無料進呈 作家作品情報を掲載したカタログを無料進呈中です。
メールマガジン配信 メルマガ限定の特別案内などを配信中。登録・購読は無料です。 イヌメポストカードプレゼント中!

絵画のメンテナンス

大切な絵画は、長く、よい状態で飾りたいものです。
しかし、特に版画の作品を長く飾っている場合に起こりやすいのが「紙焼け」や「退色」です。また、高温多湿な日本の気候では、湿気のために「しみ」や「カビ」が発生する危険も高いです。出来てしまったしみやカビなど、作品の状態によっては修復をすることも可能ですが、元通りにすることは難しく、費用もかかります。こうしたダメージは大切な作品の価値を損なうことにもなりますので、予めの注意が必要です。そこで、ご家庭で絵画を飾るとき、保管するとき、気をつけたいポイントをお伝えします。

 

額装の注意点

image002紫外線によるダメージを防ぐには、額装の際にUVカットアクリルを使用すると安心です。通常のアクリルにくらべて1.5−2倍ほどの費用がかかりますが、大切な作品をよい状態に保つためには有効な手段です。また、額裏を密封した状態に額装しておけば、湿気対策となります。

 

 

 

展示場所の注意点

image004展示場所にも配慮しましょう。直射日光が当たるところや、水周りなどの水と接触する危険があるところ、湿度が高くなりやすい場所は避けましょう。美術館などでの理想的な温湿度はだいたい18〜20℃、湿度50〜60%ほどとされていますが、家庭ではそこまで厳密な湿度管理はなかなか難しいと思いますが、美術品は急激な温湿度の変化に弱いということを念頭にご配慮いただき、長くよい状態で楽しんでいただければ幸いです。

 

 

 

 その他の注意点

image006そのほか、作品を固定する中性紙コーナーテープの粘着力が経年変化で弱まってシートがずれてくることなどもあります。この場合には、額を開けて作品を固定し直す作業が必要になります。

 

 

 

 

 

 絵画の修復

ただどんなに注意していても、年月を重ねると退色したり、長く押入れ等に収納されている場合、湿気などによってシミやカビが出てしまったりします。
日焼けしてしまった絵画の「ヤケ抜き」、湿気やカビの影響を受けてシミが出てしまった絵画の「シミ抜き」、そして額や絵を覆うアクリル板が破損してしまった絵画の「額交換」など、弊社にてお買い上げいただきました絵画のメンテナンスについてもご相談を承っておりますので、気になるところがございましたらお気軽にご連絡ください。

 

修復例

◆参考修復価格
「ヤケ抜き」、「シミ抜き」などは、小さな作品で3万円〜
「額交換」は、小さなサイズで1万円〜


 

 

toiawase_re

絵画選びは翠波画廊スタッフにご相談ください

 

お部屋に何か作品を飾りたいのだけど初めてで選び方がわからない方、贈り物にどのような絵を選んだら良いのだろうなど、お客様の疑問や不安などを懇切丁寧に解消し、安心してお買い求めいただけるよう経験豊富なスタッフが精一杯お手伝いさせていただきます。

まずはお気軽にお問い合わせください。

 

お問い合わせはこちら >>

 

ご購入にお得な3つの特典

  • 特典1
    作品はすべて額装でお届け
    作品に相応しい額を付けていますがご希望があれば交換も可能です。
  • 特典2
    配送時の保険・送料は当画廊が負担
    お客様のもとへ作品が届くまでの費用は一切かかりません。
  • 特典3
    30日以内の返品受付、返品保証
    お部屋に飾って合わない場合は30日以内の返品を受け付けております。

※分割払いをご希望の場合は、10回まで無金利でご利用いただけます。

ご購入・絵画販売について

来店のご案内

ぜひ画廊にお越しいただき、現品をご覧ください。

展示会等に出品中で、作品等が店頭にない場合がございます。
ご希望の作家、作品がございましたら、事前に電話やメールにてお問い合わせください。

アクセス